2022年4月「成人年齢18歳に引き下げ」…相続税・贈与税への影響は? ※画像はイメージです/PIXTA

4月1日から、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。その影響は色々ありますが、相続や贈与の面ではどうなのでしょうか。相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の戸﨑貴之税理士が解説します。

【関連記事】相続時精算課税制度とは?利用のメリット・申請手続きの方法|基礎から注意点まで、税理士がまるっと解説

民法改正で成人年齢「20歳→18歳」へ

平成30年6月の民法改正によって、令和4年4月1日(2022年)から、民法上の成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

 

生活の面においても様々な影響があります。たとえば、ローンを組むことができる、クレジットカードを作成することができる、国家資格の取得が可能になります。一方、飲酒、喫煙、馬券購入はこれまで通り20歳以上からという取扱いになります。

 

相続税・贈与税においても影響がありますので、具体的にどのようになるのか、結局は、納税者の方にとってはメリット・デメリットがどのようになるのかをお伝えします。

 

今回は影響の大きい下記項目について言及します。

 

  • 相続税の未成年者控除
  • 相続税申告の遺産分割協議
  • 贈与税申告の特例税率の適用

「相続税の未成年者控除」における影響

納税者に対する影響:デメリットになる

 

相続税の申告において、相続人の中に未成年者がいる場合、遺産分割協議が確定してその未成年者が負担することになった相続税に対して、相続税が一定額控除される「未成年者控除」という税額控除があります。これは、税金から直接控除されるため、非常に大きな恩恵となります。

 

未成年者控除の金額は、成人年齢から相続日時点の未成年者の満年齢の差額に10万円を乗じた金額となります。つまり、ご相続が発生した時点において下記のような計算式となります。

 

【相続開始日:~2022年3月31日】

(20歳-相続・遺贈で財産を取得した時の満年齢)×10万円

【相続開始日:2022年4月1日~】

(18歳-相続・遺贈で財産を取得した時の満年齢)×10万円

 

たとえば、ご相続時において15歳の相続人の方がいたときには下記の通りとなります。

 

未成年者控除額

・2022年3月31日の相続発生の場合:50万円(=(20歳-15歳)×10万円)

・2022年4月1日の相続発生の場合:30万円(=(18歳-15歳)×10万円)

 

つまり、相続税においては、20万円分の増税となります。20万円という金額に対して、高いか低いかというのは人それぞれですが、これは税額控除といって税金がダイレクトに控除されるので影響度は大きいのではないでしょうか。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

税理士法人ブライト相続 税理士

群馬県太田市出身。2011年、税理士法人レガシィ入社。

300件超の相続税申告、相続税還付、意見聴取・税務調査対応、譲渡所得税申告、相続顧問、遺言書作成、家族信託その他対策コンサルティング業務など、数多くの資産税関連業務に従事。

2019年、税理士法人ブライト相続入社。

《Twitterアカウント》


https://twitter.com/tozaki_souzoku



《公式YouTubeチャンネル》


相続税理士トザキ【税理士法人ブライト相続】




著者紹介

連載実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ