日本一忙しい小児科医が語る…「オンライン診療」の凄さと怖さ (※写真はイメージです/PIXTA)

患者にとって、外出しなくても医療機関にかかれる「オンライン診療」ほど便利なものはありません。コロナ後もオンライン診療のニーズが消えることはないでしょう。とはいえ、誤診リスクは高く、導入コストが大きいのに診療報酬は安いなどの理由から、なかなか普及しないというのが現状です。そこで本稿では1日200人以上の患者を診るという「日本一忙しい小児科医」が、オンライン診療のトラブルを防ぎ、たくさんの患者を無駄なく診察するためのポイントを解説します。

【関連記事】1日200人は当然…日本一忙しい小児科医、驚異の診察システム

患者が「録画」していたら…オンライン診療の怖い点

オンライン診療では医療機関側、患者側ともに、相手の承諾なしに映像を記録することが禁じられています。ただし、患者側が診療の様子を録画する可能性は十分に考えられます。

 

そして、オンライン診療でなんらかの問題が発生した際に、その映像が証拠として持ち出されることもあり得ます。

 

こうしたトラブルを未然に防ぐため、診療内容はできるだけ記録するようにしましょう。もちろん、会話内容をすべて記録する必要はありません。診療時に交わされる可能性のあるやり取りをテンプレートとしてまとめておき、きちんと説明をしたら丸印を付けるなどの手法で効率よく処理するのがいいでしょう。

「会話の内容」や「予防接種の予定」もしっかりメモ

記録すべきなのは診療内容だけではありません。患者と交わした世間話や趣味の話などについても書き留めておきましょう。

 

なお、こうした情報はカルテの2号紙部分に記録すると、時間の経過とともに流れてしまい、あとで目に触れることがなくなります。

 

そこで、これらは電子カルテのメモ機能の部分に記入しておきましょう【図表】。

 

【図表】私の院で実際に使用している電子カルテ(メモ欄を活用する)

 

また、私はメモ欄に、予防接種のスケジュールなども書き込みます。例えば、年齢的に日本脳炎の接種期限が迫っている患者がいたら、メモ欄に記入しておき、診察の際に「そろそろ日本脳炎の接種をしなければいけませんね」と伝えるのです。こうすることで患者は接種漏れを防ぐことができますし、私たちとしても、ほかの病院で接種されて機会損失をする危険性を避けることができます。

すずきこどもクリニック 院長 

すずきこどもクリニック(小児科):http://www.suzukikodomo.jp/

【経歴】
自治医科大学卒業
三重大学小児科入局
三重県立総合医療センター(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
国立病院機構三重中央医療センター(新生児集中治療室を担当)
国立病院機構三重病院 (小児急性期病棟、アレルギー・糖尿病・腎臓病慢性期病棟、重症心身障害児病棟を担当)
山田赤十字病院(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
紀南病院(小児科医長)
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院

【資格】
日本小児科学会認定小児科専門医、日本小児アレルギー学会
日本小児皮膚科学会、日本小児精神神経学会
(ケアマネジャー資格)(日本老年医学)(日本認知症学会)

著者紹介

連載「3分診療」で収益倍増!開業医を救うオンライン診療

※本連載は、鈴木幹啓氏の著書『開業医を救うオンライン診療』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

開業医を救うオンライン診療

開業医を救うオンライン診療

鈴木 幹啓

幻冬舎メディアコンサルティング

「3分診療」で収益倍増! 1日で最大350人もの外来患者を診る地方開業医が、開業医受難時代の起死回生の一手を語る。 新型コロナウイルス感染拡大で多くの患者が受診控えを行ったことにより、開業医は苦境に立たされてい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧