インテリアデザインのプロが解説「子どもがいつでも戻れる実家づくり」のノウハウ

コロナ禍、「おうち時間」の増加で家具や家電など、インテリアにこだわる人は増加傾向にありますが、「家族全員がくつろげる住まい」作りの真髄はどこにあるのでしょうか。本記事では、ライフスタイルショップ「SEMPRE DESIGN」代表取締役会長である田村昌紀氏が、理想的で豊かなライフスタイルについて紹介していきます。

【関連記事】築29年のボロ3DK「妙な臭いがします。」リノベで大変貌の謎

「ダイニングテーブル」と「仕事用の机」のある共通項

ダイニングテーブルと仕事用の大きな机には、ある共通項がある。それは、使う人数と大きさとのバランスだ。大きすぎても会話が成り立たないし、小さすぎると腕がぶつかって居心地が良くない。

 

家族4人で食事をしていた時期は、オーバル型のダイニングテーブルを使っていた。数年前に家内を見送り、子どもたちも独立した今、日常的な食事をするときにはキッチンに置いた丸テーブルで軽く済ませている。

 

ゲストがきたときはリビングルームのオーバルテーブルに案内するが、これは機能性を優先するというよりも、日常にメリハリをつけたいからそうしている。

 

丸いダイニングテーブルというのは、あまり一般的ではないかもしれない。たいていは長方形か正方形だし、皆、そのほうが空間におさめやすいと思っている。しかし僕はあえて、オーバル型のテーブルを強くすすめたい。

 

最近の家庭は仕事部屋や子ども部屋をつくるよりも、食事をするところで勉強したり、仕事をしながら家事をしたり、といった「ながら仕事」が増えていると聞く。そんなとき、スペースに少しゆとりのある丸テーブルが使いやすい。

 

人間は、60cmの間口さえあれば動きが妨げられず、快適に過ごせる。例えば喫茶店の席を思い出してほしい。テーブルも座席も、一人分は幅60cmになっている。古い喫茶店で見かける角テーブルは理にかなっているというわけだ。ただ、人数が増えるとやっかいだ。例えば三人だと幅180cm必要で、幅を狭めると肘と肘とがつっかえ始める。

 

丸いテーブルだと、互いの肘が逃げて、ゆったりと食事できる。しかも丸いテーブルやオーバル型なら角がないので、席をつめあえば六人でも八人でも入れる。料理や空間をシェアすることで、関係性にやさしさが生まれる。その気配が僕は好きだ。

 

ひとつのテーブルをシェアしあって、目と目を見交わしながら食事する。家族の気配を感じながら、おのおのの仕事をする。そんなとき、喜びが心のなかに満ちてくる。

 

\\2/10開催//
令和4年度税制改正を徹底解説!「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
経営者・企業オーナーのための「節税対策」2022 

ライフスタイルショップ「SEMPRE DESIGN」 代表取締役会長

武蔵野美術大学工業デザイン科を卒業後、より良い暮らしの提案ができるようになりたいと日本ベッド製造株式会社で3年間勤め、その後渡米してミシガン州クランブルックアカデミー・オブ・アートに留学。帰国後は田村デザイン事務所を設立し、ドイツの家具メーカーHUKLAの日本進出をサポートする。
そのほかにも、株式会社丸井グループのオリジナルインテリア商品と店舗開発や、株式会社ゼロファーストデザイングループを3人の仲間と興すなど、インテリアコーディネートや家具、室内装飾品の市場調査、開発企画、コンサルティング業務に携わってきた。2002年からは全国の人に暮らしを提案するため独自のネットショップ「SEMPRE.JP」をスタート。今なおファンを増やし続けている。
現在は東京の池尻大橋に本店を構え、世界中からセレクトしたものを扱う。選りすぐりのなかから、生活者がその人らしくいられる空間を提案している。

著者紹介

連載本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし

本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし

本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし

田村 昌紀

幻冬舎メディアコンサルティング

25年間、世界中の美しいデザインを追求し、「SEMPRE DESIGN」の田村氏が辿り着いた、長年にわたって愛用できるものに囲まれて過ごす、理想的で豊かなライフスタイルの真髄。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧