コロナ禍で9割の薬局が売上減…今、薬剤師に求められる「3つのスキル」とは? (※画像はイメージです/PIXTA)

働き方というものは常に時代の流れと共に変化をしている。しかし薬剤師に限っては「新型コロナウイルスをきっかけに大きな変化が訪れた」という言い方が正しいかもしれない。自身も薬剤師でありながら、薬剤師のキャリア開発や転職を支援する株式会社MEDIKLECTの代表取締役を務める柿間隼志氏に、薬剤師の仕事の変化と、その変化に対応するために必要なスキルについて解説してもらった。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

新型コロナウイルスによる薬局の売上減少

新型コロナウイルスの拡大により外出自粛を強く訴えられる世の中になりました。外出自粛に加えて感染の恐れを危惧し、医療機関への立ち入りを躊躇する人々が増えています。その影響で約9割の薬局の売上が減少していると言われています。この状況下、薬局が安定的に収益を上げるためには在宅医療を進めていく必要が出ていきました。

在宅医療の需要は年々拡大している

少子高齢化が進む中で浮き彫りになった課題に「病床数の限界」があります。労働人口の減少により病院数の減少が懸念される中、それでも高齢者の数は増えています。そういった背景からも自宅にいながら医療を受けられる在宅医療のニーズが増えてきました。昨今は在宅医も増え、患者様の中でも「最後は家で過ごしたい」という方も増えています。

 

薬局としては、このニーズの変化に対応をしていかなければ、生き残っていくことは難しいでしょう。

 

また在宅医療を進めていく中で、他業種との連携は欠かせません。特に、医師・看護師・ケアマネージャーとの連携は必須です。そのためには薬剤師としての知識はもちろん、それ以外にも他業種とのコミュニケーションを円滑に図る能力も必要です。在宅医療は患者様の情報を共有してチームで行う必要があるため、そのチーム全体で業務を円滑に進められるスキルが求められるということです。

今求められる薬剤師のスキルと考え方の変化

ひと昔前は薬局を立てれば儲かる時代がありました。しかし度重なる診療報酬の改定により、薬局も工夫をしなければ生き残っていけない時代に突入し、薬剤師として必要なスキルも変わってきています。変わったというよりは「今までよりも求められるスキルが増えた」という表現が正しいでしょう。

 

そのスキルや考え方について筆者が大切だと思うものをご紹介させていただきます。ちなみにコミュニケーション能力が最も重要であることは言うまでもありませんので、コミュニケーション能力に関する部分以外で重要なスキルや考え方を3つ紹介します。

 

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

株式会社MEDIKLECT 代表取締役

1988年千葉県生まれ。新卒でドラッグストアに就職し、薬剤師としてのキャリアをスタートさせる。その後CROに転職して国際共同治験を経験。
2019年、薬剤師のキャリア開発や転職を支援する株式会社MEDIKLECTを設立する。翌年にはフリーランス薬剤師という新しい働き方を提案する「きょうりょく薬剤師」をスタート。
薬剤師としての実体験をベースにしながら、薬剤師のキャリア支援を精力的に展開している。国家資格キャリアコンサルタント有資格者。
展開サービス:きょうりょく薬剤師
https://freelance.pharmacist-career.com/

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧