不動産賃貸業はつらいよ…管理会社が見た「トラブルの実態」 (※写真はイメージです/PIXTA)

投資家にとって、不動産賃貸業を営むにあたっていちばん不安に思うところの一つに「始めたことによってトラブルに巻き込まれるんじゃないか」というものがあるでしょう。しかし、その実態を知ることで、事前に防止策を講じたり、巻き込まれた際の対処法を理解したりしておけば、多少なりとも不安を解消することができるはずです。賃貸管理業務を行う筆者が、実際に寄せられたトラブルを紹介します。

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

不動産賃貸業にトラブルはつきものだが…

当社では不動産売買業のかたわら、賃貸管理業務も行っており、管理部門には日々たくさんの連絡が寄せられます。その中には些細なものもあれば、階下漏水や安否確認などの本当に深刻なトラブルも含まれます。

 

投資家からして、不動産賃貸業を営むにあたっていちばん不安に思うところの一つとして「始めたことによってトラブルに巻き込まれるんじゃないか」というものがあります。しかし、その実態を知ることで、事前に防止策を講じたり、巻き込まれた際の対処法を理解したりしておけば、多少なりとも不安を解消することができるはずです。

 

ここでは、実際に賃貸管理を行う当社からして、どのようなトラブルに直面してきたかをご紹介いたします。不動産賃貸業を営むにあたって、一つのご参考としていただければ幸いです。

そもそも「管理会社に連絡してくる人々」とは?

まず、当社に管理関係で用事があり、電話連絡をしてくる主な方々を列記していきます。

 

●賃貸仲介業者(賃貸の空室確認)

●前管理会社(管理引継ぎ後に起きた問題など)

●設備関係業者(入居者が自分で手配したインターネット業者など)

●保証会社(賃料の入金確認など)

●入居者(用件は多岐にわたる。詳細は後述)

●管理物件の近隣住民(詳細は後述)

 

ほかにも些細な電話はありますが、主には上記のとおりです。

 

これらは事務的に終わるものも多く、特に賃貸仲介業者さんは空室をお客さんに紹介するつもりで空き確認をしてくれるので非常にありがたいです。

 

前管理会社さんや設備関係業者さんは、引継ぎ時の小さな確認事項だとか、あとはインターネット設備の導入でMDF盤の鍵を開けてもよいか、といったような細かな案件であることが9割以上です。

 

しかし、後者3つはトラブルがらみの案件である確率がそこそこあります。では実際、その人々を巻き込んでどのようなことが起きるのかをここからご紹介します。

コスモバンク株式会社 代表取締役社長

神奈川県平塚市出身。平塚工科高等学校卒業後、老舗貴金属専業メーカーに勤務しながら株式投資やFXなどさまざまな資産運用を試行、不動産投資で着実に保有物件を増やすことに成功。その経験をいかして大手不動産投資会社に入社、年間200棟の不動産買い取りと売却累計100億円以上の取り扱いを経験する。より理想的な不動産投資サービスを実現すべく、2018年に独立を果たし、コスモバンク株式会社を設立。

著者紹介

連載融資上限は怖くない!税制と収益不動産をフル活用した資産形成

※本連載は、穴澤勇人氏の著書『融資上限は怖くない!税制と収益不動産をフル活用した資産形成』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

融資上限は怖くない!税制と収益不動産をフル活用した資産形成 アパートを「毎年」「現金」で買えるようになる!

融資上限は怖くない!税制と収益不動産をフル活用した資産形成 アパートを「毎年」「現金」で買えるようになる!

穴澤 勇人

幻冬舎メディアコンサルティング

不動産投資で資産を拡大するためには、まずどの程度リスクを取り、どれだけのリターンを得るかといった目標を設定したうえで、どのような物件を購入するか決定することが重要です。 そして減価償却や税制を理解し、安定した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ