跡継ぎの長男・嫁いだ長女・養子に行った次男…相続人としての立場の差は? (画像はイメージです/PIXTA)

高齢者のなかには家に強いこだわりをもち、「結婚は家を守るためのもの」「養子を取っても家を存続させる」といった価値観の人もいます。「家」を中心とした考え方は、戦後あたりまでは一般的でしたが、現在の相続法とは相当な乖離があることを理解する必要があります。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

結婚して家を出た長女、養子縁組で姓が変わった次男

鈴木Aさんには、長男Xさん、長女Y子さん、次男のZさんがいます。

 

長女のY子さんは、結婚により姓が変わり、田中Y子さんとなっています。次男のZさんは、子どものいない親類と養子縁組をして姓が変わり、佐藤Zさんとなっています。長男Xさんは鈴木姓を名乗り、Aさんと同居していました。

 

Aさんが、遺産である自宅(1億円)、預貯金3000万円、株式等2000万円を残して亡くなりました。

 

Aさん家族のように、子どもが養子に行ったり、嫁いだりした場合の相続はどうなるでしょうか。下記選択肢①~③から選んでください。

 

①鈴木姓を継いだXさんにのみ相続権があり、お嫁に行ったY子さんも、養子に行ったZさんにも相続権はない。

 

②Xさんとお嫁に行ったY子さんには相続権はあるが、養子に行ったZさんには相続権はない。

 

③Xさんにも、お嫁に行ったY子さんにも、養子に行ったZさんにも相続権は平等にある。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧