業務が複雑化する物流…中小企業を救う「データ活用」の重要性 (※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍でネットショッピングの需要が急激に高まった一方、従来のロジスティクス戦略では物流件数の増加・複雑化により、企業体力のある大手とその他中小企業との格差が広がっています。その差を埋めるべく、特に中小企業にとって急務とされるのが「物流効率化」です。物流効率化において必用不可欠な「データ活用」の重要性を、具体的な活用例とともにみていきましょう。

【関連記事】アマゾンの逆襲…「コロナ禍で数値を落とした」最大手の画策

「ロジスティクス戦略」が企業の競争力に直結する

RPAやAIなど最新のデジタル技術を活用して業務の効率化を実現するには、投資が必要です。大企業が物流領域で莫大なIT投資をしていることは、マスコミを通じて報道されています。

 

しかし、思い切ったIT投資が難しい中小企業や小規模事業者においては生産性向上が伸び悩んでおり、デジタル技術を活用した効率化も進んでいません。

 

例えば、中小企業の物流の現場ではまだまだ十分にデータの活用が進んでおらず、依然として紙やメールで情報をやり取りする現場が多いのが実状です。古くからのムダを生み出す商習慣も多く残っており、新たなテクノロジーの活用が進んでいるとは言い難いのです。

 

今後は中小企業における物流領域のデータの利活用によって、人手不足の解消をはじめとした社会問題を解決していかなければなりません。

 

科学技術イノベーションを実現するために内閣府が主導している「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の次期課題として、「スマート物流サービス」というテーマが採択されています。

 

これは、生産から消費までのサプライチェーン全体の生産性を飛躍的に向上させるため、職種、業種の垣根を越えて、生産管理、物流システムを構築し、さらには社会実装までしていこうという取り組みです。

 

現在の物流は、伝統的作業である入庫、在庫、ピッキング、出荷にとどまらず、生産工程の最終仕上げや各種の流通加工も含まれるなど、業務が拡大し、複雑化しています。

 

そのため、データに基づく定量的かつ体系的なシステム思考が求められています。それがなければ、物流センターの企画立案やオペレーションの設定、あるいは実態にふさわしい設備や機器の選定ができません。

 

また、現在のビジネス環境では、先端的なロジスティクス戦略によって顧客サービス面で競争力をつけることが求められています。そのためには、物流・ロジスティクス領域の高度なデータ活用が欠かせません。

 

株式会社オンザリンクス 代表取締役

1975年、広島県生まれ。高校卒業後、自動車部品メーカーに入社。オフィス用品の販売代理店を立ち上げたのち、Windows98の発売を機にプログラミングを独学で学び、ソフトウェア開発に着手。1999年11月、株式会社オンザリンクスの前身となる会社を創業。2008年9月、同社の代表取締役に就任。同社が開発した倉庫管理システムパッケージ「INTER-STOCK」の導入企業は800社を超える(2021年時点)。

現在は物流デジタル化に課題を抱える企業のデジタル化を支援しながら、国内の物流事業者と荷主をデジタルでつなぐ「Jailo(ジャイロ)」プロジェクトを立ち上げ、物流課題の抜本的課題の解決に取り組んでいる。

著者紹介

連載中小製造業の経営者を救う「物流DX」への第1歩

※本連載は、東 聖也氏の著書『WMS(倉庫管理システム)で実現する中小製造業の物流DX』(幻冬舎)より一部を抜粋・再編集したものです。

WMS(倉庫管理システム)で実現する中小製造業の物流DX

WMS(倉庫管理システム)で実現する中小製造業の物流DX

東 聖也

幻冬舎

多くの中小製造業では、倉庫管理や製品を配送する物流工程に課題を残している可能性があります。例えば、多くの倉庫ではいまだ手書きで帳簿をつけたり、エクセルなどで手動で製品の管理を行っています。また、「手配する」「梱…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧