プロ直伝の節約術!外壁塗装を「10万円以上」安くする裏ワザ (※写真はイメージです/PIXTA)

10年に一度の「外壁塗装」は、大切なマイホームの寿命を伸ばす大切な工事です。納得のいく仕上がりにはそれなりの費用が必要ですが、やはり安く済ませられるに越したことはないでしょう。そこで本稿では、外壁塗装の費用を上手に抑える方法をご紹介します。うまく組み合わせれば10万円単位で安くすることも可能ですから、「外壁塗装したいけど、費用は極力抑えたい」と悩む人はぜひ参考にしてみてください。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「住宅ローン減税」で最大40万円の節税

【住宅ローン減税を活用する】

住宅ローン減税を適用すると、最大で40万円を所得税から減額できます。この制度の正式名称は「住宅借入金等特別控除」といい、住宅ローン控除と呼ばれることもあります。新しく住宅を買ったときしか適用されないと思っている人が多いようですが、一定の増改築やリフォームを施した場合も含まれるため、外壁塗装も対象になります。

 

いくら減額されるかは、年末時点の住宅ローン残高で決まります。この金額の1%が所得税から減額され、その上限が40万円となっているのです。減額期間は基本的に10年間ですが、消費税引き上げに伴って13年間に拡充する措置も取られています。

 

一般的な住宅の外壁塗装で最大額の40万円まで減額されることはほぼありませんが、少しでも節税できるならそれに越したことはありません。適用には以下のような7つの条件があります。

 

<住宅ローン減税適用の条件>

●登記上の床面積が50m2以上である(所得により40m2以上で適用可能

●返済期間が10年以上の住宅ローンを組んでいる

●住宅の所有者であり、その住宅に居住している

●合計所得額が3,000万円以下である

●工事から半年以内に居住している

●増改築やリフォームの場合、工事費用が100万円以上

●中古住宅の場合、耐震基準をクリアしている

 

「条件を満たしているから活用したい」と思った人は、年末調整と確定申告を忘れず行ってください。住宅ローン減税は住宅の所有者が自己申告することで適用されます。自動的に減額されるものではないので注意が必要です。また、適用条件や減額等が変更する場合があります。

 

株式会社ドアーズ 取締役社長 外壁診断士、外壁アドバイザー

1972年生まれ。早稲田大学理工学部応用化学科卒業。専攻はセメントやセラミックスなどの無機化学。

株式会社ドアーズは外壁塗装専門サイト「外壁塗装の窓口」の運営会社。「外壁塗装の窓口」は、これまで40万人以上の方が利用している国内最大級のマッチングプラットフォームサービスを提供する外壁塗装に特化した無料相談サイトで、外壁塗装を検討中の多くの方々に、外壁塗装の正しい工程や適正価格診断などの情報を提供し、厳選した優良施工店の紹介などを行っている。

●外壁塗装の窓口:https://gaiheki.support/

著者紹介

連載スゴ腕の外壁診断士が解説!失敗しない「住宅メンテナンス」の秘訣

※本連載は、輿石雅志氏の著書『マイホームの外壁塗装 完全成功読本』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

マイホームの外壁塗装 完全成功読本

マイホームの外壁塗装 完全成功読本

輿石 雅志

幻冬舎メディアコンサルティング

【スゴ腕の外壁診断士による「住宅メンテナンス」の必読書!】 一生に一度の買い物と呼ばれるマイホーム――。 しかし、マイホームを健康に保ち、寿命を延ばすためには、人間の身体と同じように定期的な点検とメンテナン…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!