「5年で1000万円貯金」を実現するための心構え

いまや女性も自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが求められる時代。本連載では、「5年で1000万円」を貯めるために必要となる基本知識やノウハウを解説していきます。

何のためにお金を貯めるのか「目的」を明確に

ここでは「5年で1000万円貯金」を達成する方法について具体的に説明していきましょう。

 

最初にお話しするのは、貯金でいちばん大切な「目的」についてです。

 

1000万円貯金はたとえれば、100万円ずつ積み重ねた10階建てのビルのようなものです。毎年、少しずつ高くしていかなくてはなりません。ただ、ビルである以上、基礎である土台がしっかりとしていなければ、砂上の楼閣になってしまいます。つまり、ちょっとした強風や地震ですぐに倒れてしまうのです。

 

貯金の場合、土台となるのは、「目的」です。それはつまり、

 

「何のためにお金を貯めるのか」

「なぜ、1000万円が欲しいのか」

 

ということです。

 

私は学生時代に就職先を決めるとき、「30歳になったとき、自分はどんな暮らしをしていたいのか」を真剣に考えました。マンションに住んで結婚をしている。子どもは2人いて、私学に通わせ、習い事もさせて、しっかりとした教育を受けさせる。クルマを持っていて、休日はホテルでランチ。年に2回は家族で海外旅行に行く。お小遣いは最低月に15万円は欲しい。そのためには30代で1000万円の給料は必要だ――そう考えて、当時30歳で年収1000万円を超えるといわれていた日本生命に就職を決めました。

 

つまり、〝Do〟よりも〝Be〟――なにをするかではなく、どうありたいかで就職先を決めたということです。もっといえば、「やりがい」ではなく「給料」で決めたのです。実際に勤めてみると深夜まで残業をする日も多々ありましたが、未来に対する確固たるイメージを持っていたので、つらくても辞めようと思ったことはありませんでした。そして実際、30代で年収1000万円を超えました。

10年後、理想の生活を送るためにはいくら必要?

ここで伝えたいことは、富女子になりたいのであれば、自分がどうしたいのか、明確なイメージや目的を持つことが非常に大切であるということです。逆にいえば、そこがしっかりとしていれば、必ず大きな額の貯金も達成できるということです。

 

さて、あなたは10年後、どんな生活をしていたいですか?

 

住んでいる場所はどこですか。

マンションですか、戸建でしょうか。

結婚はしていますか。

子どもはいますか。

いるとすれば、何人ですか。

お昼はどんなところで食べますか。

休日はどんなふうに過ごしますか。

長期休暇は何をしますか。

 

暮らしをイメージしたら、その生活をするためにいくら必要か、計算してみてください。そこが貯金の出発点となるのです。過去を振り返らずに将来を見据えることが大切です。

株式会社ワイズアカデミー 代表取締役社長

金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。株式会社ワイズアカデミー代表取締役社長。大学卒業後、日本生命に入社。若くして部長職に就任し、さまざまな投資を経験。独立後、20代女性を中心にした「投資会」を立ち上げ、現在も「20代女性が5年で1000万円を貯める」をテーマに講演会を開催し、その他、クレジット会社、不動産会社、エステ、レストランなど多角的に事業を展開している。

著者紹介

連載5年で1000万円貯金――「富女子」になるための貯蓄術

本連載は、2015年3月24日刊行の書籍『富女子宣言 20代女子が5年で1000万円貯める方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

富女子宣言

富女子宣言

永田 雄三

幻冬舎メディアコンサルティング

かつて女性は結婚をして専業主婦になれば、「貧困」と呼べる状況に陥ることはまずありませんでした。 しかし、時代は変わりました。男性に頼らずに自分でお金を貯め、運用し、資産を築くための知識・ノウハウが、いま女性に求…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧