ゆとりある老後を送るために…資産運用のプロが語る「退職金運用」のポイント (※画像はイメージです/PIXTA)

年金支給額の引き下げのニュースなどを目にして、老後資金に不安を感じている人は少なくありません。しかし、資金不安を感じるあまり、保険や投資など、危険な罠にはまって老後破綻に陥る人も多いのが現状です。本記事では、退職金運用の失敗を防ぐために、知っておくべき注意点やポイントを紹介します。

【来場型】8/29(日)開催
投資信託選びの新常識セミナー

>>東京会場はこちら<<
>>大阪会場はこちら<<

「退職金運用」を始める前にやっておくべきことは…

退職金運用を始める前に大事なことは、計画をしっかりと立てたうえで、運用を開始するということです。

 

通常の投資や資産運用にもいえることですが、退職金運用にも絶対の正解はありません。人それぞれにセカンドライフを迎える時点での資産状況も違えば、それ以降のキャッシュフローの状況なども異なります。まずは退職金を加えた現在の資産状況を整理することから始め、住宅ローンなどの返済が残っている人は残額などもしっかり把握しましょう。

 

その上で、セカンドライフでどのような老後を過ごしたいかなどの希望をまとめ、収入と支出のバランスについて、キャッシュフロー表などを作成することで確認し、資産運用のゴール目標を策定することが第一歩となります。

「適正な運用金額」を決めることが重要

次に目標を達成するための運用計画を策定します。

 

まずは適正な運用金額を決めることが重要です。現状の資産のなかから、数年以内にキャッシュアウトする資金、生活に必要な資金、ローンなどの残債を除外することから始めます。

 

住宅ローンなどについては、一概に一括で残債返済をする必要はなく、金利などの借り入れの条件によっては、残債を残したうえで運用を選択するのも方法の一つといえます。

 

そうして決まった金額をすべて運用にまわすのかどうかという部分ですが、これについては無理のない金額を設定することが重要です。

 

長期間運用していくことが重要で、ご自身にストレスのかかる金額で始めてしまい、途中で解約をしてしまうということになると本末転倒の結果になってしまいます。

運用商品を決める前に「実績」「リスク」を把握する

ここでようやくどういった商品で運用するのかという段階になります。

 

商品の選択については、内容はもちろんのこと最も重要になってくるのが、過去にどのような実績(リターン)をあげたのかという点と、どのくらいのリスクが存在するのかという部分をしっかりと把握するということです。

 

ここでリターンのみに着目してしまうと、市場に大きな下落が起こったりした際に、運用を継続していくことが難しくなってしまうため、リスクの把握は退職金の運用においては非常に需要な要素といえます。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

金融機関に属さないIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)会社として、2012年に設立。
ファイナンシャルスタンダードでは、お客様の将来設計に基づき、資産運用の目標(ゴール)を設定する「ゴールベースアプローチ」により、目指すリターンを明確にしたうえで、お客様に長期資産運用を実現していただくサポートを行っております。
相場予測に基づくご提案ではなく、お客様の目標(ゴール)に向けた客観性・再現性のある戦略をご提供させていただきます。
また、2020年にはファイナンシャル・アドバイザー協会の発足に際し、弊社代表取締役の福田が理事に就任し、真にお客様の立場にたち、アドバイスを行うための支援と普及活動を行っております。

著者紹介

連載資産運用のプロが教える!投資の基礎知識

※本記事はファイナンシャルスタンダード株式会社が運営するメディア「F-style Magazine」に掲載されている記事を抜粋・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧