11月FOMCで話題となりそうなこと (※写真はイメージです/PIXTA)

11月2-3日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催予定です。FOMC参加者が発言を控える(ブラックアウト)期間を前に、主なコメントを振り返るとテーパリングについては年内開始がコンセンサスとなっています。一方、利上げ時期についてはインフレ見通しの違いなどを反映してバラツキが見られます。さらに、FOMCと市場のインフレ見通しにもズレがあるようです。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報・ヘッドラインを転載したものです。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

FOMC:11月FOMCを前に当局からのコメントに注目が集まる

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は2021年10月22日、南アフリカ準備銀行(中央銀行)主催のパネル討論会で、資産購入のテーパリング(段階的縮小)開始へと順調に向かっていると述べました。また経済が概ね想定通りに展開すれば、22年半ばまでにテーパリングは完了する見通しだと従来の見解を繰り返しました(図表1参照)。

 

出所:各種報道等を参考にピクテ投信投資顧問作成
[図表1]FOMC参加者の21年10月の主なコメント 出所:各種報道等を参考にピクテ投信投資顧問作成

 

インフレ見通しについては従来の想定より長期に及ぶ可能性が高く、来年もしばらく続きそうだと指摘しました。その上で、供給面の制約の改善、雇用の伸びの加速(労働不足の解消)に伴い、インフレ率は低下するとも述べています。

どこに注目すべきか:FOMC、インフレ見通し、期待インフレ、利回り

11月2-3日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催予定です。FOMC参加者が発言を控える(ブラックアウト)期間を前に、主なコメントを振り返るとテーパリングについては年内開始がコンセンサスとなっています。一方、利上げ時期についてはインフレ見通しの違いなどを反映してバラツキが見られます。さらに、FOMCと市場のインフレ見通しにもズレがあるようです。

 

まず、債券購入政策の縮小となるテーパリングについては11月のFOMCで開始決定が見込まれます。開始なのか、それとも告知なのかの違いは誤差の範囲と思われます。ただテーパリングの終了時期については、タカ派(金融引締めを選考)のセントルイス連銀ブラード総裁など一部が早期終了を求めています。もっとも大半のFOMC参加者はテーパリングの来年半ばでの終了を支持していると見られます。

 

反対に、FOMC参加者の間で見方が分かれるのは利上げ時期です。11月FOMC以降の最大の注目点と見られます。利上げについてFOMC参加者の認識の違いが際立つのは、利上げ開始時期などです。一つの目安は22年末までの利上げ開始を想定するか、それとも23年以降かにより大別されます(24年を想定する参加者は外れ値)。もっとも、足元では22年に複数回の利上げを示唆するなど利上げに傾く参加者の声が強まっているようです。また「22年末か、23年開始を想定」する参加者も見られますが、恐らく当初の23年開始支持に迷いが生じたものと見られます。

 

この背景としてインフレ懸念の高まりがあげられます。市場のインフレ予想を反映する期待インフレ率は足元上昇傾向です(図表2参照)。FOMC参加者の最近の発言でも、期待インフレ率上昇の放置はリスクとの考えが伺えます。

 

日次、期間:2020年10月22日~2021年10月22日 出所:ブルームバーグのデータを使用してピクテ投信投資顧問作成
[図表2]米国の2年国債利回りと期待インフレ率の推移 日次、期間:2020年10月22日~2021年10月22日
出所:ブルームバーグのデータを使用してピクテ投信投資顧問作成

 

なお、パウエル議長などFOMCの執行部は足元のインフレ率上昇は一過性との姿勢を維持していますが、本当にインフレ懸念がないのか、この数ヵ月の物価動向などが判断の分かれ目と考えるFOMC参加者が大半となっています。

 

一方、市場の認識とはズレがあり政策金利の見通しを反映して2年国債利回りは急上昇しています。市場が織り込む来年の利上げ回数を先物価格やスワップレートなどから判断すると既に来年末まで2回分の利上げを織り込んでいます。利上げはまだ先の話しながら、FOMC内、もしくはFOMCと市場にズレが見られます。この認識の相違はほぼインフレに対する見方だけに今後数ヵ月のインフレ動向が重要となりそうです。

 

 

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『11月FOMCで話題となりそうなこと』を参照)。

 

(2021年10月25日)

 

梅澤 利文

ピクテ投信投資顧問株式会社

運用・商品本部投資戦略部 ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【8/20開催】フランス旧貴族だけが知っている!「ワイン投資」の秘密に迫る

 

【8/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【8/21開催】米ドルで投資可能!「モンゴル」不動産の最新事情

 

【8/23開催】沖縄、横田、三沢基地...「米軍住宅」マーケット動向と投資の進め方

 

【8/24開催】複雑で失敗事例も多い「相続放棄」/手続きの進め方など解説

 

【8/25開催】相続税の税務調査の実態と対処方法

 

【8/26開催】「全額損金タイプ」はまだ使える!?「法人向け保険」の最新活用術

ピクテ・ジャパン株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・ヘッドライン

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ