グループ全体の口座数が1,000万を突破し、個人投資家に人気のSBI証券。SGO編集部では、マーケティング部の小林氏にインタビュー取材を実施し、「投資未経験者でも始めやすい商品」「クレジットカードによる積立投資で『提携カード』を増やしている狙い」「2023年度上半期までに『国内現物株取引の手数料無料化』を実現できるカラクリ」などについて伺いました。
【SBI証券社員インタビュー】「貯蓄から投資へ」の流れを受けて、オンライン総合証券が取り組んでいること 取材日:2022年12月8日

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

【会社概要】株式会社SBI証券

東証プライム市場に上場しているSBIホールディングス株式会社(銘柄コード:8473)傘下のネット証券。グループ全体(SBI証券、SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIO)の口座数は1,000万を超えて業界トップ。iDeCo口座は業界初となる70万口座を突破し、初心者をはじめ幅広い個人投資家から支持を得ている。

 

1. SBI証券は「総合力」が強み
2. 口座開設をする人の半数以上が「投資信託」から始める
3. クレカ積立ができる「提携カード」を増やしている狙いは?
4. 投資初心者におすすめのツールやコンテンツは?
5.「国内株式取引手数料の無料化」は可能なのか?
6. これから資産運用を始める方へのメッセージ
7. インタビューを終えて筆者が感じたこと

1. SBI証券は「総合力」が強み

SBI証券へのインタビュー取材風景
(右がSBI証券のマーケティング部 課長代理の小林氏。左はSGO編集部の近藤。)

資産形成ゴールドオンライン編集部の近藤です。
本日はよろしくお願いします。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

SBI証券 マーケティング部 課長代理の小林です。
よろしくお願いします。

早速ですが、SBI証券の強みを教えてください。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

「総合力」が強みです。日本株をはじめ、外国株、投資信託、NISA、iDeCo、債券、FX、デリバティブ、金・銀・プラチナなど、幅広い商品やサービスを扱っています。

また、手数料は業界最低水準で、競争力が高いのも特長です。

個人投資家にとって、コストは安いほうがいいですからね。

口座数は今どれくらいあるのですか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

SBIグループ全体では1,000万口座を超えています。口座開設時のアンケートによると、新規で口座をお申込みいただいた方のうち、約8割が投資未経験者となっています。

また、株式取引の売買代金シェア(国内株式個人)は1社で市場全体の約45%を占めており、これは業界トップです。※1

※1 2022年3月期 通期の委託個人売買代金シェアです。SBIの数値は、SBIネオトレード証券の数値を含みます。(出所:東証統計資料、各社WEBサイトの公表資料より当社集計、各社委託個人(信用)売買代金÷{株式委託個人(信用)売買代金(二市場1,2部等)+ETF/REIT売買代金}にて算出)

多くの初心者の方に選ばれているということですね。

近藤章仁
関連記事

 

 

2. 口座開設をする人の半数以上が「投資信託」から始める

SBI証券マーケティング部課長代理小林様

 

証券口座を開く人が増えている背景として、岸田政権が掲げている「資産所得倍増プラン」や、少し前に「老後2,000万円問題」が話題になったことから、個人投資家の裾野が広がってきているのでしょうか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

それはあるかもしれません。最近は、月間で10万を超えるペースで新規の口座数が増えています。

そしてそのうち、半数以上の方が「投資信託」からお取引デビューをされています。

株式より投資信託で資産運用を始める人のほうが多いのですね!

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そうなんです。弊社の場合、投資信託は100円から購入できるので、飲み物を1本買うのと同じ感覚で気軽に資産運用を始めることができます。

投資信託なら投資のプロに運用を任せられるので、自分で個別企業の業績を調べたり、株価チャートを見てタイミングを図って売買したりする必要はありませんからね。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そうですね。しかも「つみたてNISA」なら、本来は運用益に対して約20%かかる税金が非課税になるので、10万円の利益が出たら10万円がそのまま手元に残ります。

弊社の場合、クレジットカードでも積立ができるので、引き落としのたびに入金する手間が省けます。

三井住友カードによるクレカ積立のことですよね?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

はい、そうです。積立時に決済額に応じてSMBCグループの「Vポイント」が貯まるうえ、投資信託の保有残高に対してもポイントが貯まります。

保有時に貯まるポイントはこれまでも「Tポイント」「Pontaポイント」「dポイント」のなかから選べましたが、「JALのマイル」も選べるようになりました。

積立時と保有時にダブルでポイントが貯まってお得ですね!

しかも、マイルも選べるなら、旅行好きの方には嬉しいでしょうね。

近藤章仁
関連記事

 

 

3. クレカ積立ができる「提携カード」を増やしている狙いは?

三井住友カード以外では、仲介口座だと「東急カード」「タカシマヤカード」「新生アプラスカード」「UCSのカード」でもクレカ積立ができるようですが、どのような狙いがあるのでしょうか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

SBIグループ全体の戦略として、「オープン・アライアンス(=提携)」に取り組んでいる一環です。すでに顧客基盤を持っている異業種の会社と組み、相互に顧客を紹介することでWin-Winの関係を築くことが狙いです。

この取り組みによって、これまでアプローチできなかったお客様に弊社が扱う商品を販売することができるようになりました。

販売網の拡大ということでしょうか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そうですね。提携先には収益の多様化のために金融事業に力を入れたいという企業が多いので、双方にメリットがある取り組みとなっています。

ユーザーにとっても、積立ができるクレジットカードの選択肢が増えるのはいいですね!

近藤章仁
関連記事

 

 

4. 投資初心者におすすめのツールやコンテンツは?

クレカ積立ができる環境が整っていても、設定方法がわからなかったり、どの投資信託を選べばよいかわからなかったりして、途中で諦めてしまう人もいるのではないでしょうか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そのような初心者の方々をどのようにサポートするかが、店舗を持たないネット証券の課題です。

しかし、ホームページ上で買付金額が多い投資信託のランキングを公開しているので、他の投資家は何を買っているのかを参考にすることはできます。

また、投信積立に特化した『かんたん積立アプリ』も用意しており、簡単な質問に答えるだけで、どのような投資スタイルが合っているかを診断してくれるうえ、おすすめの投資信託を紹介してくれます。

ロボットが診断してくれるアプリですよね。私も入れています。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

積立設定、金額の変更、商品の変更もこのアプリ1つでできるので、ちょっとした空き時間にも運用状況をチェックできますよ。

もちろん、つみたてNISAにも対応しています。

『かんたん積立アプリ』の画面
 
「かんたん積立アプリ」の実際の画面
 
 

アプリを開いたら、すぐに損益の画面が表示されるのはいいですよね!

その他に初心者向けのコンテンツはありますか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

公式YouTubeチャンネルもありますし、『ビジネスドライブ!by SBI証券』というチャンネルも始めました。

私も見たことがあります!

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

『ビジネスドライブ!by SBI証券』は、若年層を含めた初心者の方にも親しみを持って投資を始めていただくことを目的としたチャンネルです。

動画のほうが学びやすいという人もいますからね。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

あとは、InstagramTikTokもやっています。

TikTokでは「お金って何?」という基本から学ぶことができ、投資に興味を持っていただくためのコンテンツが充実しています。

お金について楽しく学べそうですね。

近藤章仁
関連記事

 

 

5.「国内株式取引手数料の無料化」は可能なのか?

SBI証券マーケティング部課長代理小林様

 

投資初心者をサポートするという広い意味では、2023年から国内株式取引手数料を無料にする取り組みもその一環なのですか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そうですね。正確には、2023年度上半期までに、オンラインでの国内株式取引の売買手数料を無料にする準備を進めています。

現在でも、25歳以下の方と、1日の約定代金が100万円までの国内株式の現物取引手数料を無料※2にしていますが、対象を大幅に拡大する予定です。

※2 現物アクティブプラン(インターネットコースのみ)

国内株式の現物取引手数料を無料にして、どうやって利益をあげていくのですか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

信用取引の金利収入や外国株の取引手数料もありますし、弊社は「リテール」と「ホールセール」の両輪で利益をあげるオンライン総合証券No.1を目指しているので、現物取引手数料以外にも数多くの収益源を持っています。

オンラインでの国内株式手数料の収益分を他手数料やホールセールビジネス等、その他収益源でカバーすることができるということですね。

ちなみにホールセールには、どのようなものがあるのですか?

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

たとえば、新規上場(IPO)をしたい企業の主幹事証券を務めるといったことです。近年は、年間で15社前後の主幹事をしています。

個人投資家にとっても、IPO銘柄は魅力的な商品ですからね。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

そうですね。主幹事にはならなくても、IPOの引き受けのお手伝いをすることによって、1年間に新規上場するほぼ100%のIPO銘柄の抽選に弊社から申し込むことができます。

筆者のIPOチャレンジポイント
 
筆者が貯めたIPOチャレンジポイントの実際の画面
 

申し込んで抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が貯まるのはいいですよね。私は650ポイント近く貯まっています。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

IPOチャレンジポイントを使用すると当選しやすくなるので、IPO銘柄の獲得を目当てに口座開設をするお客様もいらっしゃいますよ。

IPO銘柄の抽選は倍率が高いのでなかなか当選しないことも多いですが、IPOチャレンジポイントがもらえるのであれば、諦めずにまた次にチャレンジしようと思えますからね!

近藤章仁
関連記事

 

 

6. これから資産運用を始める方へのメッセージ

最後に、これから資産運用を始めたいと思っている方に向けて、メッセージをお願いします。

近藤章仁
SBI証券マーケティング部課長代理小林様のコメント

「損をするのが怖い」「何から始めたらいいのかわからない」と思って、なかなか踏み出せない方もいると思います。

しかし、株式投資なら1つの銘柄に集中投資をするのではなく、複数の銘柄を買うことによってリスクを減らすことができます。
 

また、投資信託なら100円から始めることができますし、プロが分散投資をしてくれるのでリスクを低減することができ、初心者の方でもデビューしやすいと思います。


投資家として、少しずつ成長していくことが大切です。私たちはそのお手伝いができればと思っています。

最初から大きな利益をあげようとせず、徐々に慣れていくことが大事ということですね。

貴重なお話をありがとうございました。

近藤章仁
関連記事

 

 

7. インタビューを終えて筆者が感じたこと

本インタビューの実施が決まったあとの2022年11月24日に、国内株式の現物取引手数料を2023年度上半期までに無料化することを目指すと発表したSBI証券。

 

以前から投信保有時に貯まるポイントを複数から選べるようにしたり、クレカ積立ができる提携カードの数を増やしたりしていたことから、この驚きのニュースを受けて、同社はユーザーの利便性を常に追求してサービス展開をしているネット証券なのだと改めて思いました。

 

「貯蓄から投資へ」の流れを加速させるために、「手数料無料化」に踏み切ったとも考えられる今回の決断。

 

「リテール」と「ホールセール」の両輪で利益をあげているSBI証券だからこそ打ち出せる戦略ですが、はたしてこの動きに続く証券会社は出てくるのでしょうか? そして、業界の常識は変わるのでしょうか?

 

証券業界を牽引するSBI証券の動向から目が離せません。

 

\資産運用を始めるなら/

SBI証券の公式サイトへのリンク

 

関連記事

 

<ご注意事項>

SBI証券の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。なお、外国為替保証金取引(FX)にあたっては、金利、取引する通貨の価格変動やスワップポイントの支払い等により投資元本を上回る損失を被るリスクがあります。また、必要保証金は個人の場合は取引額の4%(レバレッジ最大25倍)、法人の場合は当社所定の保証金率を取引額に乗じて得た金額となり、FX取引にかかる費用等(コスト)は買値と売値の差(スプレッド)になります。その他、各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
 

<投資信託に関するご注意事項>

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。 ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。