資産運用 資産形成
連載いちからわかる!FIRE入門【第4回】

【FIREの老後対策】未来の年金受取額84%増も!「繰り下げ受給」のスゴいメリット〈著名FPが解説〉

FIRE早期リタイア老後資金年金

【FIREの老後対策】未来の年金受取額84%増も!「繰り下げ受給」のスゴいメリット〈著名FPが解説〉

FIREで気がかりなのは、会社員・公務員の早期リタイアによる年金受給額の減少でしょう。しかし「年金繰り下げ受給制度」を活用すれば、年金額を増やすことは可能です。人生100年時代、年金の「損益分岐点」を確認しつつ、受給年齢を自身で計画するのもひとつの方法です。著名FPで投資家の頼藤太希氏が解説します。

年金額は「繰り下げ受給」でアップする

FIREで年金が減ってしまうことへの対策の1つが、「年金繰り下げ受給制度」の活用です。

 

公的年金の受給開始時期は原則65歳と決められていますが、希望すれば受取開始年齢を自由に選ぶことも可能です。65歳より前に年金を受け取り始めることを「繰り上げ受給」、65歳よりも後に受け取り始めることを「繰り下げ受給」といいます。

 

繰り上げ受給をすると年金額が減額される一方で、繰り下げ受給をすると年金額は増額されます。そのため、FIREによって年金額が減ることが気になる人は、年金の繰り下げ受給を駆使することで年金額を増やすことを検討してみてもよいでしょう。

75歳まで繰り下げると年金額は「84%」増額できる

現行の繰り下げ受給の上限は70歳ですが、2022年4月から75歳まで引き上げられます。毎月の増額率は+0.7%で、上限の75歳まで繰り下げた場合には、65歳で受給する場合と比べて年金額が84%増額されます。

 

たとえば、65歳から受給した場合の年金額が77万8000円の人が、75歳まで受給を繰り下げた場合、その受給額は143万1152円にアップします。

 

なお、老齢基礎年金と老齢厚生年金は両方を同時に繰り下げすることも、どちらか一方だけを繰り下げることも可能です。そのため、老齢厚生年金は65歳から受給し、老齢基礎年金のみ75歳まで繰り下げるなど、自分の資産状況に応じて柔軟に活用できます。

 

※受給額は試算 年金額の小数点以下は四捨五入
※受給額は試算
年金額の小数点以下は四捨五入

 

 ★ 繰り下げの損益分岐点に注意! ★ 

 

年金を繰り下げる場合には、損益分岐点に注意。70歳まで受給開始を繰り下げた場合は、損益分岐年齢が81歳10ヵ月。それ以前に亡くなってしまうと、65歳から受給した場合よりも受給総額が少なくなります。

 

 

 

頼藤 太希
株式会社 Money & You 代表取締役

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社Money&You代表取締役 

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。

2015年に株式会社Money&Youを創業し、現職。女性向けWebメディア「FP Cafe」や「Mocha(モカ)」を運営。マネーコンサルタントとして日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(自由国民社)、『はじめてのFIRE』(宝島社)、『そのままやるだけ!お金超入門』(ダイヤモンド社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)など著書多数。

日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。日本アクチュアリー会研究会員。

著者紹介

連載いちからわかる!FIRE入門

本記事は『いちからわかる! FIRE入門』(株式会社インプレス)より抜粋・再編集したものです。

いちからわかる!FIRE入門 積立投資で目指す 早期リタイア術

いちからわかる!FIRE入門 積立投資で目指す 早期リタイア術

頼藤 太希

株式会社インプレス

「仕事から解放されたい」 「自分の好きなスタイルで働きたい」 そんなことを考えている人が増えているなか、いま注目を集めているのが「FIRE(ファイア)」です。 FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の頭…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ