首都圏・駅前・超一等地に広がる「大規模空き地」のナゾを探る (※写真はイメージです/PIXTA)

「駅前なのに、まだ空き地のままになっている…」と気になった場所はありませんか? じつは都内近郊には、そんな土地が何ヵ所かあるのです。駅前の一等地が放置されている理由を調べると、それぞれにやむを得ない事情がありました。ここでは、千葉県船橋市「南船橋」駅、東京都港区「高輪ゲートウェイ」駅、足立区「綾瀬」駅の駅前大規模空き地のナゾについて調べてみました。

【関連記事】全財産が吹き飛び、返しきれない負債まで…「1Rマンション・一棟アパート投資」失敗の恐怖

【土地所有者・船橋市の開発待ち】「南船橋」駅南口

 

千葉県船橋市のJR京葉線「南船橋」駅前に広大な空き地があります。かなり長い間放置されたままになっており、空き地の隣にある「IKEA-TOKYO BAY」へ買物に行くたび気になっていました。

 

この空き地に隣接してUR都市機構の若松二丁目団地があるので、「URの敷地なのかな?  いずれ新しい団地が建つ?」と思っていましたが、そうではありません。この空き地は「浜町2丁目市有地」という名称で、船橋市の所有地です。総面積は約4,000㎡で、駅南口から海浜幕張駅方面に向かって横長に伸びています。

 

南船橋駅がある船橋市浜町は、かつて東洋一の大温泉娯楽場と謳われた「船橋ヘルスセンター」があった場所として知られます。広大な敷地内では、温泉・遊園地・劇場・ボウリング場・アイススケート場・プールのほか、海辺での海水浴、遊覧船観光なども楽しめたようです。

 

同施設が1977年に閉園した後、この地は「ららぽーと船橋ショッピングセンター(現ららぽーとTOKYO-BAY)」や「スキードームザウス(2002年閉鎖)」、そしてIKEA-TOKYO BAYへと受け継がれていきました。

 

船橋ヘルスセンター時代、徒歩圏には京成本線「船橋競馬場(当時の駅名はセンター競馬場前)」駅しかなく、京葉線および南船橋駅が開業したのは1986年のことです。駅前に現存する商業施設はららぽーとTOKYO-BAYやIKEA-TOKYO BAYなど、そして「ワンダーベイシティサザン(総戸数1,211戸)」や「東京ベイスクエアプリズム・ミッテ(総戸数358戸)」といった大規模分譲マンションも続々建ち上がっています。

 

船橋市では「JR南船橋駅南口市有地活用事業」と銘打って、浜町2丁目市有地の活用事業をはじめようとしています。

 

横長に広がる土地をA~Eの5つの街区に分け、A・C街区は店舗併用の分譲住宅、駅出入口に近いB街区は芝生の広場や東屋、物販・飲食などの商業施設、そしてUR若松二丁目団地や新たに建設される分譲マンションなど住宅エリアにつながる通路を整備する予定です。さらに、D街区は地域のインフォメーションセンターやコミュニティスペース、E街区は市営福祉施設等の建設が予定されています。

 

かつて温泉レジャータウンとして賑わった時代と比べると、今の南船橋駅前は若干寂しい印象があります。南口開発を機に往年の賑わいが戻ることを期待したいところです。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

    https://lifeplan-navi.com/

    著者紹介

    連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

    ※本連載は、『ライフプランnavi』の記事を抜粋、一部改変したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ