介護を少し休みたい、遠方に用事がある…要介護者を〈泊まり〉で預けられる公的サービス

介護が必要な家族を抱えている方も、ときには休息が必要です。また、事情で長時間自宅を離れなければならないこともあります。そんなとき、介護が必要な方を「泊り」で預かり、ケアしてくれるサービスを利用しましょう。本記事では、泊りがけで受けられるサービスのほか、自宅をバリアフリーに改修する際の補助について、あわせて解説していきます。

要介護者の「短期間あずかり&ケア」が可能なサービス

【対象】 要支援・要介護認定を受けた人

【制度】 短期入所サービス(介護保険)

 

介護を少し休みたいときや遠方へ用事がある場合など、短期間、介護の必要な家族をあずかり世話をしてくれるサービスがあります。

 

◆短期入所サービスの内容 

 

●「ショートステイ」とも呼ばれる短期入所サービスは、施設に短期間宿泊し、介護を受けながら機能訓練やレクリエーションなどを行うサービス。

 

●短期入所サービスには、特別養護老人ホームなどで主に生活面の介助を受ける「短期入所生活介護」と、介護老人保健施設や医療機関で主に医療的なケアを受ける「短期入所療養介護」の2種類がある。

 

●介護者が病気、冠婚葬祭、仕事などで一時的に在宅での介護が困難になったときなどに利用できるが、休息を得るのが目的の利用でも希望できる。

 

●短期入所サービスは、連続して30日までの利用が可能。ただし、使いすぎると1~3割で利用できる限度額がいっぱいになってしまい、他のサービスが使えなくなるので注意を。本人と家族の状態に合わせて、通所や居宅サービスと組み合わせて利用するとよい。

 

◆サービスの利用 

 

●短期入所を利用する場合、1~2カ月前の予約が必要とされているが、市区町村によっては、緊急のショートステイに対応してくれる施設もある。この場合、利用料に加算されるか、もしくは介護保険の適用外となることもある。

 

●入所の費用は、利用した日数分の居住費や、食費、施設が定める日常生活費が別途必要になる。ただし、おむつ代や介護用品、通信費、レクリエーション費などを施設介護サービス費に含む市区町村もある。

 

◆長期間利用する場合 

 

●短期入所サービスの利用期間について、以下の2つの条件がある。

 

①要介護認定の有効期間のおおむね半数を超えないこと。

②連続して30日を超えて利用しないこと。

 

●ただし、介護者が病気で倒れて長期療養が必要になったり、経済的な問題などで入居できる施設が探せなかったりするような場合は、届出をすれば30日を超える長期の利用と、有効期間の半分以上を、くり返すことも可能な市区町村もある。その際、連続利用する31日目は、利用料金が全額自己負担になる。

 

短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護の基本サービス費のめやす

【単独型】従来型個室・多床室

要支援1  466円

要支援2  579円

要介護1  627円

要介護2  695円

要介護3  765円

要介護4  833円

要介護5  900円

 

【併設型】従来型個室・多床室

要支援1  438円

要支援2  545円

要介護1  586円

要介護2  654円

要介護3  724円

要介護4  792円

要介護5  859円

 

【単独型 ユニット型】ユニット型個室・ユニット型個室的多床室

要支援1  545円

要支援2  662円

要介護1  725円

要介護2  792円

要介護3  866円

要介護4  933円

要介護5  1,000円

 

【併設型 ユニット型】ユニット型個室・ユニット型個室的多床室

要支援1  514円

要支援2  638円

要介護1  684円

要介護2  751円

要介護3  824円

要介護4  892円

要介護5  959円

 

(自己負担1割の場合の1日あたりの利用料)

※1単位の価格は、地域によって異なる(上記は1単位10円の場合)。 ※居住費、食費、施設が定める日常生活費などは、全額自己負担。 ※2020年12月1日現在。
※1単位の価格は、地域によって異なる(上記は1単位10円の場合)。
※居住費、食費、施設が定める日常生活費などは、全額自己負担。
※2020年12月1日現在。

 

溝口労務サポートオフィス代表
特定社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー 

社会保険労務士事務所勤務等を経て平成26年開業。

働く人が生き生きと明るく仕事ができる環境づくりを目指し、企業の抱えるあらゆる「人」に関する問題解決に取り組む。

主な業務は人事労務のコンサルティング、就業規則作成、労働・社会保険の手続き、年金相談、執筆、セミナー講師等。 主な執筆に『夫婦ではじめる快適老後の生活設計』(監修協力・自由国民社)、『夫に先立たれた9年間を幸せに生きる妻の本』(著・監修・自由国民社)などがある。

著者紹介

連載【社会保障活用ガイド】すぐにもらえるお金と使えるサービス

※本連載は、溝口知実氏の著書『困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と役立つサービス』(自由国民社)より一部を抜粋、再編集したものです。

困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

溝口 知実

自由国民社

新型コロナウィルスの影響で、失業、収入の減少などで生活に困窮する人が急増しています。 また、病気、ケガ、介護、死亡などによる生活の困難も常時発生しています。 このような場合に備え、日本にはさまざまな社会保障制度…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ