要介護者も、支える家族もラクになる…介護保険制度を活用した「生活援助サービス」の概要と利用料金

自宅に要介護の高齢者等を抱えていると、家族には大きな負担と制限が生じます。そのため、介護離職で経済的に困窮する、社会的に孤立するといった深刻な問題が生じます。それらを防ぐためにも、「介護保険制度」を活用した各種サービスの最大活用が望まれます。ここでは、介護保険サービスの内容と利用にあたっての自己負担額などについて解説します。

「家に来てもらうサービス」で家族も仕事が継続可能に

【対象】 (要支援)要介護認定を受けた人
【制度】 訪問介護(介護保険)

 

訪問介護はホームヘルパーなどに家に来てもらい、食事や入浴などの身体介護や掃除・洗濯などの生活援助をしてもらうサービスです。

 

◆訪問介護の内容 

 

●介護者が仕事などで外出しているあいだ、食事や排せつなどの世話をしてもらうため、介護保険制度の「訪問介護」サービスを利用する方法がある。

 

●訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)や介護福祉士が自宅を訪問し、介護や生活支援などを行うサービスで、「①身体介護」「②生活援助」「③通院などに利用する介護タクシーへの乗降時とその前後の移介助」が依頼できる。

 

●身体介護に含まれるものは、食事や入浴、排泄といった利用者の身体に直接触れて行う介助やその準備・後片づけなど。

 

●生活援助は調理や掃除・洗濯といった家事全般が含まれるが、利用できるのは、利用者本人が行うのが難しく、家族など身近な人も手助けすることができないものに限られる。援助を頼めるのは利用者本人のことで、家族の調理などは含まれない。

 

●介護保険の「訪問介護」を利用できるのは要介護1以上の人で、要支援1・2の人は市区町村が行う「介護予防・生活支援サービス事業」のなかの「訪問サービス」を利用する。

 

◆おもな訪問型サービス 

 

●訪問型サービスには、「訪問介護」のほかにも要介護者の状態や家族のニーズによって利用できるものがいろいろある。

 

訪問入浴介護(要支援1以上)

利用者の自宅に浴槽を持ち込み、通常、看護職員と介護職員が計3名で、入浴の介助を行う

 

訪問看護(要支援1以上)

看護師などの資格をもったスタッフが、利用者の自宅を訪問し、医師の指示に従って、健康状態の確認や、介護に関するアドバイスなどを行う

 

訪問リハビリテーション(要支援1以上)

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった専門スタッフが、利用者の自宅を訪問し、医師の指示に従ってリハビリを指導する

 

居宅療養管理指導(要支援1以上)

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などの専門スタッフが、利用者の自宅を訪問し、療養するうえで必要な指導や助言を行う

 

夜間対応型訪問介護(要介護1以上)

深夜や早朝でも、ホームヘルパーが利用者の自宅を訪問し、介護を行う

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護(要介護1以上)

要介護度が高い人などでも自宅で介護ができるよう、ホームヘルパーや看護師が、昼夜を問わず、必要に応じて利用者の自宅を訪問し、介護や看護を行う

 

「訪問介護サービス」の費用のめやす(自己負担1割・1回あたりの利用料)

訪問介護サービスの費用の目安について、自己負担1割の場合の「サービスの内容」「所要時間」「利用料(円)」をまとめます。

 

 身体介護 

 

20分未満……………… 166円/回

 

20分以上30分未満…… 249円/回

 

30分以上60分未満…… 395円/回

 

60分以上90分未満…… 577円/回

 

以降30分ごとに追加…… 83円

 

 生活援助 

 

20分以上45分未満…… 182円/回

 

45分以上……………… 224円/回

 

 通院等乗降介助 

 

1回あたり……………… 98円/回

 

※2020年12月現在。
 ※2020年12月現在。

 

あなたにオススメのセミナー

    溝口労務サポートオフィス代表
    特定社会保険労務士
    ファイナンシャルプランナー 

    社会保険労務士事務所勤務等を経て平成26年開業。

    働く人が生き生きと明るく仕事ができる環境づくりを目指し、企業の抱えるあらゆる「人」に関する問題解決に取り組む。

    主な業務は人事労務のコンサルティング、就業規則作成、労働・社会保険の手続き、年金相談、執筆、セミナー講師等。 主な執筆に『夫婦ではじめる快適老後の生活設計』(監修協力・自由国民社)、『夫に先立たれた9年間を幸せに生きる妻の本』(著・監修・自由国民社)などがある。

    著者紹介

    連載【社会保障活用ガイド】すぐにもらえるお金と使えるサービス

    ※本連載は、溝口知実氏の著書『困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と役立つサービス』(自由国民社)より一部を抜粋、再編集したものです。

    困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

    困ったときに役立つ! すぐにもらえるお金と使えるサービス

    溝口 知実

    自由国民社

    新型コロナウィルスの影響で、失業、収入の減少などで生活に困窮する人が急増しています。 また、病気、ケガ、介護、死亡などによる生活の困難も常時発生しています。 このような場合に備え、日本にはさまざまな社会保障制度…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ