院長先生が「奥様をタダ働きさせてはいけない」ワケ【クリニック専門税理士の実録】 (※写真はイメージです/PIXTA)

クリニック経営を成功させるには、どうすればよいのでしょうか? 「スタッフはちょっと多めの人数で経営しましょう」「奥様への給料はきちんと払ったほうがいいですよ」…クリニック専門税理士法人を運営する鶴田幸之氏が、顧問先でこれらのアドバイスを送るのは、かつて筆者自身が失敗・苦労を経て得た「気づき」があるからです。同じ「経営者側」として、これから開業を考えている医師や、開業からまだ数年という医師、その奥様方に向けて、経営成功のポイントを解説します。

【関連記事】歯科医院は「スリッパをやめる」だけでも患者が増える

スタッフの「採用の仕方、育て方」がわからず…

■「いい人を採用する」「採用したら育てる」という考えがなかった

開業後、試行錯誤を重ねて私の税理士事務所はお客様が順調に増えていきました。お客様が増えてくると、事務作業はどんどん増えていきます。そうすると、スタッフを増やさないといけません。

 

そこでハローワークで税理士事務所の経験者を募集したところ、Fさん(仮名)が面接に来られました。当時の私は採用面接のやり方もよくわかっておらず、履歴書を見ながら15分程度Fさんと他愛もない雑談をしただけで、その場で内定を出し、さっそく次の日から出勤してもらうことにしました。

 

今思い返すと私は面接をする前に、内定を出すことを決めていたような気がします。当時の私はお客様を増やすことに意識の大半が集中していて、採用面接は、とても面倒臭い仕事だと感じていたのです。「いい人を採用する」という考えも、当時の私にはほとんどありませんでした。チームワークを高めてみんなで力を合わせて仕事をするという考え自体もなく、悪く言えば「スタッフは誰でもよい」と考えていたのかもしれません。また、給料を払えば、スタッフはきちんと働いてくれるものだと信じ込んでいました。また採用したスタッフを育成するという考えもありませんでした。

 

今では「スタッフを採用したら、きちんと育成を考えましょう」とお客様にアドバイスしていますが、当時私が同じことを誰かに言われたら、「え、なんで? 私が給料を払ってるのに、さらに育ててあげなきゃいけないの? 自分の力で育ってよ!」と思ったでしょう。

 

3ヵ月後、Fさんは妊娠したということで事務所を辞めていきました。「おめでた」なわけですから祝福して送り出したものの、Fさんには、その後いくら電話をかけても出てもらえず、実は十数年経った今でも音信不通です。たぶん本音では、私や職場の仲間にかなり不満があったのだと思います。妊娠を機に私たちと縁を切りたかったのだろうと思います。

 

■その後も「短期間で辞めていくスタッフ」が続出…事務所内の雰囲気も悪化

その後、Kさん(仮名)、元税理士受験生のTさん(仮名)やOさん(仮名)も採用したのですが、ことごとく3ヵ月~1年の短期間で辞めていってしまい、いずれも長続きしませんでした。

 

多くのスタッフが辞めていくということは、何かしら私や事務所スタッフに不満を持っているわけですから、いつも事務所内に嫌な空気が漂っており、狭い空間の中でスタッフ同士のいがみ合いが続いていました。

 

「〇〇さんが、こんなこと言ってきたんです! 注意して下さい!」

「いえ、XXさんこそひどいんです!」

 

 

毎日スタッフが目を吊り上げて、同じ職場の仲間なのに、お互いの欠点を私に訴えてきます。

 

スタッフのいがみ合いがどんどんひどくなり、ウンザリしていました。次第に私は事務所に顔を出すのが億劫になっていきました。

 

今思えば、お客様がどんどん増えていく局面で、「人手不足に陥り採用をする」「仕事さえできれば性格はあまりこだわらない」という私の採用のスタンスは間違いでした。

 

「忙しくなったから採用」「欠員が出たから採用」というやり方をとり続けると、価値観がバラバラの人たちが集まる烏合の衆となってしまい、何かのトラブルをきっかけに、いつかは組織が崩壊します。欠員補充をするのではなく、「プラス1名」の採用を心がけていただきたいと思います。

メディカルサポート税理士法人 代表
税理士 

1968年生まれ。早稲田大学社会科学部卒。

福岡の大手会計事務所の医療機関専門の税務スタッフとして5年勤務の後、2008年医院専門の税理士事務所を開業。妻が2019年の税理士試験に合格し、現在税理士二人態勢となる。

2021年2月にメディカルサポート税理士法人に組織変更。顧問先医院から最近受けた相談を紹介する「メルマガで学ぶ医業経営のポイント」
およびYouTube「医院経営の教科書」も配信中。

【メディカルサポート税理士法人HP( http://tsuruda-tax.com/)】

著者紹介

連載成功する開業医~クリニック専門税理士が見た、評判の良い「院長夫人」の法則

※本連載は、鶴田幸之氏の著書『成功する開業医』(中央経済社)より一部を抜粋・再編集したものです。

成功する開業医 院長夫人、あなたが期待されていること

成功する開業医 院長夫人、あなたが期待されていること

鶴田 幸之(著)
茂垣 志乙里(イラスト)

中央経済社

医院経営で一番のキーマンは院長先生ですが、二番目のキーマンは院長夫人です。 「院長夫人の医院への関わり方で医院の業績は大きく変わる」…20年間にわたり医院経営に携わってきた税理士による、“院長夫人のための”医院…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧