その他 大人の教養
連載感染症時代の新教養「ウイルス」入門【第5回】

エイズの原因として世界を震撼させた「ヒト免疫不全ウイルス」とは【東大医科学研究所感染症国際研究センター長・監修】

ウイルス新型コロナウイルス感染症感染症

エイズの原因として世界を震撼させた「ヒト免疫不全ウイルス」とは【東大医科学研究所感染症国際研究センター長・監修】

新型コロナウイルスの収束を目指し、世界各国が力を尽くしていますが、人々を恐怖させた感染症は新型コロナばかりではありません。約40年前には「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」がアメリカを中心に大混乱を引き起こしました。どのようなウイルスなのか改めて解説します。※本記事は、川口寧氏監修の書籍『感染症時代の新教養 「ウイルス」入門』(実務教育出版)を抜粋し、再編集したものです。

免疫細胞が破壊される「HIV感染症」

今から約40年前の1981年、アメリカで最初のエイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)の患者が報告されました。その後、患者の報告数は急増し、有効な治療法がなく短期間で死に至ったこと、性交渉(特に男性の同性間での性交渉)で感染すること、著名人も多く犠牲になったことから、アメリカを中心に「エイズパニック」が起こりました。

 

日本国内でも、1980年代後半にエイズ患者の発生が報告されました。自分も感染しているのではないかと恐れた人たちからの電話が保健所や医療機関に殺到し、患者や関係者への差別・偏見等の人権侵害が相次ぎました。

 

今回の新型コロナウイルス感染症でも同様のことがくり返されましたが、感染症によるパンデミックやアウトブレイクが発生した際には根拠のないデマに惑わされ、一人ひとりが信頼できる情報を正しく入手して、冷静に行動することが何よりも大事です。

 

エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、人間のヘルパーT細胞やマクロファージなどの免疫細胞に侵入して増殖し、増殖したウイルスが飛び出す時に免疫細胞を破壊していきます。感染後2~4週間以内に悪寒、発熱、頭痛、筋肉痛、リンパ節の腫れ、倦怠感などの急性症状が現れますが、いったん収まります。

 

その後、数年から数十年の長い無症候期の間に免疫細胞が破壊されて減っていき、免疫不全が進行した状態をエイズといい、日和見感染症やがんによって1~3年で死亡します。したがって、「HIVに感染した(HIV感染症)=エイズ」ではありません。

 

これまでに全世界で約3500万人がエイズで死亡し、2020年末現在の世界のHIV陽性者数は3760万人、新規HIV感染者数は年間150万人、エイズによる死亡者数は年間69万人です。かつては致命的な病気でしたが、現在では薬(抗HIV薬)や治療法の開発が進み、HIVに感染しても服薬を続けることでエイズ発症を抑えられるようになってきました。ただし、現在はまだ根治はできず、薬を一生飲み続ける必要があり、難しい病気であることに変わりはありません。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

東京大学医科学研究所感染症国際研究センター長
同研究所感染・免疫部門長/同研究所アジア感染症研究拠点長
 

東京大学大学院博士課程修了、博士(獣医学)取得。専門分野はウイルス学。

「ウイルスがどのように増殖し、病気を引き起こすか?」といったウイルス学の根幹をなす命題に迫る戦略的基礎研究を推進する。また、ウイルスの制圧に直結する新しいワクチンや抗ウイルス剤の開発につなげる橋渡し研究も行う。

2016年テルモ財団賞受賞、2018年小島三郎記念文化賞受賞、2021年野口英世記念医学賞受賞。

一般向け著書・監修書に『ひと目でわかる! ウイルス大解剖(子供の科学サイエンスブックスNEXT)』(誠文堂新光社)、『ネオウイルス学』(共著/集英社)。

著者紹介

連載感染症時代の新教養「ウイルス」入門

※本連載は川口寧氏監修の書籍『感染症時代の新教養「ウイルス」入門』(実務教育出版)を抜粋し、再編集したものです。

感染症時代の新教養 「ウイルス」入門

感染症時代の新教養 「ウイルス」入門

川口 寧 監修

実務教育出版

本書は、「ウイルス」を病気を起こすという悪玉的側面だけでなく、ウイルス感染症が引き起こす社会現象、社会変化が引き起こすウイルス感染症、感染することによって宿主に益をもたらす善玉ウイルス、調教ウイルスによる病気の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ