「投資初心者だが、個別株を買ってみたい」…よくある銘柄選定の失敗例と、その対策 (※写真はイメージです/PIXTA)

初心者が株式投資をするなら、米国株や日本株がメインの投資信託による長期投資。わかってはいるが、それだけではつまらない…。勉強熱心な方ほど、そんな思いを抱いているかもしれませんね。個別株投資はエキサイティングで、利益が出たときの喜びもひとしおです。しかし、自己流はキケンです。経済評論家の塚崎公義氏が、初心者が失敗しやすいポイントと、銘柄選定にあたっての留意点を解説します。

投資初心者は「投資の目的」を明確にしよう

筆者は、投資初心者には銘柄分散と時間分散が容易な投信の積立投資を勧めていますが、初心者でも個別株に投資したい人はいるでしょうし、投資に慣れてきたので個別株に進出したいという人もいるでしょう。

 

筆者自身も個別株に投資しているので、本稿でも個別株への投資に否定的なことを記すつもりはありませんが、留意すべきことは記しておきたいですね。

 

まずは「なんのために個別株に投資するのか」ということです。最も重要なのは、大儲けを狙うのか、悲惨な老後を避けるために堅実な投資を心がけるのか、ということです。

 

大儲けを狙うのであれば、大きく値上がりしそうな成長株から少数を選び、集中的に投資するべきでしょうが、くれぐれも老後資金を注ぎ込むのではなく、小遣いの範囲で楽しみましょう。カジノで賭けるときのようなワクワクを感じたい、という場合も同様ですね。

 

悲惨な老後を避けるということなら、投資目的のひとつは「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い資産である株をもつ」ことであり、株式投資への姿勢も「できるだけ大損する可能性が少ないように心がける」というものになるでしょう。これについては後述します。

様子がわかるだけに投資しやすい「自社株」だが…

さて、自社株ですが、「自社株を購入して勤務先に忠誠心を見せたい!」というのであれば、それは立派な心がけですが、しかしながら本稿は、そうした方々は読者対象外と考えています。

 

また、忠誠心とは無関係に「金儲けのために自社株を買う」というのであれば、筆者はお勧めしていません。従業員持株会があって、よほど多額の補助金でも出ているなら別ですが。

 

よく知っている先であり、親しみの気持ちもあることから、自社株に投資したくなるのはわかりますが、下手をするとインサイダーとなってしまうリスクもありますし、そうでなくても勤務先が傾いたときの影響が大きすぎます。

 

もし勤務先が経営不振に陥ったら、給料やボーナスがカットされるだけでなく、持ち株も値下がりすることで、ダブルパンチとなってしまいます。万が一にも勤務先が倒産した場合には、仕事も失い退職金も出ず、持ち株は紙屑になってしまうわけです。それではあまりに悲惨でしょう。

リスク分散の観点から「異業種の株」のほうが好ましい

筆者の友人に、勤務先の経営が不振となるのはライバルとの競争に負けたときだろうから、ライバルの株を買っておけば安心だ、といっていた人がいました。ライバル会社も、自社ほどではないにしろ状況がわかっていて買いやすいうえ、リスク回避にもなるから、というわけです。

 

リスク管理までしっかり考えて投資をしていると感心して見ていたのですが、結果はやはり悲惨でした。業界全体が構造不況業種になってしまったからです。それを考えると、自社株のみならず、自社の業界は避けるべきでしょう。

 

さらにいえば、輸出企業に勤務しているなら、輸出企業の株は避けるべきでしょう。円高になると輸出企業全部が減益になる、といったことが起こり得るからです。輸出企業以外の株、できれば輸入企業の株を買うのがリスク回避に役立つはずです。自分がくわしくない業界のことを調べて株を買うのは面倒かもしれませんが、リスクを避けるためには努力が必要なのです。

 

勤務先の話とは別に、円高で値上がりしそうな株と円安で値上がりしそうな株を両方持っておく、といった工夫も重要ですね。円高になって輸出企業の株が下がったときには、輸入企業の株が値上がりしているので大損はしない、といったリスク回避策ですね。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ