学生と新社会人のみなさん、投資信託を1万円だけ買ってみよう (※写真はイメージです/PIXTA)

株式投資がブームになる一方で、投資をためらったり、億劫がったりする人はまだ多いようです。しかし、政府が優遇措置を取ってまで投資を促すことからもわかるように、長期投資は資産形成に有益だといえます。生活資金に懸念が生じてから運用を検討するより、若くて身軽なうちに経験を積むほうがメリットは大きいのです。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

まずは1万円を投資して、投資への親しみを感じよう

「株式投資って、なんだか怖い」

「株価を追いかけるのが大変そうだし、面倒そう…」

 

今も昔も、こんな理由から投資を敬遠する人は少なくありません。しかし一方で、最近の若い方々のなかには「老後のために少しずつでも投資をしよう」という人が増えていると聞きます。

 

日本で金融資産を持っている圧倒的多数は高齢者であり、若者が投資をして成功しても、大儲けできるほど投資元本は大きくないといえますが、それでも若者が投資に関心を持ち、実践するのは大変よいことだと筆者は考えています。

 

理由の第一は「投資というものに、若いときから親しみを持てる」ということです。投資と聞くと、バクチのようで嫌だと思う人もいるでしょうし、損をするのが嫌だから株は買わない、という人もいるでしょう。

 

難しそうで始めるまでに大変な勉強が要りそうだ、と敬遠している人もいるでしょうし、自分には関係ないと思って投資のことなど考えもしない、という人もいるでしょう。

 

しかし、株式投信(投信)の積立投資はバクチとは異なる健全な投資であり、損をする可能性もそれほど大きいわけではありません。単に金融機関に申し込みをするだけなので、難しい勉強も面倒な手続きも不要です。

 

投資をしなくても構いませんが、銀行預金はインフレが来たときに目減りをするという意味では「リスク資産」なので、将来老後資金を運用する際には全額を預金にするのではなくて、一部をインフレに強い株式(具体的には日本株投信と米国株投信)をもつべきだと筆者は考えています。この点については、拙稿『老後「みじめになる人・ならない人」を分ける資産形成の選択肢』をあわせてご参照いただければ幸いです。

 

将来投資をするかもしれないなら、若いうちから投資というものに親しみを感じているほうが、いろいろと都合がいいはずです。いきなり多額の投資をすれば大損をするかもしれないので、とりあえず1万円の投資信託を買ってみてはいかがでしょうか。

 

1万円でも投資をしたことがあると、投資に親しみを感じ、老後資金を本格的に運用する際にも抵抗を感じなくなるでしょう。

 

ちなみに、投資信託というのはプロが小口の資金を集めて株を買って結果を投資家に(手数料差し引き後に)戻すというものなので、株を買うのと同じことだと考えてよいでしょう。銀行でも買えることに加え、さまざまなメリットはあるのですが、その点については拙稿『投資家デビュー&資産形成を目指す人!…まずは〈インデックス投信の積立投資〉がお勧めなワケ』を併せてご参照いただければ幸いです。

投資スタートの「タイミング」を失わないで!

投資を始めようと思っても、「口座開設が面倒だし、時間ができたら…」などと自分に言い訳をして、いつまでたっても開始しない人もいます。

 

年齢を重ねれば、さらに腰が重くなりますから、若くて行動力のあるうちに口座だけでも作っておけばいいと思います。

 

なかなか投資を始めない人のもうひとつのケースとして、「もう少し株価が下がったら始めるよう。いまは心の準備をしているところだ」というものもあります。そういう人は、株価が下がっても「もう少し下がりそうだから」といって、結局いつまでたっても始めません。

 

そんな人は「1万円だけ」投資信託を購入しましょう。それなら、仮に明日株価が大暴落しても損失はわずかですから、明日の株価の予想などせずに「善は急げ」「思い立ったが吉日」ということで、すぐに口座を作ってしまいましょう。

 

【8/18(木)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ