まだまだ働きたい中高年「ジョブ型雇用・多様性」をヒントにつかみ取る〈活躍の場〉

中高年になったが、まだまだやりたいことも、働く意欲はある。けれども、思うような仕事が見つからない…。そんな人にお勧めなのが、これまでの経験を活かして自らビジネスを起こす「ひとり起業」です。そして社会にも、意欲ある中高年への追い風が吹いています。今後ますます進展する少子高齢化のなか、福祉的な意味合いではない、戦略的な中高年の雇用(定年延長)も見えてきました。

中高年雇用は「福祉的」から「戦略的活用」へ

昨年4月1日に施行された高年齢者雇用安定法、通称「70歳就業確保法」により、大企業を中心に「70歳定年」に向けた企業の取り組みが加速しています。

 

これまでのような中高年齢者の「福祉的雇用」ではなく、前向きな「戦略的活用」を目指す動きが加速しているのです。

 

そのために必要なこととして、年功序列でゼネラリストを育成する「メンバーシップ型雇用」ではなく、ポストに紐づく一人ひとりの仕事内容や期待する役割を明記した「ジョブ・ディスクリプション」を提示する「ジョブ型雇用」に人事制度を大きく転換する流れが起きています。

 

もう一つの動きは、働き方の自由度と多様性の拡大です。

 

新型コロナ禍でテレワーク(在宅勤務)が一般的になり、都心のオフィスを縮小する企業も増えてきました。

 

感染症の終息後も、リモート化やオンライン化の流れは止まらず、むしろ加速していくものと思われます。

 

テレワークでは、仕事の管理をどうするか、コミュニケーション不足をどのように補うか、モチベーションなど心の問題にいかに対処するかなど、課題は山積しています。

 

それでもこの流れが止まらないと予想されている理由は、通勤時間の短縮による効率化やオフィス・コストの削減など、企業にとっても働く従業員にとってもリモート化のメリットが大きいからです。

 

そして「オフィス勤務かテレワークか」という二者択一ではなく、日によって変えたり、人によって変えたりする「多様な働き方」が人材確保・活用に有効で、それが企業の競争力に直結する、と多くの企業経営者は気がつき始めました。

 

中高年齢者の「戦略的活用」にも、「ジョブ型雇用」と「働き方の多様化・自由度拡大」は必須の要件になると私は考えています。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

経営コンサルタント
ビジネス書作家

1958年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業、日本興業銀行に22年間勤務したのち東京都に転職して新銀行東京の創業メンバーに。人材関連会社、グローバル製造業の人事、経営企画の責任者を経て、2015年に独立起業。

年間300冊以上のビジネス書を新入社員時代から39年間読み続け累計1万冊以上を読破して、約2,500冊の書評をブログに書いて公開している。静岡放送SBSラジオ『IPPO』に毎月レギュラー出演のほか、NHK『あしたも晴れ! 人生レシピ』、テレビ朝日『スーパーJチャンネル』に出演。フリーの研修講師としても活躍中。

妻が社長の合同会社ノマド&ブランディング・チーフコンサルタント、株式会社HRインスティテュート・アライアンスパートナー、リ・カレント株式会社・プロフェッショナルパートナー、株式会社カインドウェア顧問。

著者紹介

連載定年後のお金の不安を解消するならこの1冊! 定年ひとり起業 マネー編

※本連載は『定年後のお金の不安を解消するならこの1冊! 定年ひとり起業 マネー編』(自由国民社)を一部抜粋・再編集したものです。

定年後のお金の不安を解消するならこの1冊! 定年ひとり起業 マネー編

定年後のお金の不安を解消するならこの1冊! 定年ひとり起業 マネー編

大杉 潤

自由国民社

本書では、老後のお金の不安に関して具体的に「働き方」「年金」「投資」「家」「ライフプラン」の観点からお話します。「老後資金問題」の不安を解消するには、具体的に何を改善すればいいのかを明確にすることが大切です。そ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ