慢性疾患の発症に繋がる「活性酸素」…大量発生を防ぐには?【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

活性酸素とは、化学的に説明すると「電子を失って(=酸化して)不安定になった酸素分子」のことです。活性酸素は身体の分子から電子を奪って、酸化させます。体内の分子が酸化すると本来の機能を果たすことができません。そして、電子を失った分子は周囲の分子からその電子を奪おうとするため、活性酸素がたくさん溜まると電子の奪い合いが連鎖し、身体の調子が次々と悪くなっていくのです。今回は活性酸素が発生する原因やそれを中和する仕組みについてみていきましょう。※本連載は、小西統合医療内科院長・小西康弘医師による書下ろしです。

【関連記事】がん、動脈硬化などに繋がる「活性酸素」…なぜ発生するのか?

エネルギーを作る上で活性酸素の発生は避けられない

活性酸素は、ミトコンドリアでエネルギーを作る過程でどうしてもできてしまうものです。解糖系なら酸素を使用しないので、活性酸素を発生することなくエネルギーを産生することができますが、効率が悪く、持続的にエネルギーを産生するのには向きません。現実的にはミトコンドリアでのエネルギー産生を放棄することはできないのです。そのため、酸素を燃やすことによって効率的にエネルギーを作りながら、活性酸素をいかに制御するかということが大切になってきます。

 

体内で発生する活性酸素には4種類あります。中でも一番凶暴性の高い「ヒドロキシラジカル」は、慢性疾患の原因となるため体内に大量に発生させないことが重要です。さらに、中和する酵素が体内には存在しないため、外来性の抗酸化物質を取り入れないといけません(【⇒関連記事:『がん、動脈硬化などに繋がる「活性酸素」…なぜ発生するのか?』】)。

しかし、体内には“活性酸素を処理するシステム”がある

発生した活性酸素をスムーズに中和するために、私たちの体内には抗酸化ビタミン、抗酸化物質のネットワークが形成されています。

 

■抗酸化ビタミンのネットワークとは?

最初に活性酸素を中和するのは主にビタミンCです。活性酸素を中和したビタミンC自身は酸化されます。酸化したビタミンCは、次にビタミンEが中和します。酸化したビタミンEは次にコエンザイムQ10という抗酸化物質が中和します。このように身体の中には活性酸素を連携して中和するネットワークが形成されているのです。活性酸素が起こした炎症を消していくバケツリレーのようなものだと考えていただいてもいいかもしれません【図表】。

 

【図表】抗酸化ビタミンのネットワーク

 

最終的には、食物の中に含まれているフィトケミカルやポリフェノールといった抗酸化物質が、身体に発生した活性酸素を中和してくれます。抗酸化作用のある物質というのは、結局は活性酸素に渡す電子をたくさん持っている分子ということです。自分の持っている電子をたくさん渡すことによって、活性酸素や活性酸素によって酸化した抗酸化物質を中和するのです。

 

一番凶悪な活性酸素であるヒドロキシラジカルの中和にはビタミンEが有効です。色のついた野菜や苦味やあくの強い野菜はフィトケミカルをたくさん含んでいます。また、抗酸化力をうたったサプリも山のように発売されています。

 

身体に多くの活性酸素が発生している状況では、こういった抗酸化ビタミンや抗酸化物質のサプリメントをたくさん取ることは一定の効果があると思います。

 

しかし、こういった抗酸化サプリを飲むことは、バケツリレーで目先の火事を消しているのに過ぎません。火元を消さない限り、バケツリレーを永遠に続けなくてはならないのです。

 

■抗酸化治療は根本的な治療ではない

治療にはいろんなレベルがあっていいと思いますが、今自分が行っている治療が何を目的としているのかを知っておくことは大切です。

 

疾患として実際に起こってしまったがんや脳梗塞(こうそく)、心筋梗塞の治療はとても重要ですが、起こってしまった病気を治すという意味では、「事後処理」であることは免れません。

 

病気が起こるプロセスを川の流れに例えると、がんや動脈硬化などの慢性疾患が起こる状態の上流には活性酸素が大量に発生している状態があります。しかし、活性酸素が大量に発生する状態のさらに上流には慢性炎症という根本原因があるのです。

 

そして、この活性酸素を減らそうとする「抗酸化治療」は、「対症療法」より上流に近い治療だということができるでしょう。慢性炎症の原因を突き止め、解決する「抗炎症治療」のほうがより根本的で重要だといっていいかもしれません。

 

では活性酸素が大量に発生するより根本的な原因、「慢性炎症」とは何なのでしょうか? 次に、そのことを見ていきたいと思います。

あなたにオススメのセミナー

    医療法人全人会 小西統合医療内科 院長 総合内科専門医
    医学博士

    京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院・京都大学消化器内科などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科医として約20年病院勤務。現在は、小西統合医療内科院長として、機能性医学を柱とした統合医療の立場から診療に携わっている。

    【小西統合医療内科HP:https://www.konishi-clinic.com/

    機能性医学に関する情報をFBなどで発信しています。
    下のリンク集をご参照ください。
    https://lit.link/doctorKonishi

    著者紹介

    連載自己治癒力を高めるための機能性医学

    自己治癒力を高める医療 実践編

    自己治癒力を高める医療 実践編

    小西 康弘

    創元社

    病気や症状は突然現れるのではなく、それまでの過程に、自己治癒力を低下させるさまざまな原因が潜んでいます。だからこそ、対症療法ではなく根本原因にまで遡って治療を行うことが重要なのです。 本書では、全人的な治癒を…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ