SBI証券で2022年に実施している、口座開設前と後に利用できるキャンペーンとプログラムのなかから、初心者におすすめの内容を厳選して紹介。証券会社出身のSGO編集者が、達成までの流れや注意点を整理して解説します。
2022年最新!SBI証券の口座開設キャンペーン紹介【初心者おすすめ】

現在、SBI証券では様々なキャンペーンを実施中です。しかし、

 

「楽天証券からSBI証券に乗り換える人が増えているらしいけど、何かキャンペーンはあるの?」

「キャンペーンを達成するための条件や注意点を知りたい」

「そもそもキャンペーンがたくさんあり過ぎて、本当におすすめの内容を知りたい」

 

などの疑問や要望を抱えている人もいるはずです。

 

そこで本記事では、2022年8月5日時点で実施している、SBI証券でおすすめのキャンペーンやプログラムを厳選して紹介します。

 

達成のために大きなリスクを伴う内容や、初心者がいきなり手を出すのにはハードルが高い信用取引や米国株、FXに関するキャンペーンは除いています。

 

そのため、最後まで読めば、安心して参加できるキャンペーンがわかります。

 

1.「投信お引越しプログラム」は出庫手数料をSBI証券が全額負担
2.「企業型DC加入者限定!iDeCo事前申込でカタログギフト最大10,900円相当プレゼント」
3.「【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション」
4.「25歳以下 現物手数料0円プログラム」は株式投資を始める若者におすすめ
5.「SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム」
6.「IPOフレンズプログラム」は紹介された人にもTポイント付与のメリットあり
7.「Vポイント投資」リリース記念キャンペーン
7.1. SBI証券の口座を持っていない人向けのキャンペーン
7.2. SBI証券の口座を持っている人向けのキャンペーン
8. 東急カードによる「クレカつみたて」開始記念キャンペーン
8.1. 東急カードを持っていない人向けのキャンペーン
8.2. 東急カードを持っていない人向けのキャンペーン
9.「SBI証券のキャンペーン」に関するよくある質問
Q1.「キャンペーンコード」を教えてください。
Q2.「つみたてNISA」に関するキャンペーンはありますか?
Q3. エントリーしているキャンペーンの確認はできますか?
Q4. 実施中のキャンペーン一覧はどこから見れますか?
Q5. 過去に開催したキャンペーンは見れますか?
10.「SBI証券のキャンペーン」まとめ

1.「投信お引越しプログラム」は出庫手数料をSBI証券が全額負担

投信お引越しプログラム
(引用:SBI証券

 

■プログラムの概要

プログラム名称

【投資信託移管入庫手数料はSBIが全額負担!】投信お引越しプログラム!

実施期間 常時開催
概要 他社で購入した投資信託をSBI証券に移管した際にかかった出庫手数料を、SBI証券が全額キャッシュバック。
おすすめの人 出庫手数料がかかるので、移管を躊躇していた人
達成までの流れ
  1.  移管元金融機関で出庫依頼
  2. 「投資信託入庫申込書」と「領収書の写し」をSBI証券に郵送
  3.  SBI証券より出庫手数料と同じ金額が総合口座に入金される
補足
(注意点)
  • 移管完了まで2週間以上かかる
  • 出庫手数料はいったん自己負担する必要あり
  • つみたてNISA口座内の投資信託は対象外

 

「投信お引越しプログラム」は、他社で購入した投資信託をSBI証券に移管する際、本来なら1銘柄につき大体3,300円かかる手数料を、SBI証券が負担してくれるサービスです。

 

「いったん売却してから、SBI証券で購入しても同じなのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかし、いったん売却してしまうと、利益が出た場合に約20%の税金がかかります。

 

そこで、「移管」という手続きをすれば、売却することなく預入先をSBI証券に変更できます。

 

SBI証券は保有投信残高に応じてTポイントもしくはPontaポイントが貯まる「投信マイレージ」というサービスが人気で、移管する人が増加しています。同じ金額を投資するなら、ポイントがもらえたほうがお得ですからね。

 

SBI証券に入庫する人が増加していることを証明するデータ
(出所:SBI証券

 

ただし、他社のつみたてNISA口座で積立てをしている投資信託は、SBI証券に直接入庫することはできません。つみたてNISA口座は1人1口座しか作れないため、いったん売却して口座を解約し、SBI証券で作り直す必要があります。

 

2022年に入り、クレジットカード決済による積立時のポイント還元率や、保有残高に応じて貯まるポイントの還元率を各証券会社で競い合っていますが、SBI証券は移管先の筆頭候補です。

 

ただし、SBI証券の口座を持っていないと移管できないので、この機会にご検討ください。出庫手数料がかかるのが嫌で、これまで移管を躊躇していた方にもおすすめです。

 

 

\投資信託の積み立てを始めるなら/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

2.「企業型DC加入者限定!iDeCo事前申込でカタログギフト最大10,900円相当プレゼント」

企業型DC加入者限定!iDeCoの事前申込でカタログギフト最大10,900円相当プレゼント
(引用:SBI証券

 

■キャンペーンの概要

キャンペーン名称

企業型DC加入者限定!iDeCoの事前申込でカタログギフト最大10,900円相当プレゼント

実施期間

書面申込のみ:2022年7月1日(金)~2022年10月5日(水)必着

概要

企業型DCに加入している方がSBI証券でiDeCoも始めると、カタログギフトやAmazonギフト券が当たる。

おすすめの人 企業型DCに加入している方で、iDeCoにも加入したい人
達成までの流れ
  1. キャンペーンにエントリーする
  2. iDeCo申込フォームから「事前受付」を選択して資料請求する
  3. iDeCoの申込書類をSBI証券に提出する(10/5必着)
  4. SBI証券のiDeCoに加入する(10/31まで)
  5. 月額1万円以上の掛金を拠出する(11/28)
  6. 抽選でカログギフトもしくはAmazonギフト券が当たる
補足
(注意点)
  • 申し込みから掛金の引き落としまで1~2ヵ月かかるので、早めに申し込む必要あり
  • 景品の付与は12月下旬を予定
  • 企業型DC加入者をSBI証券に紹介すると、当選確率2倍

 

2022年10月からのiDeCo法改正により、すでに企業型DC(企業型確定拠出年金)に加入している方でもiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入しやすくなります(詳細は、SBI証券の公式サイト『2022年10月 第2号被保険者(会社員等)の加入対象者拡大についての概要と事前受付実施について』をご確認ください)。

 

このキャンペーンは、すでに企業型DCに加入している方(SBI証券以外でもOK)が、SBI証券でiDeCoも始めると、抽選でカタログギフトやAmazonギフト券が当たるという内容。キャンペーン景品の内訳は、次の通りです。

 

  • 109,000円相当のカタログギフト:10名
  • Amazonギフト券1,000円分:300名
  • Amazonギフト券500円分:1,500名
  • Amazonギフト券100円分:外れた人全員

 

抽選に外れても、Amazonギフト券100円分が必ずもらえます。そのため、企業型DCに加入している人で、iDeCoにも加入して効率よく資産を形成したい人にこのキャンペーンはおすすめです。

 

なお、SBI証券のiDeCoは、当サイトのiDeCoおすすめ金融機関ランキングでも1位となっており、筆者も実際にSBI証券のiDeCoセレクトプランで老後資金対策をしています。

筆者のiDeCo資産状況

 

筆者のSBI証券でのイデコ実績

 

 

\iDeCoの口座数第1位/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

3.「【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション」

【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション
(引用:SBI証券

 

■プログラムの概要

プログラム名称

【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション

実施期間 常時開催
概要 人気の米国ETF10本の買付手数料が無料
おすすめの人 米国ETFの取引に興味がある人
補足
(注意点)
  • エントリー不要
  • 外国株式取引口座が必要
  • 売却手数料はかかる

 

「【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション」は、対象銘柄に限り、米国ETFが無料で買えるという内容です(常時開催)。

 

米国ETFは、お笑い芸人の厚切りジェイソン氏が「VTI」という銘柄に投資をしてFIREをしたことで注目されており、投資信託より低いコストで購入できるのが特長です。

 

対象は、次の10銘柄。値上がりと配当利回りを重視した、米国ETFの「王道銘柄」が厳選されています。

 

■買付手数料無料の米国ETF

 

  • VT(バンガード トータル ワールド ストックETF)
  • VTI(バンガード トータルストックマーケットETF)
  • VOO(バンガード S&P 500 ETF)
  • QQQ(インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF)
  • SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)
  • VGT(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)
  • EPI(ウィズダムツリー インド株収益ファンド)
  • AGG(iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF)
  • GLDM(SPDRゴールド ミニシェアーズ トラスト)
  • IYR(iシェアーズ 米国不動産 ETF)

 

 

米国ETFは、使い方次第で資産形成の手段の幅を広げることができます。SBI証券なら「米国株式・ETF定期買付サービス」もあるので、米国ETFに興味がある方は、手数料無料の銘柄から少額で始めることをおすすめします。

 

 

\米国株に興味がある人にもおすすめ/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

4.「25歳以下 現物手数料0円プログラム」は株式投資を始める若者におすすめ

25歳以下現物手数料0円プログラム
(引用:SBI証券

 

■プログラムの概要

プログラム名称

25歳以下 現物手数料0円プログラム

実施期間 常時開催 ※26歳を迎える誕生日の前日まで適用
概要 25歳以下はSBI証券での国内株式の現物取引手数料が無料になる。
おすすめの人

25歳以下で、これから株式投資を始めようと考えている人

達成までの流れ 特になし
補足
(注意点)
  • エントリー不要
  • すでにSBI証券の口座を持っている25歳以下の方も対象
  • インターネット経由の注文が対象(電話注文は対象外)

 

こちらも、25歳以下でこれから株式投資を始める若者を応援するためのプログラム。

 

SBI証券には「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」の2つの手数料プランがあり、通常でも取引手数料が安いのが特徴です。しかし、25歳以下の場合、SBI証券なら、1日にいくら売買しても国内株式の現物取引の手数料は無料になります。

 

エントリーも不要なので、大学生や社会人になったばかりでこれから投資の勉強をしながら株式投資を始めたい人は、SBI証券を選んでおけば間違いありません。

 

 

\25歳以下で株式取引を始めるなら/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

5.「SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム」

SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム
(引用:SBI証券

 

■プログラムの概要

プログラム名称

SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム

実施期間 常時開催
概要 家族や友達を紹介してその人がSBI証券の口座を開設すると、「Tポイント」がもらえる。
おすすめの人

Tポイントを貯めている人

達成までの流れ
  1. 専用フォームにT会員番号を入力してエントリー
  2. 紹介された人が、メールに記載された専用のURLよりSBI証券の口座を開設
  3. 紹介した人には、紹介1名につきTポイント5,000ポイントが付与される
  4. 紹介された人は、SBI証券で使えるTポイント100ポイントが付与される
補足
(注意点)
  • エントリー要す
  • 紹介する人はSBI証券の口座を持っていなくてもOK
  • ポイント付与の対象は最大3人まで(上限15,000ポイント)

 

「SBI証券のポイント投資ご紹介プログラム」は、家族や友達を紹介してその人がSBI証券の口座を開設すると、Tポイントが必ず5,000ポイントもらえるという内容です。

 

紹介は最大3名までで、ポイント付与の上限は、15,000ポイント。自分がSBI証券の口座を持っていなくても紹介できます。

 

紹介された人には、投資信託の購入などに充てることができる「SBI証券限定のTポイント100ポイント」が付与されるので、SBI証券で資産形成を始めるきっかけになります。

 

 

\紹介でTポイント5,000pt獲得/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

6.「IPOフレンズプログラム」は紹介された人にもTポイント付与のメリットあり

IPOフレンズプログラム~IPOチャレンジポイントがもらえる!
(引用:SBI証券

 

■プログラムの概要

プログラム名称

IPOフレンズプログラム~IPOチャレンジポイントがもらえる!

実施期間 常時開催
概要 家族や友達を紹介してその人がSBI証券の口座を開設すると、「IPOチャレンジポイント」がもらえる。
おすすめの人

IPO(新規公開株)を上場前に抽選で獲得したい人

達成までの流れ
  1. ログイン後の専用フォームに家族や友達の名前とメールアドレスを入力して送信
  2. 紹介された人が、メールに記載された専用のURLよりSBI証券の口座を開設
  3. 紹介した人にIPOチャレンジポイントが付与される
補足
(注意点)
  • エントリー要す
  • ポイント付与の対象は月最大5人まで(上限100ポイント)
  • 紹介されたほうにもメリットあり(下記解説参照)

 

新規に上場する銘柄は、上場後に初めてつく株価「初値」が高くなりやすい傾向があるため、上場前に入手しようとする個人投資家が殺到し、抽選で獲得するのは至難の業です。

 

IPO株の配分ルールは各証券会社で異なり、SBI証券の場合、抽選に応募して外れたら「IPOチャレンジポイント」が1銘柄につき1ポイント付与される仕組みがあります。

 

そして、このIPOチャレンジポイントを貯めて抽選に応募すると、優先的にIPO株を配分してくれる枠があります。

 

当選するために必要なポイント数は500~700ポイントとされているので、この紹介プログラムを活用すると、効率よく貯めることができます。

 

ポイントの付与は、紹介するごとに次のように増加します。

 

  • 1人目:10ポイント
  • 2人目:15ポイント
  • 3人目:20ポイント
  • 4人目:25ポイント
  • 5人目:30ポイント

 

ただし、上限は1ヵ月あたり5人、100ポイントまでなので、6人以上する紹介する場合は翌月まで待ちましょう。

 

さらに嬉しいのが、紹介する人だけでなく、紹介された人にも特典があること。

 

紹介された人にもIPOチャレンジポイントが10ポイント付与され、SBI証券だけで使える「Tポイント」が100ポイントプレゼントされます。

 

家族や友達にメリットをしっかり伝えて、IPOチャレンジポイントを獲得しましょう。

 

 

\IPO獲得のチャンスを拡大/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

 

7.「Vポイント投資」リリース記念キャンペーン

三井住友カードを経由したVポイント投資のキャンペーン
(引用:PR TIMES

 

2022年5月30日よりSBI証券では、「Tポイント投資」「Pontaポイント投資」に加えて、「Vポイント投資」ができるようになりました。

 

「Vポイント」は、三井住友カードを使ってネットショッピングをしたり、SBI証券で国内株式や投資信託を購入したりすると貯まる、SMBCグループの共通ポイントのこと。

 

これまでVポイントの使い方は限られていましたが、投資信託の購入にも利用できるようになったことで、ユーザーの利便性が向上。

 

このサービス開始を記念して、三井住友カードと共同で実施しているキャンペーンを2つ紹介します。

 

7.1. SBI証券の口座を持っていない人向けのキャンペーン

お買物利用のVポイント+3%還元キャンペーン!
(引用:三井住友カード

 

■キャンペーンの概要

キャンペーン名称

お買物利用のVポイント+3%還元キャンペーン!

実施期間 2022年5月30日(月)~2022年8月31日(水)
キャンペーン概要 Vポイント投資で1ポイント以上利用し、三井住友カードで1回以上買い物をすると、買い物時のVポイントが+3%還元にアップ。
おすすめの人 SBI証券の口座を持っていない人

達成までの流れ

※2.と3.の
順序は問わず

  1.  SBI証券の三井住友カード仲介口座を開設する
  2. 「Vポイント投資」で1ポイント以上利用して投資信託を購入する
  3. 「SBI証券Vポイントサービス」で登録した三井住友カードで1回以上買い物する
補足
(注意点)
  •  エントリー不要
  • 「三井住友カードつみたて投資」の積立金額分は利用対象外
  •  ポイント付与の上限は1,000ポイント
  •  Vポイント付与は10月末を予定

 

Vポイント投資を始めるには、SBI証券の「三井住友カード仲介口座」が必要です。

 

すでにSBI証券の口座を持っている人はコース変更が必要で、このキャンペーンは、SBI証券の口座自体をまだ持っていない人向けのもの。

 

Vポイント投資で1ポイント以上利用して投資信託を購入し、登録した三井住友カードで買い物代金を1回以上クレジット決済すると、一般カードの場合は0.5%還元のところ、キャンペーン期間中のカード利用額の3%のVポイントが獲得できます(最大1,000ポイント)。

 

 

 

7.2. SBI証券の口座を持っている人向けのキャンペーン

10,000円相当のVポイントが当たるキャンペーン!
(引用:三井住友カード

 

■キャンペーンの概要

キャンペーン名称

10,000円相当のVポイントが当たるキャンペーン!

実施期間 2022年5月30日(月)~2022年8月31日(水)
キャンペーン概要

Vポイント投資で1ポイント以上利用し、三井住友カードで500円(税込)以上買い物すると、抽選で100名に1万円相当のVポイントが当たる。

おすすめの人 SBI証券の口座を持っている人と持っていない人の両方
達成までの流れ
※2.と3.の
順序は問わず
  1.  SBI証券の三井住友カード仲介口座を開設する(未開設の場合)
  2. 「Vポイント投資」で1ポイント以上利用して投資信託を購入する
  3. 「SBI証券Vポイントサービス」に登録している三井住友カードで500円(税込)以上買い物する
補足
(注意点)
  •  エントリー不要
  • 「三井住友カードつみたて投資」の積立金額分は利用対象外
  •  Vポイント付与は10月末を予定

 

こちらは、すでにSBI証券の口座を持っている人向けのキャンペーン(持っていない人でもOK)。

 

SBI証券の三井住友カード仲介口座にコース変更もしくは新規口座を開設後、Vポイント投資で1ポイント以上利用して投資信託を購入します。

 

そして、登録した三井住友カードで500円(税込)以上買い物をすると、抽選で100名に1万円相当のVポイントが当たります。

 

エントリーは不要で、達成のための条件も高くはないため、ぜひ参加しましょう。

 

 

SBI証券の三井住友カード仲介口座はこちら

SBI証券の三井住友カード仲介口座を開設する

 

関連記事

 

 

8. 東急カードによる「クレカつみたて」開始記念キャンペーン

東急カードのイメージ図
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

4月25日より、SBI証券では東急カードによる投資信託の積み立て「クレカつみたて」ができるようになりました。

 

このサービス開始を記念して、東急カードと共同で実施しているキャンペーンを2つ紹介します。

 

8.1. 東急カードを持っていない人向けのキャンペーン

新規入会者限定  クレカつみたて&オートチャージ利用で年会費無料キャンペーン
(引用:東急カード

 

■キャンペーンの概要

キャンペーン名称

新規入会者限定 クレカつみたて&オートチャージ利用で年会費無料キャンペーン

実施期間 2022年2月1日(火)~2022年9月30日(金)
おすすめの人 東急カードを持っていない人
キャンペーン内容 新規で東急カードを作り、以下の①②の年会費無料の条件を達成すると、翌年の年会費が無料になる。
① SBI証券の「クレカつみたて」を利用
② PASMOオートチャージサービスを利用
補足
(注意点)
  • 入会2年目以降も条件を達成すると年会費無料が継続
  • ゴールドカードは対象外
  • 条件を達成すると家族カードの年会費も無料になる

 

こちらは、まだ東急カードを持っていない人向けのキャンペーン。

 

東急カードは、一般カードでも年会費が1,100円(税込)かかります。しかし、東急カードで「クレカつみたて」をして、PASMOオートチャージを利用すると、翌年の年会費が無料になります。

 

 

 

8.2. 東急カードを持っていない人向けのキャンペーン

クレカつみたて&オートチャージ利用で  1,000ポイントプレゼントキャンペーン
(引用:東急カード

 

■キャンペーンの概要

キャンペーン名称

クレカつみたて&オートチャージ利用で1,000ポイントプレゼントキャンペーン

実施期間 2022年3月23日(水)~2022年12月31日(土)
おすすめの人 東急カードを持っている人
キャンペーン内容
※順番は問わず
TOKYU CARD ClubQ JMBまたは各種ゴールドで次の3つの条件を満たすと、東急ポイント1,000ポイント獲得。
① 東急カードアプリよりキャンペーンエントリー
③ SBI証券の「クレカつみたて」を1回以上利用
② PASMOオートチャージサービスを1回以上利用
補足
(注意点)
  • エントリー要す(アプリより)
  • 条件達成の順番は問わない
  • 2022年2月1日以降に新規で東急カードを作った人は対象外
  • ポイントの加算は2023年4月上旬

 

こちらは、すでに東急カードを持っている人向けのキャンペーン。

 

東急カードアプリよりエントリー後、東急カードで「クレカつみたて」をしてPASMOオートチャージを利用すると(順番は問わず)、東急ポイントが1,000ポイント獲得できます。

 

 

SBI証券の東急カード仲介口座はこちら

SBI証券の東急カード仲介口座を開設する

 

関連記事

 

 

9.「SBI証券のキャンペーン」に関するよくある質問

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

最後に、SBI証券のキャンペーンに関するよくある質問に5つ回答します。疑問はすべて解消しておきましょう。

 

Q1.「キャンペーンコード」を教えてください。

キャンペーンのなかには、「キャンペーンコード」という特定の数字や記号を入力しないとエントリーできないものがあります。

 

SBI証券の場合はキャンペーンコードは不要ですが、エントリーが必要なものが多いので、お忘れなく。

 

 

Q2.「つみたてNISA」に関するキャンペーンはありますか?

SBI証券では、他社のNISA口座(つみたてNISAを含む)をSBI証券に変更すると抽選で1,000名に2,000円が当たる【NISA・つみたてNISA乗換キャンペーン】金融機関変更で1,000名様に2,000円が当たる!を実施していましたが、2022年2月15日に終了しました。

 

 

Q3. エントリーしているキャンペーンの確認はできますか?

ログインが必要ですが、キャンペーンエントリー状況を確認から調べられます。エントリー漏れがないように、気を付けましょう。

 

 

Q4. 実施中のキャンペーン一覧はどこから見れますか?

SBI証券で実施中のすべてのキャンペーンとプログラムは、SBI証券の公式サイトキャンペーン・プログラムで見ることができます。この記事では紹介しなかった、米国株やFXに関するキャンペーンもあります。

 

 

Q5. 過去に開催したキャンペーンは見れますか?

SBI証券で過去に実施したキャンペーンは、公式サイト過去に開催したキャンペーンで見ることができます。

 

 

10.「SBI証券のキャンペーン」まとめ

SBI証券のキャンペーンまとめ
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

この記事では、SBI証券で実施中のキャンペーン・プログラムのなかから、初心者におすすめの内容を紹介しました。

 

2022年5月には「Vポイント投資」もできるようになったように、SBI証券はこれまで様々なユーザーの期待に応えて、国内株式個人取引シェア第1位を獲得。そのため、証券会社選びで迷ったら、多くの方に支持されているSBI証券を選んでおけば間違いありません。

 

ただし、キャンペーン目当てで無理やり取引をして投資で損をしたら本末転倒です。自分の目的に合ったキャンペーンがあれば積極的にエントリーして、賢く資産形成をしましょう。

 

\国内株式個人取引シェアNo.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事