相続税・贈与税の一体化…今後の見通しと、いま富裕層が取るべき対策【税理士の解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

税制改正が話題になるたびに騒がれるのは「相続税と贈与税の一体化」。それはいつになるのか、実際に一体化されたらどうすべきか……報道は過熱する一方で、不安ばかりが増すという人も多いのではないでしょうか。実際に「相続税」と「贈与税」はどうなっていくのか、それに対して富裕層はどうすればいいのか、相続・事業承継専門の税理士法人ブライト相続の戸﨑貴之税理士が解説します。

【関連記事】相次ぐ課税強化に疑問…政府が狙うのは本当に富裕層なのか?

相続税と贈与税の一体化…報道は過熱するが

2021年12月10日に、令和4年度税制改正大綱が発表されました。

 

ちょうど1年前、令和3年度の税制改正大綱において、資産の早期の世代間移転の促進、富裕層による租税回避の防止などを考慮し、諸外国の税制を参考にして、現行の相続時精算課税制度と暦年課税制度のあり方を見直すなど、相続税と贈与税の一体化について『本格的』に検討を進めていくという内容の記載がありました。

 

この内容を受け、様々なメディアや専門家の間で、「近いうちに相続税と贈与税が一体化されるのではないか」、「暦年贈与が廃止される」、「駆け込みで暦年贈与をすべきだ」という内容が取り沙汰されました。

 

かくいう筆者も、週刊誌の記者の方や、相続税の節税をご検討されている方から贈与の改正についてはたくさん多くのお問い合わせやご質問をいただいていました。

 

メディア媒体での報道が過熱する一方、筆者の方では、財務省主税局の方からの情報もキャッチしておりました。一体課税については、昨年の状況から進展していないといっており、資産税関係の改正事項では目玉的なものはない、財務省や与党議員へのヒアリングが詳しくされていないまま報道が過熱している状況に疑問を抱いていたそうです。

「本格的に検討する」という表現に変更はなし

令和3年度の税制改正大綱、令和4年度の税制改正大綱のいずれにおいても、相続税と贈与税の一体課税を本格的に検討していくという表現自体に変更はありませんでした。

 

表現自体に変更がないという状況ですが、今後に向けて相続税・贈与税の一体化は今後どうなっていくのでしょうか。

 

贈与税、特に、暦年贈与というものは、相続税の節税対策のうち、最も手軽に行うことのできる対策の1つとなります。そのため、この制度自体を大きく変更してしまうことは、影響を受ける人が非常に大きいため、その分反発を大きく受けてしまうことが考えられます。

 

また、現行における相続発生前の相続人に対する3年内贈与の足し戻しというルールを仮に、諸外国を参考にして延長するとした場合を考えてみましょう。その年数を5年~15年に変更して延長するとした場合、相続税の申告義務が生じる分において、その期間分の被相続人・相続人の過去の預金の流れを全て把握しなくてはいけません。過去の贈与も相続財産に取り込まれるため、実質的には増税となります。

 

そのため、申告義務者も当然増えますし、その調査の労力も増えることになります。税理士や納税者の方にとっても申告の事務負担は生じますが、それは税務署側にとっても同じことが言えます。税務署側の調査コスト・徴税コストが莫大に増えてしまいますが、それに伴って税務署側の職員が大幅に増えるということはないため、税務署側体制も整える必要があります。

 

上記の通り、感情面での国民の反発や、徴税コストを考えますと、大幅な改正が一度に行われるという可能性は低いと考えられます。ただし、足し戻し期間の年数を3年から5年に延長することや、暦年贈与の非課税金額を縮小するような影響が少ない改正であれば段階的に導入される可能性があるのではないでしょうか。

 

いずれにせよ増税傾向という姿勢に変更はないと考えられます。

税理士法人ブライト相続 税理士

群馬県太田市出身。2011年、税理士法人レガシィ入社。300件超の相続税申告、相続税還付、意見聴取・税務調査対応、譲渡所得税申告、相続顧問、遺言書作成、家族信託その他対策コンサルティング業務など、数多くの資産税関連業務に従事。2019年、税理士法人ブライト相続入社。

著者紹介

連載実例で解説!相続専門税理士が教える「あなたに合った」相続対策

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧