経済的に自立して仕事の早期リタイアを目指す「FIRE」のうち、資産運用による収入を得つつ好きな仕事だけする「サイドFIRE」であれば、実現しやすく、また、社会との接点も維持できることからメリットは大きいといえます。著名FPで投資家の頼藤太希氏と高山一恵氏が「サイドFIRE」の意義と効果について解説します。

女性こそ「経済的自立」が大切なワケ

「経済的自立」をしていれば、人生の選択肢は広がる

現在の日本において、共働きが増えてきたとは言え、専業主婦の方も多くいます。また、依然として男性と比べ女性のほうが、平均年収が低いという現実もあります。

 

万一、離婚することになれば、男性よりも女性のほうがその後のお金のことを考えなければならないのが実情です。実際、離婚した場合に、その後の暮らしでお金をどのように見積もるのかというマネー相談を受けることもあります。

 

勤労収入を増やすのはもちろんながら、資産運用による収入があれば、職業の選択にも幅ができます。慌てて、ご飯を食べるためだけにする仕事=ライスワークを行わずにすみます。じっくりとライクワーク、ライフワークに取り組んでいけます。要は、主体的に生き方を選べるわけです。それらの点を考えると、女性がFIREを考える場合は、まずREは置いておいて、FIを重視する必要があるでしょう。夫婦で一緒に考え、進めていくにしても、頭のなかに入れておきたいことです。

 

 

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ人生100年時代…「老後資金」は用意するべき?

あなたにオススメのセミナー

    本記事は『マンガと図解 はじめてのFIRE』(宝島社)より抜粋・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ