フィリピン「オミクロン株初確認」もマーケットは回復基調続く 写真:PIXTA

世界でオミクロン株の感染が広がっていますが、重症化リスクが低いのではないか、という観測から、株式市場にはそれほど影響が出ていないようです。それはオミクロン株が初確認されたフィリピンでも同様。一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏によるレポートです。

【関連記事】フィリピンにも「リベンジ消費」到来…上昇の波に乗る注目銘柄

オミクロン株初確認もマーケットは楽観視か

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

フィリピン株式総合指数は、12月15日の終値で7241.99となり、1日のコロナ感染者数が150人程度で、回復基調にありました。オミクロン変異株の実態の全容が未だ解明されていないものの、重症化リスクが小さいであろうという認識の元、世界の株式市場は、再び上昇基調に戻りつつあります。

 

フィリピンでは、15日にオミクロン株に2人が感染したと発表があったものの、コロナ感染者数も100人台まで大幅に下がってきましたので、フィリピン最大の消費シーズンであるクリスマス商戦が活性化しそうな様相を呈しています。クリスマス商戦で賑わうショッピングモールは、コロナ前の80%程度まで回復してきているようです。

 

また、アメリカのハイパーインフレが発表され、FRBのテーパリングの加速化とその後の速やかな利上げも市場が織り込まれつつある状況です。ただ、全体的にまだ不確定要素がありますので、世界中の各種情報を敏感に捉えながら、それらがフィリピン経済やマーケットに与える影響をウォッチしていく必要があるでしょう。

消費回復傾向で電力供給量が増加

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

このような環境下、注目の銘柄をみていきましょう。。最初に発電セクターを見てみます。フィリピンの平均電力価格は、天然ガス発電所が再稼働し、供給量が増加したため、前月の6.51/kWhから5.17/kWhに低下しています。12月のスポット市場の電力価格は、季節的に需要が減少するため、さらにP5.00/kWh程度まで下がると予想されています。発電大手「アボイティスパワー社(AP)」の株価が11月初旬の高値P34.00から直近の安値P29.15まで下落したのは、これが引き金になったと考えられています。

 

直近の電力価格は下がっているものの、5年間の平均である P3.92/kWhを大幅に上回っている状態が続いていますので、長期展望としては、「AP社」の収益の下支えになると考えられています。

 

「AP社」は、2022年のPERが10.6倍、2023年のPERが9.4倍となっており、競合他社である「アヤラエナジー(ACEN)社」の2022年のPERが46.5倍、2023年のPERが33.2倍と比較して、かなり割安水準と言えます。一方、もう一つの競合である「ファーストジェン(FGEN)社」の2022年PER6.6倍、2023年PERが5.7倍よりは若干高い状態です。

 

しかし、「AP社」の収入と収益は、マレーシア企業を買収した「ACEN社」よりもはるかに予測可能と考えられます。また、「FGEN社」に対する割高感は、APの過去の平均配当利回りが3.8%と高いことに起因すると思われます。APの過去5年間の平均配当利回りは3.8%で、FGENの平均配当利回りは2.1%です。

 

「AP社」は同業他社と比べて安いだけでなく、同社の過去10年のPERと比較しても割安水準で、36.40ペソ 程度まで上昇余地がありそうです。

 

\\1/26開催//
カンボジア「中所得者向け戸建て」投資買戻保証付き「安心・安全」の投資案件
キャピタルゲイン1.5~2倍がターゲット

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧