夫の不倫を知り「相手へ300万円請求」…妻が招いた1つの失敗【弁護士が解説】 ※画像はイメージです

争族、離婚トラブル、労働問題…弁護士事務所には今日も様々な相談が舞い込みます。本連載では、弁護士法人アズバーズ代表の櫻井俊宏氏が、実際に寄せられたトラブル事例を紹介し、具体的な対策を解説します。※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

夫の不倫が判明。相手の女に連絡し、まさかの展開に

「やっぱり…!」

 

最近の夫の様子を不審に思い携帯電話を調べたところ、不倫しているのが明らかにわかるLINEが出てきました。

 

「これは何なの!?」

 

問い詰めると、夫は「すまない、出来心なんだ…。許してくれ…」と素直に認めたので、今回だけは許すことにしました。しかし、相手の女Aに対しては腹の虫がおさまらず、賠償請求を決めたのです。

 

すぐに私の夫(B)からAの携帯電話番号を聞き、直接連絡しました。

 

「…はい。Aです」

 

「あ、もしもし、Aさんですか。突然連絡ごめんなさい。Bの嫁のXです」

 

と自己紹介した途端、いきなり電話を切られました。以降、いくらかけてもつながりません。ついには着信拒否をされたようで、まったく連絡できなくなってしまいました。

 

「許せない! 出ないつもりなら、家に手紙を送りつけるから」と夫にいうと「実は、Aは結婚してるんだ。手紙を送るのはやめてくれよ…」と伝えられました。

 

「え…? じゃあなに、W不倫していたわけ…?」とそこからまた大喧嘩。

 

もう絶対に許せないと思ったので、私は「300万円支払ってください。支払いがない場合は弁護士に依頼します」という内容の手紙をAの家に送りました。

 

すると、まさかの展開に。

 

Aの夫Cが、私の夫Bに対していきなり不倫の損害賠償請求の裁判を起こしてきたのです。内容を見れば、私からの手紙でAの不倫を知ったとのこと。精神的に苦しめられ、離婚したことを訴状に記載して300万円を請求してきました。

 

そこで夫Bと私は裁判に対抗するため弁護士へ相談しに行き、今後どうなるか聞いてみました。

 

「相手の夫婦は離婚しているので、相手の夫Cに離婚という精神的損害を与えたことで200万円ぐらいの賠償が認められることになります」

 

というのが弁護士の答えでした。しかし…。

 

「でも、私も不倫された側です。私が裁判をしたらいくらもらえるのですか」

 

弁護士法人アズバーズ代表
中央大学法実務カウンセル 

交通事故、相続、離婚、労働問題等を多く取り扱っている弁護士法人アズバーズ(新宿・青梅・あきる野・三郷)の代表弁護士。
応援団出身の体育会系弁護士であり、学校法人中央大学の法務全般を担当する法実務カウンセル(インハウスロイヤー)も担当している。

弁護士法人アズバーズ
https://as-birds.com/

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『交通事故、相続トラブル、男女問題…弁護士・櫻井俊宏は見た!』

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!