コロナ感染リスクが10倍以上…「感染症」と「睡眠」の深い関係 (※写真はイメージです/PIXTA)

睡眠不足が健康状態に悪影響をもたらすことは、何となく想像がつくでしょう。株式会社ブレインスリープが1万人を対象に行ったオンライン調査により、新型コロナウイルス感染症に罹患した人は、睡眠の質が悪いことがわかりました。驚くべきことに、質の良い睡眠をとれているか否かは、コロナ感染リスクを左右する大きな要因だったのです。睡眠研究の第一人者、スタンフォード大学医学部精神科教授・西野精治氏の最新刊『スタンフォードの眠れる教室』より、感染症と睡眠の深い関係について解説します。

【関連記事】「理想の睡眠時間」が取れなくても大丈夫…スタンフォード大学医学部教授が教える「黄金の90分」

Q1. たっぷり眠ればコロナ予防になりますか?

⇒A. 睡眠時無呼吸症候群の人は、長く眠っても感染リスクが高くなります。

新型コロナに限らず、感染症と睡眠には深い関係があります。

 

アメリカでは毎年インフルエンザで2万人から6万人が亡くなっており、その対策として、かねて睡眠の重要性が指摘されています。睡眠負債がたまっていたり、睡眠の質が悪かったりすると…。

 

1、感染リスクが高くなる

2、免疫力が低くなる

3、ワクチンを打っても抗体ができにくい

4、感染した場合、回復が遅く、重症化しやすい

 

これはインフルエンザと睡眠の関係として、よく知られていることでした。

 

2021年4月、私も創業者の一人であり研究顧問を務める株式会社ブレインスリープで1万人をオンライン調査したところ、新型コロナ感染者は144人いました。その75.7%が20代、30代の若い人です。

 

「やはり睡眠負債がたまっているか、睡眠の質が悪いからだろう」

 

そう思ってより詳しく調べてみると、感染者の35.4%は、睡眠時無呼吸症候群にかかっていることがわかりました。これは驚くべき調査結果でした。感染しなかった人たちの無呼吸の頻度は2.7%で、なんと新型コロナの感染者では睡眠時無呼吸症候群の罹患者が13.1倍も多かったのです。

 

■睡眠時無呼吸症候群の恐ろしさ

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間、1時間に15回以上(中等度以上)も呼吸が止まる病気です。重症だと1時間に60回も呼吸が止まり、つまり1分ごとに10秒以上、首を絞められながら眠っている状態です。窒息しかけて眠っているのですから、当然、深い眠りではありません。睡眠の質は悪く、頻繁に覚醒し、日中眠くなります。

 

高血圧、糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞…、さまざまな病気の誘因となり、重症の人が治療しない場合、「およそ4割が8〜9年で死亡する」という恐ろしい調査結果もあります【図表】。

 

He, J., et al., Mortality and apnea index in bstructive sleep apnea.  Experience in 385 male patients. Chest, 1988. 94[1]:p.9-14.
【図表】睡眠時無呼吸症候群の治療効果 (出所)He, J., et al., Mortality and apnea index in bstructive sleep apnea.
Experience in 385 male patients. Chest, 1988. 94[1]:p.9-14.

 

睡眠時無呼吸症候群の人は、免疫力も下がっていました。

 

「睡眠時無呼吸症候群の通院患者さんと、一般人との比較で、患者さんでは新型コロナの感染リスクが8倍になっている」と、アメリカでも報告されていますが、私たちの調査は、同じ人口構成において、新型コロナ感染者と非感染者に分けて調査を行っていますので、より現実に近い数値が得られた可能性があります。

 

■日本人は睡眠時無呼吸症候群になりやすい

オンライン調査の結果を見て、私は愕然(がくぜん)としました。

 

「新型コロナ感染者の70%近くが痩せた若い人で、そのうち4割弱が睡眠時無呼吸症候群だ」

 

アメリカでは、睡眠時無呼吸症候群は「太った中年男性の病気」とされていました。大きないびきをかくことも特徴的で、軟部組織で気道が圧迫され、呼吸を妨げるためです。

 

ところが日本人などアジア系の人は、顔が平たく、顎(あご)が引っ込んでいる骨格。つまり、圧迫されなくても気道がもともと狭いために、睡眠時無呼吸症候群になりやすいのです。

 

子どもでも若い人でも女性でも、痩せていても、誰でも睡眠時無呼吸症候群にかかる可能性はあります。さまざまな病気を引き起こし、新型コロナばかりかインフルエンザにもかかりやすくなりますので、心当たりがある人は睡眠外来で相談してください。就寝中に鼻や鼻口に治療用マスクを装着し、気道が狭窄(きょうさく)しないように機械を使って加圧することでかなり改善されます。

医師、医学博士
スタンフォード大学 医学部精神科 教授
スタンフォード大学睡眠生体リズム研究所(SCNL)所長
日本睡眠学会専門医、米国睡眠学会誌、「SLEEP」編集委員
日本睡眠学会誌、「Biological Rhythm and Sleep」編集委員 

1955年、大阪府出身。大阪医科大学卒業。1987年、大阪医科大学大学院4年在学中、スタンフォード大学精神科睡眠研究所に留学。突然眠りに落ちてしまう過眠症「ナルコレプシー」の原因究明に全力を注ぐ。2000年にはナルコレプシーの発生メカニズムを突き止めた。2005年にSCNLの所長に就任。2007年、日本人として初めてスタンフォード大学医学部教授となる。

睡眠・覚醒のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。

33万部のベストセラーになった著者の初作、『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)は、10ヵ国語に訳され、世界中でも広く読まれている。2020年9月に文藝春秋より刊行された『スタンフォード式 お金と人材が集まる仕事術』。スタンフォード大学教授だからこそ発信できる希少情報が話題に。

コロナから3年、最新のデータを踏まえ、改めて睡眠を語る最新作『スタンフォードの眠れる教室』(幻冬舎)、2022年4月、好評発売中。

※西野教授の理論をもとに開発された枕も好評。「BRAIN SLEEP PILLOW」

著者紹介

連載スタンフォード大学医学部教授が教える「眠り」の正解

スタンフォードの眠れる教室

スタンフォードの眠れる教室

西野 精治

幻冬舎

寝られなくても大丈夫! 科学的エビデンスで長年の悩みを解決。睡眠の誤った常識を覆す、眠りの研究最前線とは? 30万部を突破した前著『スタンフォード式 最高の睡眠』から5年。睡眠研究の権威・西野精治氏による待望の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ