「自営業の父が死んだら、母の年金月4万円!?」老親の懐事情に会社員のひとり息子、戦慄 (※画像はイメージです/PIXTA)

38歳のM男さんは1人っ子で独身、70代前半の両親と3人暮らし。自営業を引退したい両親の年金額を調べて愕然。父親が先立てば、母親の年金は月4万円…! あなたの両親は大丈夫でしょうか。具体例をもとにシミュレートしてみましょう。年金や社会保障の問題解決に取り組んできた、FPで社会保険労務士の井戸美枝氏が解説します。※本記事は『残念な介護 楽になる介護』(日経BP)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

両親どちらかが亡くなった後の「遺族年金の額」は?

両親が健在でも、いずれはどちらかが先に亡くなります。夫婦のうち父親のほうが年上で母親は年下である場合が多く、男性よりも女性のほうが平均寿命が長いので、女性には「長生きリスク」がつきまといます。しかも、M男さんの両親はあまり年金問題に関心がなく、父が先に亡くなって母が1人になっても、「今までどおり2人分の年金が受け取れる」と勘違いをしていました。

 

父が亡くなったら、母は65歳以降、自分の老齢基礎年金しかもらえないということを最近知り、「1ヵ月4万円程度の年金収入で、どうやって暮らしたらいいのかしら」と心配するようになりました。そうはいっても、1人息子のM男さんが会社員だからなんとかしてくれるに違いないと思い、両親は商店街の旅行や友達とのカラオケ、買い物など自由気ままに過ごしています。

 

M男さんが両親に将来のことを考えるようにうながしても、「今まで一生懸命働いてきたんだから、これくらいいいじゃない」「お前にまかせる」などとのんきなことしか言わず、そのうち親子ゲンカに発展してしまいました。

 

片方の親が先立った後、どのような年金収入になるのか、残された親がもらえる年金をシミュレーションしてみましょう。

①父は自営業・母は専業主婦…2人とも国民年金加入者

父は40年間、国民年金に加入していたので、老齢基礎年金(年間約78万円)を受け取れます。一方、母は、国民年金に24年間しか加入していなかったので満額受け取れず、老齢基礎年金は約47万円となります。2人合わせて1年間の年金収入は約125万円。1ヵ月約10万円です。

 

もし父が先に亡くなり母が1人になったら、母は父の老齢基礎年金は受け取れません。国民年金からもらえる遺族給付には、「遺族基礎年金」「寡婦(かふ)年金」「死亡一時金」の3つがあります。遺族基礎年金は、18歳未満の子どもを持つ妻(夫)や、両親のいない18歳未満の子ども(両方亡くなった、または1人が離婚などでいなくなり、残ったほうが亡くなったなど)に支給されます。

 

遺族基礎年金は、被保険者(本人)が次の期間中に亡くなってることが受給要件です。

 

①国民年金に加入中(会社員なども加入しているので含まれる)

②かつて加入していて今は加入中ではないが、60歳以上65歳未満

③老齢基礎年金をもらっている

④老齢基礎年金の受給資格者(60歳以上65歳未満)

 

①②の人は保険料納付要件があります。死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの保険料を納付すべき期間のうち、3分の2以上が保険料納付済期間または保険料免除期間であること、また、保険料の滞納期間が3分の2を超えていない、といった条件です(2026年3月31日までは、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月まで直近の1年間の間に保険料の滞納がない、という特例になっています)。

 

ちなみに、子どものいる妻と子どもが遺族の場合、遺族基礎年金の給付額は次のとおりです。

 

基本額(妻)78万1700円

子どもの加算1人目と2人目 22万4900円、子どもの3人目 7万5000円

 

子どもが成人した夫婦の場合、どちらかが亡くなっても遺族基礎年金をもらえる資格はありません。寡婦年金(夫の老齢基礎年金の4分の3。妻が60歳から65歳の間)または死亡一時金(12万〜32万円。保険料を納めた期間による)のどちらかのみです。

 

65歳以降の母1人の1年間の年金収入は47万円になります。母が先に亡くなったら、父は死亡一時金と老齢基礎年金を受け取ることになります。40年間保険料を納めていれば老齢基礎年金は満額の約78万円がもらえます。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

井戸美枝事務所 代表
ファイナンシャルプランナー
社会保険労務士
産業カウンセラー 

井戸美枝事務所代表。ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、産業カウンセラーとして活動。生活に身近な経済問題をはじめ、年金、社会保障などについて、難しい事でも分かりやすくをモットーに数々の雑誌や新聞に連載を持つ。また、各地での講演やテレビ・ラジオ出演も精力的にこなしている。得意分野は、キャリアプランを含むライフプラン、シンプルライフのすすめ、お金とのつきあい、企業年金、保険・年金・介護などの公的保障。趣味は散歩、アナトミックヨガ。

著作に『一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!』(2020年、日経BP)、『オーバー40歳でも大丈夫!おひとりさまでも大丈夫!私がお金で困らないためには今から何をすればいいですか?』(2021年、日本実業出版社)などがある。

著者紹介

連載FPが解説!「親の介護」を乗り切る資金捻出のノウハウ

残念な介護 楽になる介護

残念な介護 楽になる介護

井戸 美枝

日本経済新聞出版

「小規模多機能型居宅介護」で仕事と両立が可能に! 1人で負担を抱え込まず、公的制度やサービスを使い倒すノウハウを専門家が徹底解説。 介護でよくある失敗をストーリー形式で紹介し、周囲と協力しながら介護を楽にする…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧