「中学受験するのは“いい大学”に入るため」が大間違いなワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

高校別東大合格者ランキングを見ると上位を私立・国立中高一貫校で占められています。そのデータを鵜呑みにして、「中学受験をするのは“いい大学”に行くため」と訳知り顔で語る人は、中学受験文化を知らない人だと思って間違いないといいます。それはなぜでしょうか。※本連載は安浪京子氏、おおたとしまさ氏の著書『中学受験の親たちへ 子どもの「最高」を引き出すルール』(大和書房)から一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】中高6年で「東大攻略」は簡単…灘校が実践するスゴい勉強法

難関大学合格が目的なら6年間塾が合理的

高校別東大合格者数ランキングを見ると、上位は私立・国立中高一貫校で占められています。それであたかも、そのような学校に入れば東大を始めとする最難関大学に入りやすいのではないかと、世間一般に思われています。でも、それ、幻想です。「中学受験をするのは“いい大学”に行くため」と言う人は、中学受験文化を知らない人だと思って間違いありません。

 

端的に言います。“いい大学”に行くことを目的にするならば、もっとも効率のいい選択は、中学にも高校にも行かないことです。

 

学校に行かない代わりに、小学校を卒業した春休みからすぐに東大・医学部受験専門塾に通い、そこで与えられる勉強を6年間徹底的にやりこめば、かなりの確率で東大や医学部などのいわゆる最難関大学に合格できるでしょう。塾に通って家でその宿題をやるだけの生活に6年間耐えられればですけれど。

 

そう考えると、大学進学実績で学校を選ぶことがいかにナンセンスかがわかるのではないでしょうか。

 

たしかに東大にバンバン入るような学校に通っていれば、東大を身近なものに感じられるという意味で東大に行ける可能性は高まるかもしれませんが、では、ランキング上位の学校が東大合格のための授業を行っているかというと、むしろまったくそんなことはないんです。開成にせよ筑駒(筑波大学附属駒場中学校)にせよ桜蔭にせよ灘にせよ、大学受験に特化したカリキュラムではありません。

 

ではなぜそのような学校から毎年たくさんの最難関大学合格者が出るのか。にべもないことを言うならば、12歳の時点で学業優秀な生徒を集めることに成功しているからです。

 

そのことを裏付ける言葉があります。「7年現象」という言葉です。ある学校が東大にたくさんの合格者を出すと、その翌年の中学入試では「わが子を東大に入れたい」と思うご家庭の子どもたちがその学校に殺到し、倍率が高まり、入試難易度を表す偏差値が上昇し、実際に優秀な生徒たちが入学し、彼らが卒業する6年後の東大合格者数が増え、またその翌年の中学入試での偏差値が上昇する傾向が見られるのです。やっている教育は変わらないのに、です。

 

そのことから逆にいえば、仮に中学受験の結果、紙一重で最難関中学に合格できなくても、もともと東大合格のポテンシャルのある子どもなら、どんな学校に通うことになろうとその環境を存分にいかせれば、6年後には東大に合格できる可能性はほとんど変わらないはずです。

 

たしかに12歳の時点で開成や桜蔭に合格できる学力があるのなら、高い確率で東大に合格できるポテンシャルをもっていることのベンチマークにはなります。でも、開成や桜蔭が東大に合格させてくれるわけではないのです。そのような学校の先生たちは、もちろん生徒たちの希望を叶えるためには全力サポートしてくれますが、大学受験を目的にして教育しているわけではありませんから。

株式会社アートオブエデュケーション代表取締役
算数教育家
中学受験専門カウンセラー

神戸大学を卒業後、関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当。生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴約20年。きめ細かい算数指導とメンタルフォローをモットーに、毎年多数の合格者を輩出。中学受験、算数、メンタルサポートなどに関するセミナーを開催、算数力をつける独自のメソッドは多数の親子から支持を得ている。「きょうこ先生」として多数のメディアでさまざまな悩みに答えている。著書に『最強の中学受験 「普通の子」が合格する絶対ルール』など多数。

著者紹介

教育ジャーナリスト

1973年、東京都生まれ。麻布中学・高校卒業。東京外国語大学英米語学科中退、上智大学英語学科卒業。リクルートから独立後、数々の育児・教育媒体の企画・編集に関わる。教育現場を丹念に取材し斬新な切り口で考察する筆致に定評があり、執筆活動の傍ら、講演・メディア出演などにも幅広く活躍。中学・高校の英語の教員免許、小学校英語指導者資格をもち、私立小学校の英語の非常勤講師の経験もある。著書は60冊以上。

著者紹介

連載中学受験の2大カリスマが教える「中学受験の真実&新常識」

中学受験の親たちへ 子どもの「最高」を引き出すルール

中学受験の親たちへ 子どもの「最高」を引き出すルール

安浪 京子 おおた としまさ

大和書房

中学受験では、親が子どもをサポートしようと一生懸命になるほど、無意識に子どもと一体化し、中学受験の迷信に縛られて子どもを追い詰めてしまいがちだ。子どもの人生は合格発表の瞬間に終わるわけではない。大人が子どもの受…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!