※画像はイメージです/PIXTA

貯金ができないと悩む人は、たいてい「残ったお金」で貯金をしようと考えています。しかし、着実に貯金を殖やすには「収入から貯蓄分のお金を先取りする」ことが重要であり、ポイントなのです。著名FPで投資家の頼藤太希氏と高山一恵氏が、銀行口座を使いこなし、どんどん貯金を殖やすテクニックを解説します。

銀行口座の持ちすぎに潜む「3つの危険」

銀行口座をたくさん持っている方は要注意。そこには3つの危険が潜んでいます。

 

まず、不正利用される可能性があることです。2020年の「ドコモ口座」の不正利用事件は、何者かが不正に取得した銀行口座の情報を悪用したことで発生しました。つまり、銀行口座を不用意に持っていることで、不正の標的になる可能性があるのです。

 

次に、口座に手数料がかかる可能性があること。2021年、大手銀行を中心に「口座維持手数料」「通帳発行手数料」の導入が相次ぎました。知らない間に手数料が請求されるかもしれません。

 

さらに、「休眠預金」になる可能性もあります。休眠預金は、10年間取引のない銀行預金のこと。休眠預金となった場合は、お金が公益事業などに活用される可能性があります。休眠預金となったあとも、手続きをすれば返金されますが、返金の手間や時間がかかってしまいます。

 

もし銀行口座をたくさん持っているならば、2つは残して、あとは解約することをおすすめします。

 

 

 

 10秒チェック! 

 

銀行口座を持ちすぎると管理が行き届かなくなり、不正利用される原因になります。さらに口座維持手数料、通帳発行手数料を取られる可能性もあります。

 

 

頼藤 太希
株式会社 Money & You 代表

高山 一恵
株式会社 Money & You 取締役

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本記事は『1日1分読むだけで身につく お金大全100』(自由国民社)より抜粋・再編集したものです。

    1日1分読むだけで身につく お金大全100

    1日1分読むだけで身につく お金大全100

    頼藤 太希 高山 一恵

    自由国民社

    著書累計70万部突破の著者が教える、お金にまつわる教養が盛りだくさん!貯め方、増やし方、節約の仕方をわかりやすく解説します。 忙しい人も、お金のことがわからなくて不安な人も1日1分読めば、お金の知識がしっかりと身…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ