父のパソコンに保存されていた「遺言書」…本体ごと専門家の事務所に持ち込んだが【司法書士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

数ヵ月前に亡くなった父親の遺品整理をしていると、愛用のパソコンのなかに遺言書のファイルを発見。果たして有効なのでしょうか。多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が、実例をもとにわかりやすく解説します。

【関連記事】孤独死した兄のマンション、転がり込んだ弟も孤独死…相続登記の放置が招いた「解決困難な問題」

元経理マンの父、Wordファイルに緻密な遺言書を残す

今回の相談者は50代男性の遠藤さんです。数ヵ月前に亡くなった父親の遺品を整理していたところ、遺言書を発見したそうです。

 

「父の遺言書は、父愛用のパソコンの中にWordファイルとして保存されていました。経理畑の長かった父らしく、すごく几帳面に記されていて、最後には残された家族ひとりひとりへの感謝の言葉もつづられていました。寡黙で不器用な父が、こんなにも家族を思っていたのかと考えると、もう…」

 

こぶしで涙をぬぐう遠藤さん。

 

以前、遺言書にもパソコンが利用できるようになったとの話を聞いた記憶があったことから、今回発見した父親の遺言書も有効なものと信じ込んでいました。ところが、知り合いにそれを話したところ「本当に大丈夫なの?」といぶかしがられ、不安になったそうです。

 

「パソコンを利用した自筆証書遺言の作成が有効になったと聞いたのですが、先生のところで、この遺言書をもとに相続登記してもらうことは可能ですか?」

 

遠藤さんは、父親の書斎から持ち出したという古めかしいノートパソコンを、筆者の事務所の机にドーンと置きました。

パソコンによる作成が認められるのは「財産目録」のみ

残念ですが、パソコンで作成した遺言書は無効と考えられます。

 

2019年1月施行の法改正により、パソコンや登記簿謄本などの添付により遺言を作成することが認められましたが、それは「財産目録」についてのみとなります。

 

自筆証書遺言書の本文は、自筆によるものでなければ、残念ながら遺言書全体が無効となってしまいます。

 

そのように告げると、遠藤さんはがっくりと肩を落とし、大きなノートパソコンをカバンにしまうと静かにお帰りになりました。

 

※本件業務上の経験と個人的な見解とに基づき記載しておりますので、内容の正確性、法的整合性等ついては一切の保証をできかねます。各相続のケースでは各専門家の指導の下、個別具体的な判断お願い致します。

 

 

近藤 崇
司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

司法書士法人近藤事務所 代表司法書士

司法書士法人近藤事務所ウェブサイト:http://www.yokohama-isan.com/
孤独死110番:http://www.yokohama-isan.com/kodokushi

横浜市出身。横浜国立大学経営学部卒業。平成26年横浜市で司法書士事務所開設。平成30年に司法書士法人近藤事務所に法人化。

取扱い業務は相続全般、ベンチャー企業の商業登記法務など。相続分野では「孤独死」や「独居死」などで、空き家となってしまう不動産の取扱いが年々増加している事から「孤独死110番」を開設し、相談にあたっている。

著者紹介

連載現場第一主義の司法書士がレクチャーする「相続まめ知識」

本記事は、司法書士法人 近藤事務所が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ