「塾通いしても学力が伸びない子」の落とし穴【塾講師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

一口に「塾」といっても、学習サービスの内容や質にはかなり大きな差があります。「大手の塾なら安心」「とりあえず通わせるだけでも、少しは学力がつくだろう」と気軽に考える保護者も少なくありませんが、残念ながらそうはいきません。花咲スクール代表・大坪智幸氏は、教育機関の看板を掲げていながら、およそ教育とは呼べない営利目的に走っている塾が少なくなかったり、よかれと思った「塾選び」がかえって学力アップの妨げになったりするケースもあると指摘します。高い費用がかかるからこそ知っておきたい、塾の活用方法について見ていきましょう。

【関連記事】「塾に行けば安心」とは言えない…塾業界の「不都合な真実」

「あなたにはこの講習が必要です」の本音は売上アップ

費用ということでいえば、大手フランチャイズ塾の講習システムや授業料の料金体系も、私から見ると詐欺のようだと感じることばかりです。

 

成績が上がらない生徒に対して塾が何をするかというと、授業や講習をどんどん増やすのです。担当の講師や教室長が出てきて「あなたには、コレが必要だから」と講習の追加を勧めてきます。

 

授業コマ数を増やすだけで学力が上がるのであれば、単にそれまでの授業の演習や宿題などの全体的な学習量が足りなかっただけです。塾側は、そうした指導の不足はおくびにも出さず、まるで追加講習によって学力が上がったかのように振る舞うわけです。

 

季節講習や受験期の特別講習も同じしくみです。ほぼすべての塾で夏休み・冬休みといった学校の長期休暇には夏期講習・冬期講習が組まれています。そこでまた通常授業とは別に、講習料が発生してきます。

 

そこでも「前学期の学習でこの部分の理解が不十分だから」とか、「次学期に向けて、ここまでやっておくと安心」など、さまざまな理由をつけて季節講習を多く取らせます。その最大の目的は、塾の売上アップです。とある個別指導塾では、生徒に一定額以上の季節講習を取らせることが、担当講師のノルマになっているといいます。

 

受験期の「XX特訓」といった特別講習もそうです。「あなたがA校に受かるためにはこの講習が必要」と脅されたら、合格したい生徒や保護者は断ることなどできません。

 

こうした受講システム・料金体系は、人間心理を知り尽くしたうえで「このアイテムがあれば、敵を攻略できる」と巧みに誘い込む、課金ゲームとまったく同じです。一見、本人が希望して行っているように見えますが、結果的に生徒と保護者が講習費を搾り取られ、塾が儲かるようなしくみになっています。

株式会社花咲スクール 代表取締役、本部校教室長 

1984年、埼玉県春日部市生まれ。埼玉県内某進学校へ入学。一浪の末某私立大学へ入学。塾講師のアルバイト、車、バンドに明け暮れる。塾講師のやりがいと楽しさを感じ、今の仕事の原点になる。

卒業後、日本郵政、ディーラーでの営業職などを経験したのち、社会の矛盾を感じ27歳で教育業界に転身。通信制高校と塾講師を掛け持ち、激務から肺炎を患い生死をさまよう。

2014年、県内大手学習塾に入社。2016年、フランチャイズとして独立、株式会社花咲スクールを設立。2019年7月、完全独立、花咲スクール本部校、開校。2021年6月、精神鍛錬のため居合道入門、10月、民間教育の在り方の体系化とMBA取得を目標に大学院プレ受講開始。2022年春、本科入学。

著者紹介

連載デタラメが横行する現代日本教育…失われた「学びの本質」

※本連載は、大坪智幸氏の著書『デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」

デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」

大坪 智幸

幻冬舎メディアコンサルティング

知育と徳育の両面から指導すれば、子ども一人ひとりの生きる力を引き出せる。 「塾屋」が提言する学びの本質とは? 学習塾を経営し自ら教壇に立って指導をする著者は、現在の受験本位の教育は本当の意味で子どものために…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ