70代父の遺言「財産はすべて再婚相手へ相続」…最低な後妻の策略だ!裁判で無効にしたい【弁護士が解説】 ※画像はイメージです

争族、離婚トラブル、労働問題…弁護士事務所には今日も様々な相談が舞い込みます。本連載では、弁護士法人アズバーズ代表の櫻井俊宏氏が、実際に寄せられたトラブル事例を紹介し、具体的な対策を解説します。※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

70歳の父が再婚。幸せ願い喜んだのも束の間…

70歳の父が再婚すると言い出しました。

 

父はガンを患い、余命はあと数年と伝えられていました。母はすでに亡くなっています。驚きはしましたが、今後どんな人と過ごすかは父が決めることです。幸せに暮らせるのなら…、兄と私はその旨を伝えました。

 

「おめでとう! どんな人なの? 同じぐらいの年齢?」

「近所の将棋教室で会ったんだ。父さんより20歳以上年下の方だ」

 

(えっ…20歳以上、下!? 私たちと同じくらい!?)

 

驚きはしましたが、後日、その女性Aを父から紹介してもらいました。腰が低くていい人に思えましたので、私たちは一安心しました。

 

それから1年、父とAさんとは節目節目に会っていました。ですが、父はガンの症状が悪くなってきて、入退院を繰り返すようになりました。

 

動くことも難しくなり、在宅介護の日々が続いたそうです。そのころからです、Aさんが変わっていったのは…。

 

「あの人は『体調が悪くて会えない』と言ってます」

「じゃあ電話だけでも代わってください。心配なんです」

「それはちょっと…喋るだけでも大変ですから! あまりしつこく電話しないでください。迷惑です!」

 

連絡するとこの調子です。

 

たまに父と連絡が取れても、父はいきなり怒り出して電話を切る始末です。もしかして、洗脳か何かされているのでは?…兄と私は不安でたまりませんでした。

 

さらに1年ほど経ったのち、父は亡くなりました。この期間、幾度か電話をしたり、訪問したりしましたが、ほとんど父と話すことはできませんでした。

 

なにより辛いのは、私たちは父の葬儀にも呼ばれず、Aにより密葬で済まされてしまったことです。どんな手を使ってでも父の傍にいるべきだったと後悔しています。

 

執筆者登壇!11/4(木)【オンライン開催】
あおり運転被害、タクシー乗車中の事故遭遇…
富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント

弁護士法人アズバーズ代表
中央大学法実務カウンセル 

交通事故、相続、離婚、労働問題等を多く取り扱っている弁護士法人アズバーズ(新宿・青梅・あきる野・三郷)の代表弁護士。
応援団出身の体育会系弁護士であり、学校法人中央大学の法務全般を担当する法実務カウンセル(インハウスロイヤー)も担当している。

弁護士法人アズバーズ
https://as-birds.com/

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『交通事故、相続トラブル、男女問題…弁護士・櫻井俊宏は見た!』

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧