好きな仕事+投資で目指す「サイドFIRE」…スタートに向けた〈最終確認事項〉を洗い出し

好きな仕事と投資の収益で生活する「サイドFIRE」。実現するには日々の資金の流れを把握するのはもちろん、万一の事態も想定したうえで「自分にとってベストな時期」を見極めてスタートさせましょう。ここでは、サイドFIREに踏み出すための重要な確認事項を解説します。

【関連記事】年収500万円だったが…14万円の年金生活におびえる人、続出

家計を適切に圧縮…固定費・日々の生活費を見直す

20~25年続く節約術を身につける

FIRE資産をつくるために、家計支出をどの程度削ればよいのか。結論から言うと、削った分だけサイドFIREは早く実現しますし、削ろうとすればいくらでも削れます。ただし、当然ながら快適な暮らしとトレードオフの関係となります。

 

夫婦でFIREを目指す場合、お金の使い方の方針が急に変わると揉めやすくなります。これまで週末は外食をしていたのに、節約のために急に「外食をやめよう」とだけ提案すると相手は納得しづらいでしょう。「この支出は月いくらまで」「外食は続ける代わりにこの支出を削りたい」など、節約のルールを事前に設定しておけば、夫婦の間で削る支出・削らない支出の判断を共有できます。

 

節約の際に忘れてはならないのは、サイドFIREは実現する前も後も節約生活を継続しなければならないということ。そこを念頭に入れて、どれくらいの節約に耐えられるかをまず試してみるとよいでしょう。

 

 

 

【7/9(土)関連セミナー開催】
機関投資家からの信頼も厚い「いちご」が不動産小口化商品を提供
「好立地×新築レジデンス」で叶える最強の「資産防衛」

 

株式会社Money&You代表取締役 

中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。

2015年に株式会社Money&Youを創業し、現職。女性向けWebメディア「FP Cafe」や「Mocha(モカ)」を運営。マネーコンサルタントとして日本人のマネーリテラシー向上に注力している。『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(自由国民社)、『はじめてのFIRE』(宝島社)、『そのままやるだけ!お金超入門』(ダイヤモンド社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)など著書多数。

日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。日本アクチュアリー会研究会員。

著者紹介

株式会社Money&You取締役 

慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。

その後、株式会社Money&Youの取締役に就任。講演活動、執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。

『はじめての資産運用』(宝島社)、『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)、『やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)など著書・監修書多数。

ファイナンシャルプランナー(CFP)。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。


株式会社Money&You
http://moneyandyou.jp/

FP Cafe
https://fpcafe.jp/

twitter
@takayamakazue

著者紹介

連載「経済的自由」を最速で手に入れる!はじめてのFIRE入門

本記事は『マンガと図解 はじめてのFIRE』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ