(※画像はイメージです/PIXTA)

「宿泊契約」は、だれもが一度は締結したことがあるはずです…と申し上げると「そんな契約、交わした記憶がない…」と首をかしげる方がいるかもしれません。しかし、ホテルや旅館に宿泊する際、法的に必ず発生する契約です。今回は、宿泊契約について弁護士が解説します。※本記事は、弁護士法人横浜パートナー法律事務所の佐山洸二郎氏が「宿泊契約」について語った動画を書き起こしたものです。

「宿泊契約」は、みんな締結した経験があるはず!

皆さんこんにちは。ホテル・旅館業を専門的に取り扱っている弁護士の佐山洸二郎と申します。よろしくお願い申し上げます。

 

今回は、「宿泊契約」というお話をさせて頂ければと思います。

 

「宿泊契約」という言葉を使うと、いかにもお堅いというか、「そんな契約いつしているのか」というイメージになってしまうと思うんですけれども、実はですね、これは今ご覧になっている皆様方も必ず「締結したことのある契約」になります。

 

続きは【動画】へ↓

 

<今回のトピック>
●宿泊契約とは?
●宿泊契約が成立するタイミングは?
●宿泊契約が成立するとどうなる?①
●宿泊契約が成立するとどうなる?②
●まとめ

 

【誰もが1度は締結している「宿泊契約」とは?/弁護士が解説】

 

佐山 洸二郎
弁護士法人横浜パートナー法律事務所 

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ