ソフトバンク球団が野球と無縁の「e-Sports」に投資するワケ

福岡ソフトバンクホークスは2020年7月、本拠地・PayPayドームのすぐ横に、エンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」を開業しました。なぜ野球以外のことに巨額の投資をするのか? そう疑問に思ったファンも少なくないでしょう。狙いを理解するには球団=野球という図式を離れて、野球を「スタジアム・ビジネス」の一分野として捉えることが重要です。チームの強さとビジネスの強さは両輪。実はソフトバンクが行おうとしているのは、野球という「すごい『コンテンツ』に見合うビジネス」なのです。ソフトバンク代表取締役専務COO兼事業統括本部長の太田宏昭氏に取材してわかった「新しい経営戦略」の一部を、本稿で見ていきましょう。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

 

※本連載は、喜瀬雅則氏の著書『稼ぐ!プロ野球』(PHPビジネス新書)より一部を抜粋・再編集したものです。

地行浜は「E・ZO」の存在価値が高まる立地

ソフトバンク球団の前身・ダイエーが、福岡PayPayドームを建てたとき、そもそもは「ツインドーム計画」。現在の福岡PayPayドームの横に、野球以外のコンサートやイベントができる多目的ドームをもう1つ、隣接する形で建設するというプランだった。

 

現在、ホテルは「ヒルトン福岡シーホーク」。

 

ショッピングモールは三菱地所が運営する「MARK IS 福岡ももち」だが、ここにかつては「ホークスタウン」と呼ばれる大型商業施設があった。

 

当初は、ダイエーが野球、宿泊、商業施設の「三位一体経営」を担っていたのだ。

 

小売り革命を起こしたダイエーの創業者・中内㓛(なかうちいさお)の”遺志”を、まるで受け継いだかのように、今なお、この地行浜(じぎょうはま)は開発されているのだ。

 

「昔は、ダイエーさん一体だったんですね。ツインドームシティのことは、僕らは全く知らないです。ホテルはGIC(シンガポール政府投資公社)さん、モールは三菱地所、ドームはソフトバンクグループが持っていて、3社は違う会社ですよ。

 

でも、目指していた構想、出来上がりはたぶん、同じことを考えていたんだと思います。泊まれて、遊べて、買い物ができて、一日中、それ以上でも、ここへ来て、楽しんでいただける。

 

もともとそれを描いて、中内さんが造られたんだろうと思うんです。だから発想としては、変わらないんじゃないですか?」

 

モールのすぐ横には、タワーマンションも隣接している。

 

周辺は閑静な住宅街だ。ドーム前には九州医療センターがあり、ホテルの前には博多湾に面した百道浜(ももちはま)が広がっている。住環境としても、観光スポットとしても優れた、まさしく”総合エリア”でもある。そうした至便なエリアだからこそ、アミューズメントを集結させた「エンタメ総合ビル」の存在価値が、ますます高まる仕組みが内蔵されているのだ。

スポーツライター

1967年、神戸市生まれ。関西学院大経済学部卒。

1990年、産経新聞社入社。1994年からサンケイスポーツ大阪本社で野球担当として阪神、オリックス、近鉄、ダイエー、中日、アマ野球の番記者を歴任。2008年から8年間、産経新聞大阪本社運動部でプロ・アマ野球を担当。『産経新聞』夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

2017年7月末に産経新聞社を退社。以後は、業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の取材を続けている。

著書に『牛を飼う球団』(小学館)、『不登校からメジャーへ』、『ホークス3軍はなぜ成功したのか?』(ともに光文社新書)がある。

著者紹介

連載稼ぐ!プロ野球 ~新時代のファンビジネス~

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

喜瀬 雅則

PHP研究所

「野球」だけがビジネスではない! データ活用、SNS戦略、グッズ展開、コミュニティ…利益と熱狂を生み出す“勝利の方程式”とは? プロ野球を見れば、いまのビジネスがわかる――。少子高齢化に伴う「野球離」が進み、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧