オリックス球団が「ポンポンを持たない応援団」を作ったワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

福岡ソフトバンクのエンタメビル「BOSS E・ZO FUKIOKA」、北海道日本ハムの「街づくり」など、各球団がこれまでにない新しい経営戦略に取り組んでいます。12球団の中でも、野球以外のエンターテインメントの分野で、他球団とは異なる特徴的な取組みを行っているのがオリックス・バファローズ。野球とエンタメのコラボが生み出す相乗効果を、オリックスの応援団「BsGirls」を例に見ていきましょう。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

 

※本連載は、喜瀬雅則氏の著書『稼ぐ!プロ野球』(PHPビジネス新書)より一部を抜粋・再編集したものです。

他球団とは違う「ファン拡大戦略」の象徴、BsGirls

オリックスは、野球以外のエンターテインメントの分野で、他球団とは違った、特徴的な、少し趣向を変えた取り組みを行っているケースが多い。その象徴的な存在が「BsGirls」の存在だろう。

 

球団チアは12球団のうち、広島以外の11球団が持っているが、「BsGirls」のメンバーは全員が芸能事務所の「エイベックス」に所属している。

 

毎年メンバーの入れ替えがあり、2019年(令和元年)のオーディションには1170人の応募があり、そこから14人が厳選された。2021年(令和3年)のシーズンには結成8年目を迎えるが、2020年までにシングル7枚、アルバム4枚が発売されており、オリジナル曲も40曲を数える。

 

これをオリックス・バファローズの球団社長・湊通夫は「蕎麦屋の蕎麦とつゆ」にたとえる。

 

「蕎麦屋に行って、つゆだけを頼む方はいない。あくまで蕎麦が主食ですよね。でも、つゆが美味しいことも売り物になるし、ワサビが美味しいのも商品として売れる。メーン料理はあくまで野球。でもイベントが楽しければ、主食以外でも楽しんでもらえますから」

 

その“美味いワサビ”はいまや、オリックスの名物商品に成長している。

 

メンバーのマネジメントを担当するエイベックス・エンタテインメント関西支社のチーフプロデューサー・東洋一(ひがしよういち)は「選手よりも目立ってはいけない。でも『ワサビ』として、球団が彼女たちに望んでいるのは集客。彼女たちを目当てにドームに来て、野球も好きになってくれる。その流れでもいいわけですよね」。

 

そこで、こうした新たなコンセプトを掲げた東が、最初に打ち出した方針は「ポンポンを持たせない」ことだった。

 

スポーツの応援といえば、チアリーダーがポンポンを持って踊るという『型』のようなものがあるのも確かだが「12球団初のことをしようと。それでないと、オリックスでやる意味がないと思った」と東はいう。

 

だから、球団もエイベックス社も「BsGirls」は「チア」ではなく「ダンス&ヴォーカルユニット」と呼ぶ。

 

スポーツライター

1967年、神戸市生まれ。関西学院大経済学部卒。

1990年、産経新聞社入社。1994年からサンケイスポーツ大阪本社で野球担当として阪神、オリックス、近鉄、ダイエー、中日、アマ野球の番記者を歴任。2008年から8年間、産経新聞大阪本社運動部でプロ・アマ野球を担当。『産経新聞』夕刊連載「独立リーグの現状 その明暗を探る」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

2017年7月末に産経新聞社を退社。以後は、業務委託契約を結ぶ西日本新聞社を中心にプロ野球界の取材を続けている。

著書に『牛を飼う球団』(小学館)、『不登校からメジャーへ』、『ホークス3軍はなぜ成功したのか?』(ともに光文社新書)がある。

著者紹介

連載稼ぐ!プロ野球 ~新時代のファンビジネス~

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

稼ぐ! プロ野球 新時代のファンビジネス

喜瀬 雅則

PHP研究所

「野球」だけがビジネスではない! データ活用、SNS戦略、グッズ展開、コミュニティ…利益と熱狂を生み出す“勝利の方程式”とは? プロ野球を見れば、いまのビジネスがわかる――。少子高齢化に伴う「野球離」が進み、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!