考案者は武田信玄!水害多発地帯だった甲府盆地「治水工事」のすごいアイデア

居住地の整備においては、川の氾濫を抑え災害を防ぐ「治水」は非常に重要です。戦国時代、現在の山梨県を治めていた武田信玄による治水方法は非常に画期的かつサスティナブルであり、いまもなお引き継がれているのです。元国土交通省河川局長で日本水フォーラム代表理事の竹村公太郎氏が解説します。

戦国時代、関西の山が「禿山ばかり」だったワケ

人口が増えていくと、それにともなって都市が大きくなります。すると住居用だけでなく、宗教施設などを建立する大量の建築資材が必要とされます。人が増え始めた戦国時代、関西では大量の木が伐採され、禿山だらけになっていました。

 

 KEY WORD 

木材伐採圏

 

アメリカの歴史家コンラッド・タットマンが提示した資料によると、戦国時代の1550年までに、西は山口県、南は紀伊半島、東は伊豆半島、北は能登半島までが木材伐採園となっており、さまざまな地方から木材を伐採していたことがわかっています。

 

戦国時代の歴史上の出来事の舞台となっていた関西には木材はなく、山は禿山だったのです。では、木はどこに行ってしまったかというと、寺社仏閣などを建立するための材料になったというわけです。寺社仏閣の増加は人口増加も意味します。都市が大型化されていくと、ますます材木の需要は増え、樹木は伐採されていきました。

 

しかし、山が禿山になっていけば、森林の保水力がなくなり、雨水の川への流出量を平準化したり、洪水を緩和したりする能力も落ちます。すると、山の土砂が流出し、川床が上昇、飛砂害といった災害が起きます。また、洪水の頻繁な発生は、疫病の流行も生みました。

 

こうした災害を防ぐため、積極的な対策としては植林が行われ、一方、消極的な対策としては、都や宗教の拠点を新たな開拓地へと移転させる手段がとられました。もちろんこうした対策は、ほとんどの場合で効果を発揮し、ふたたび拠点が栄えて人口が増えるのですから、材木の需要がさらに高まることになるのでした。こうした傾向は明治まで続いたようで、天台宗の総本山、延暦寺がある比叡山から木が消え、丸裸にされている写真が残されているほどです。

 

[図表1]伐りつくされた関西の樹木 ~日本の森林分布~

 

[図表2]伐りつくされた関西の樹木 ~祈念構造物のための木材伐採圏~

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

元国土交通省河川局長
日本水フォーラム代表理事

1970年東北大学院土木工学修士課程修了。同年、建設省(現・国土交通省)入省。中部地方建設局河川部長、近畿地方建設局長を歴任し、2002年に国土交通省河川局長を最後に退官。2004年リバーフロント整備センター(現・リバーフロント研究所)理事長。2014年同研究参与。2006年日本水フォーラム代表理事・事務局長。

著書に『日本文明の謎を解く』(清流出版、2003年)、『土地の文明』(PHP研究所、2005年)、『幸運な文明』(PHP研究所、2007年)、『本質を見抜く力(養老孟司氏との対談)』(PHP新書、2008年)、『日本史の謎は「地形」で解ける』(PHP文庫、2013年)、『地形から読み解く日本の歴史』(宝島社、2014年)、『水力発電が日本を救う』(東洋経済新報社、2016年)、『広重の浮世絵と地形で読み解く江戸の秘密』(集英社、2021年)、『“地形と気象”で解く!日本の都市誕生の謎 歴史地形学への招待』(ビジネス社、2021年)など。

著者紹介

連載眺めるだけで教養が高まる!日本の地形見るだけノート

眺めるだけで教養が高まる! 日本の地形見るだけノート

眺めるだけで教養が高まる! 日本の地形見るだけノート

監修 竹村 公太郎

宝島社

イラストでわかりやすくサクッと学べる、累計150万部突破の大人気シリーズ「見るだけノート」。 今回のテーマは「日本の地形」。頼朝が鎌倉に幕府を開いた秘密、なぜ家康は関ヶ原合戦後、すぐ江戸に戻った?、信長はなぜ安…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ