歯科医院のスタッフに「経費の意識」を持たせる方法

今回は、スタッフへの意識の徹底で、経費を削減することができる理由を見ていきます。※本連載は、年間3億円を売り上げる歯科医院の院長として活躍する折戸惠介氏の最新刊、『僕の歯科医院が患者さんに圧倒的に支持される理由』(かざひの文庫)の中から一部を抜粋し、歯科医院を成功させるために必要な「経営哲学」をご紹介します。

高い給料を支払い、しっかり働いてもらう

1番大きな経費。それは人件費です。同じ給与であれば、優秀な人材の方が組織にとって利益が大きいですし、ムダな人員を配置しちゃっているのであれば、適材適所に配置し直して、効果が大きく出るようにしなくてはいけません。社会の当たり前の常識ですよね。

 

僕は以前から思っているのですが、もっと世の中の歯科衛生士の数を増やすべきなんですね。そもそも、歯科衛生士学校を3年制にしたことが大きな間違いなんです。

 

もっともっとたくさんの歯科衛生士を増やして、優秀な人材を確保しやすくしてくれた方が、保険点数の交渉なんかするより、よほど医院にとっての利益も患者さんにとっての利益も上がるし、ストレスがないという現場の多くの声を無視してしまっているのです。

 

少し話がそれました。僕は人件費を削る必要はないと思います。

 

高い給料を払うなら、スタッフをちゃんと教育してしっかり働いてもらいましょう。ちゃんと組織に利益を出して働ける人に高い給料が支払われるのは、当然の節理だと僕は思います。社会人の評価は給料と休暇だと思っています。

 

チームとして医院の利益に貢献できるスタッフが育つことが、大きなムダをはぶくことになり、ひいては経費の削減にもつながるのです。

人件費以外にもかかる経費はたくさんあるが…

経費がかかるものっていくつもあるので、僕の歯科医院では、歯科医院を経営していく上で何にどれぐらい経費がかかっているかということを、時々スタッフに講義をします。

 

1番かかっているのはもちろん人件費ですけど、人件費以外に何がかかっているかというのをいくつも羅列して、ここにもかかってる、これにもかかってる、イベントをしたらこれぐらいかかるとか、院長がスタッフをご飯に連れて行ったら、制服を買い換えたらこれぐらいかかるとか、これぐらいかかるとか、制服を買い替えるのにこれぐらいかかるとか、全部明らかにします。

 

面白い医院とかだと、1つ1つの機材に代金を貼っていくところもあります。これ15万円、これ20万とか。だから大事に使えよって。

 

何人に響いているかは実際分からないですけど、知る必要はあります。そして意識しないと、平気で材料をうっかり多めに使っちゃったりするんです。ちょっとでいい高い材料をドバッと出しちゃったり、こぼしちゃったりとかいうスタッフも中にはいるので、そこをおろそかにはできません。

 

そういう話は最初は院長がしなくちゃいけないんですが、この前はスタッフの1人が講義してくれました。「私たちスタッフは毎年昇給をしていくから、医院の利益も毎年上げていかないと昇給している意味がないでしょう」なんて話までしてくれていました。諦めずに教育を続けていくと、分かってくれるスタッフは、驚くほど成長してくれます。

医療法人ハッピースマイル
りお歯科クリニック 院長

1972年6月19日生まれ。岐阜県出身。平成3年、岐阜県立岐阜高等学校卒業。早稲田大学に入学するも、中退して朝日大学歯学部に入学。卒業後、医療法人愛善会に勤務。平成15年、六条歯科クリニックで院長代理として診療全般を任される。平成20年、りお歯科クリニックを開業し、現在に至る。
日本アンチエイジング歯科学会認定医。日本審美歯科学会会員。日本インプラント学会会員。

著者紹介

連載歯科医院を成功させるための「経営哲学」

僕の歯科医院が患者さんに 圧倒的に支持される理由

僕の歯科医院が患者さんに 圧倒的に支持される理由

折戸 惠介

かざひの文庫

これさえ知れば誰もが成功できる! 公務員の家庭に育ち、勤務医を経て35歳で開業。不安で眠れない日を送るも、借金7000万を3年半で完済。今では年間売上3億を達成し、さらなる成長を続ける歯科医院のカリスマ院長が、「絶対成…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ