フィリピン、経済再開に向け始動…いま、上値が狙える割安株 写真:PIXTA

行動制限解除の動きが活発化している日本。フィリピンでも同様の動きが見られ、株式市場も回復基調がより鮮明になっています。そんなフィリピンで注目される割安株を一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターである家村均氏がレポートします。

【関連記事】国債格付A-を獲得!なぜ世界は「フィリピン」に注目するのか?

米国大手ファンドが出資するフィリピン・電力会社

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

フィリピン株総合指数は堅調な動きとなって、7300を伺う展開になっています。この7300の抵抗線を突破すれば、7600から7800まで上がる可能性が出てきます。7300を突破しない場合は、7100か7000がサポートラインになりそうです。

 

マニラ首都圏での行動規制レベルが緩和されました。これによって、レストランの稼働率が上がり、映画館やカジノでは30%の稼働率となっています。また、航空会社にとっても、観光客が増え、フィリピン国内の旅行が増加します。

 

そんな中、コロナ後を見据えて、これからさらなる上値を狙える割安株・銘柄を見ていきます。また、株価に大きな影響を与える海外ファンドの動きも合わせて見ていきます。

 

最初に「ファーストジェン(FGEN)」です。アメリカの大手ファンド「KKR」が出資したことで、注目されている会社です。同ファンドは2回に分けて出資し、現在18%程度の出資比率まで上がってきました。電力会社へ外資の出資比率上限は40%です。このような世界的な大手ファンドが、フィリピンのエネルギーセクターを有望とみているという証左になります。

 

同社は発電会社で、55%が天然ガスで残りを地熱などの再生可能エネルギーを活用しています。フィリピンは慢性的に電力不足ですし、今後長期的に人口も経済規模も拡大していきますので、有望なセクターです。

 

「KKR」の参入で注目を集めている一方、株式流動性ルールにより、同社は最近フィリピン株インデックスから抜けた関係で、機関投資家の売りが入り、株価が割安になっています。「ABキャピタル証券」のターゲットプライスに対して、30%程度割安な水準となっています。バリュエーション的にも、PER6.7、PBR0.6と割安です。

 

「KKR」は、同じくインフラ系の企業「メトロパシフィック(MPI))の病院事業にも出資をしていますので、今後大きな成長が期待できるフィリピンのインフラ関連を一つのターゲットにしているようです。

 

このような大手ファンドの動きは基本的に株価にプラスに働きますが、シンガポールの「ソブリン・ウェルス・ファンド」「GIC」もフィリピンでの投資に積極的です。フィリピン大手銀行「バンク・オブ・フィリピンアイランド(BPI)」の4%程度を所有しています。また、食品加工会社の「センチュリー・パシフィック」やピザチェーンの「シェーキーズ」へも出資しています。

ショッピングモール運営、フィリピン第2位企業

次の割安銘柄として、「Robinsons Land Corporation (RLC)」をみていきます。

 

フィリピンの大手総合不動産開発会社です。ターゲットプライスとの比較では、アップサイドの可能性が40%と大きいです。バリュエーション的にもPER9.5倍、PBR0.7倍と割安です。コロナ前の同社のPBR水準は1.08倍でした。

 

ショッピングモールの運営では、「SM」についで第2位の規模を誇っていて、フィリピン全土で40以上のショッピングモールを展開しています。そして、「SM」のPERが40倍ですので、「RLC」の割安が際立ちます。

 

経済が再開されれば、フィリピンでの最大イベントであるクリスマス商戦で、人々はショッピングモールに戻ってくるでしょうから、大きな反発が期待できるのではないでしょうか。

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧