当局から届いた「お尋ね」…海外プライベートバンクに口座保有の富裕層が青ざめた事情

外国の金融機関を利用した脱税を予防する目的で、国内外の税務当局間で共通報告基準(CRS)に従って「非居住者」の金融口座情報を自動的に交換する制度が、2018年よりスタートしました。スイス、シンガポールといった「鉄壁の守秘性」が売りだったプライベートバンクはその影響をもろに受け、従来の資産防衛の手段が消滅。富裕層が富裕層でいるための資産防衛には、どういった留意点があるのでしょうか。

CRS制度普及の背景にあった「アメリカの怒り」

海外のプライベートバンクにおけるもっとも大きな変化として念頭に置くべきは、なんといっても2018年に開始された加盟国の共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)による自動情報交換制度の開始です。とくにアジア・大洋州や欧州との情報交換においては、当時で50万口座の情報が日本側に提供されています。

 

これにより、世界のプライベートバンクの様相は一変。スイス、シンガポールといった「鉄壁の守秘性」を売りにしていたプライベートバンクは、その影響をもろに受けることとなります。

 

出所:平成30年10月付「国税庁CRS情報の自動的情報交換の開始について」より
日本の居住者・非居住者に係る金融口座情報自動的情報交換件数 出所:平成30年10月付「国税庁CRS情報の自動的情報交換の開始について」より

 

この制度には、世界のほぼすべての国が加盟しています。2011年のアメリカ同時多発テロが起きてから、テロリストの資金の預け場所としてオフショア金融には厳しい視線が向けられるようになりました。とくにテロ被害の当事者であるアメリカの怒りは相当なもので、圧力は執拗でした。

 

例えば、スイスの大手UBSや、スイスでもっとも古く現存していたプライベートバンクのウェゲリン等によるアメリカ居住者の所得隠し=TAX EVASION(脱税)幇助行為が明らかになったことで、アメリカからさまざまな制裁を科され一層の情報開示圧力を受け、それに応えざるをえない状況となりました。これがCRS制度の普及の背景です。

 

このように、CRSによってスイスのプライベートバンク守秘神話は終焉しました。ほかのオフショア金融センターといわれる地域も同様です。

 

スイスといえば、名作小説の「アルプスの少女ハイジ」や、壮大な山脈が連なる風景から、牧歌的かつ清廉なイメージが思い浮かぶかもしれませんが、世界中のブラックな資金を含めた「さまざまな訳アリ資金」が集まるという側面を持っている(持っていた)ことを理解しておくとよいでしょう。

 

出所:Luis Francisco Pizarro Ruiz @pixabay
スイス・ジュネーブ出所:Luis Francisco Pizarro Ruiz @pixabay

 

テロが起こる2011年以前は、スイスのプライベートバンカーたちが現金をアタッシュケースに入れて堂々と飛行機に乗り、顧客に直接手渡していたような「古き良き時代」でもありました。

 

スイスのプライベートバンクからの送金はすべて匿名で、「我々の顧客の1人=One of our clients」という名義で送金されていましたが、いまは実名でしか送金できなくなっています。まさに人気劇画「ゴルゴ13」にも出てくるスイス銀行の守秘性を誇っていたわけですが、いまとなっては冗談としか思えない逸話です。

 

このように2018年にCRSが開始されたことで、それまでスイス、シンガポールなどにプライベートバンクの口座を持っていた資産家や富裕層に管轄の税務署から突然「お尋ね」という書面が送付され、急遽その対応に追われて大変な目にあった…というのが実情でしょう。

 

これら当局からの「お尋ね」に動揺した資産家、富裕層は、とりあえず国内に資金を戻すという動きも、少なからずあったのではないかと思います。

 

このCRSにより各国のプライベートバンクによるコンプライアンスのための労力や費用は膨大なものとなり、それに伴い、顧客にとってはさらにプライベートバンクで口座開設をするハードルが上がったといえるでしょう。

 

株式会社 ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ 代表取締役

東京生まれ。米ピッツバーグ大学MBA。東京及び米西海岸在住。株式、債券、不動産、保険などに関するコンサルティングを、国内法人や富裕層、資産家に行う。

山一証券等を経て一九九六年から海外投資、資産運用、ウエルス・マネジメントにかかわるウェブサイトの運営、コンサルティングを手がける(株)ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ代表取締役を務める。訳書に『LTCM伝説──怪物ヘッジ・ファンドの栄光と挫折』(東洋経済新報社、共訳)、『ヘッジ・ファンド投資入門』(ダイヤモンド社)、『αを探せ! 最強の証券投資理論─マーコヴィッツからカーネマンまで 』(日経BP社)、『ザ・タートル 投資家たちの士官学校』(日経BP社)および『伝説のトレーダー集団 タートルズの全貌』(FPO社)がある。

(株)ジェイ・ケイ・ウィルトン・インベストメンツ:http://www.jkwilton.com/

日本プライベートバンク協会 プライベートバンク完全ガイド:https://www.private-bank.jp

著者紹介

連載国境を越えた人生設計の必要性 マネーは眠らない:海外プライベートバンク活用術

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ