「消えるボールペン」で書かれた遺言書…有効?それとも無効?【司法書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

高齢の母が亡くなり、実家を整理していたところ、母が書いた遺言書が見つかりました。印鑑や日付など遺言書として必要な要素はそろっていたのですが、その本文は「消えるボールペン」で書かれていました。果たしてこの遺言書は有効なのでしょうか。多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が、実例をもとにわかりやすく解説します。

【関連記事】孤独死した兄のマンション、転がり込んだ弟も孤独死…相続登記の放置が招いた「解決困難な問題」

「消えるボールペン」で書かれていた遺言書

今回の相談者は、50代の会社員の鈴木さんです。高齢の母親が亡くなったあと、実家の仏壇を整理していたところ、母親が書いた遺言書が見つかったそうです。

 

「先日、片付けのために実家に寄ったんです。仏間を掃除していて、なんとなく仏壇の引き出しを開けたら、お数珠の下に見慣れない封筒があって。中を見たら、一回り小さい封書に、母の字で『遺言書』と…」

 

しかし、遺言書を手に取った鈴木さんはハッとしました。なぜなら、個性的な明るい紺色のインクは、鈴木さんが以前、母親に譲ったボールペンのものだったからです。

 

「お母さんの好きな色でしょ? しかもね、このボールペン、こすると消えるのよ!」

「あらー、それは便利! ありがとう」

 

鈴木さんの母親が残した遺言書は、いわゆる「消えるボールペン」で書かれたものでした。

 

「先生、消えるボールペンで書かれた遺言書は、やっぱり無効ですよね…?」

遺言書の作成において、筆記用具の指定はない

結論からいえば、家庭裁判所で検認を経れば、有効な遺言となります。

 

法律上、遺言を書く筆記具に指定があるわけではないため、消えるボールペンでも、家庭裁判所での検認の手続きを経れば有効となるのです。

 

しかし、こすれば(熱を加えれば)消えてしまう可能性があるわけですから、早急に検認の手続きを申し立てる必要があるでしょう。

 

鉛筆などの「文字が消えるもの」は、内容を改ざんされるリスクがあるため、これから遺言を作成する方は、使用を避けるべきです。また、今回のような消えるボールペンは、その性質から長期保管には適しません。鉛筆同様、遺言書作成への利用は絶対にしないでください。

 

※本件は業務上の経験と個人的な見解とに基づき記載しておりますので、内容の正確性、法的整合性等ついては一切の保証をできかねます。各相続のケースでは各専門家の指導の下、個別具体的な判断お願い致します。

 

近藤 崇
司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

司法書士法人近藤事務所ウェブサイト:http://www.yokohama-isan.com/
孤独死110番:http://www.yokohama-isan.com/kodokushi

横浜市出身。横浜国立大学経営学部卒業。平成26年横浜市で司法書士事務所開設。平成30年に司法書士法人近藤事務所に法人化。

取扱い業務は相続全般、ベンチャー企業の商業登記法務など。相続分野では「孤独死」や「独居死」などで、空き家となってしまう不動産の取扱いが年々増加している事から「孤独死110番」を開設し、相談にあたっている。

著者紹介

連載現場第一主義の司法書士がレクチャーする「相続まめ知識」

本記事は、司法書士法人 近藤事務所が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ