「特別な投資話」に騙されるな!投資詐欺を見破る簡単な方法 (※画像はイメージです/PIXTA)

「投資で利益を出したい」という願望は、誰もが持っているものです。しかし基礎を疎かにしていると、詐欺師の標的となってしまうことも…。「カモ」にされないために知っておきたい投資のポイントを、専門家が解説します。※本連載は、市川雄一郎氏の著書『投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え』(日本経済新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

投資対象の「リスクとリターン」を読み解くには

投資の世界ではよく「儲けはリスクとリターンの大きさに関係する」と言われます。

 

図表1は、主な投資商品のリスクとリターンの関係性を表した基本の基本のイメージ図です。

 

(出所)東海東京証券のiDeCo説明資料より
[図表1]投資対象のリスクとリターンの関係 (出所)東海東京証券のiDeCo説明資料より

 

例えば、預貯金は元本保証されているのでリスクは小さいものの、利子も低い「ローリスク・ローリターン」型の商品です。一方、株式はリスクが大きい半面、大きな値上がり益(キャピタルゲイン)が期待できる「ハイリスク・ハイリターン」型商品と言えます。

 

ここでいうリスクとは「結果の不確実性」のことで、ブレ幅(変動幅)の大きさを指します。リスクの小さい資金運用は損失の可能性は小さいのですが、その一方でリターンも小さくなります。反対に、リスクの大きな運用は大きなリターンを得られる可能性がありますが、その半面、大きな損失をこうむる可能性も高くなります。

 

いずれの場合も、金融商品のリターンは基本的に「年利○%」という言い方で表現されます。これは基本中の基本、とても大事なポイントですので、絶対に覚えておいてください。どんなときに役立つか。次のようなケースで考えてみましょう。

怪しげな投資話は、まず「年利」に直して考える!

ある日、あなたのところに『特別な』投資話が舞い込んできました。「いまなら1口100万円から投資できます。こんなチャンスはもう二度とありませんよ!」という触れ込みです。なんでも海外の有力な投資会社が運用する商品で、過去に一度も元本割れがされおらず、事実上元本保証されている仕組みで、しかも毎月のリターンが20%もあるというではありませんか!

 

毎月20%ということは、5ヵ月で元が取れる計算です。その後はひたすら利益が積み上がっていくわけですし、事実上元本も保証されているようなものというのですから、なるほど、これは魅力的です。

 

でも、ここで頭を冷やして、「年利○%」の話を思い出してほしいのです。確かに、ある金融商品に投資した結果、20%を超えるリターンを得ることはあり得ます。ちなみに2020年11月30日のデータで見た、投資信託(ファンド)と株式の当月1ヵ月間のリターンの上位銘柄のランキングでは、例えば、東京ドームの株価は1ヵ月間で28.6%も値上がりしています。ちょうど三井不動産が1株1300円で株式公開買い付け(TOB)を行い、同社を買収する計画を発表し、東京ドームの株価が大きく動いた時期で、このニュースは皆さんの記憶にも新しいところだと思います。

 

このように、一時的にリターンが大きくなることは、株や投信商品では決して珍しいことではありません。しかし、毎月毎月コンスタントにこのような大きなリターンが続くことは、そうそうあることではありません。「毎月20%」と聞かされたとき、あなたは頭のなかでどんな計算をしたでしょうか? 「預金金利は0.01%だから……」と、瞬間的に「20%」と「0.01%」を比べてしまいませんでしたか?

 

もうおわかりのように、この比較は間違っています。預金金利の0.01%は「年利」の話、かたや毎月20%は「月利」の話です。単純に年利に直すと、20%×12ヵ月でなんと240%。こんな商品が怪しくないわけがありません。けれども、目の前にいかにも現実的っぽい、小さく見える数字を示されると、ついつい騙されてしまう人が少なくないのです。

 

しかも、この商品は元本が保証されていると言っています。それも「事実上」とか何とか、妙な表現が付いて……。日本で元本が保証されている金融商品は、銀行預金1000万円(郵便貯金は1300万円)とその利息だけです。そもそも、ここで「詐欺だ!」と気づかなければいけません。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

グローバルファイナンシャルスクール(GFS) 

グローバルファイナンシャルスクール校長。CFP®。1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産運用設計業務)。日本FP協会会員。日本FP学会会員。
1969年生まれ。グロービス経営大学院修了(MBA/経営学修士)。日本のFPの先駆者として資産運用の啓蒙に従事。ソフトバンクグループが創設した私立サイバー大学で教鞭を執るほか、金融機関の職員や顧客に対する講義や講演も行う。
「日本経済新聞」「日経ヴェリタス」「朝日新聞」「東洋経済」「週刊ダイヤモンド」などへの原稿執筆・コメント提供のほか、ラジオ日経などのメディア出演も多数。

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)公式サイト:https://gfs-official.com/
体験版講座:https://toushi-up.com/

著者紹介

連載投資で利益を出している人たちが大事にしている教え

投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え

投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え

市川 雄一郎(編著)
グローバルファイナンシャルスクール(編)

日本経済新聞出版

株高や「100年人生」への不安を背景に、投資や資産運用への意識が高まっている。しかし、改めて投資の勉強をしたいと思っても、何を手がかりに考えればいいのかわからず、他人の成功談やネットにあふれる自分では理解できない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!