常識のうそ…「債券が株より安全」が、必ずしも正しくないワケ ※画像はイメージです/PIXTA

投資に関心がある人なら「債券のほうが株式より安全」という話を、常識として認識しているのではないでしょうか。しかし、投資の世界においてもしばしば「常識」が正しくないケースがあるのです。具体的に見ていきましょう。※本連載は、市川雄一郎氏の著書『投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え』(日本経済新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

長期・超長期で一番リターンが大きいのは、株式だった

世間で常識とされていることが、実は本当ではなかった。世の中にはそんなことが結構あるものです。投資の世界でも”常識のうそ”がいろいろあります。恐らく、最も広く流布している常識は、「株よりも債券のほうが安全」というものでしょう。

 

果たして、この常識は本当でしょうか? シンプルに考えれば、株は元本保証されないのに対して、債券は発行元がデフォルト(債務不履行)でもしない限り、元本はまるまる戻ってくる。発行元も大企業であったり、国や地方自治体であったりと、総じて信用度が高い。だから、債券のほうが株より安全。そう考えるのは自然なことだと思います。

 

ですが、企業はもちろん、国や自治体だってデフォルトを起こすことがあります。そうなれば、債券だって一夜にして紙くず同然になってしまいます。実際、ギリシャなどはたびたびデフォルトしていますし、国内でも地方自治体がデフォルトに陥った例があります。事はそう単純ではないのです。

 

実際のところはどうなのでしょうか? 米国における1802年1月〜2019年11月の約218年間に及ぶ、主な金融商品(株式、債券、T-Bill〈「TreasuryDiscountBills」の略で「国庫短期証券」のこと〉〕、金、現金〈ドル〉)のリターン(純利益)の推移を見ていくと、意外なことが分かります。

 

長期もしくは超長期で見た場合、実は一番リターンが大きいのは株式なのです。投資の世界では「リスク=ブレ幅」でしたから、言い換えれば、長期・超長期で見た場合のブレ幅が一番小さくて、安全なのは株式投資ということになります。

 

では、日本の国内市場ではどうでしょうか? やはり、日本でもほぼ同じ傾向であることが確認できます。ここからわかることは、「債券が株よりも安全」というのは目先のブレ幅の小ささを示しているだけで、長期的に見たときのパフォーマンスの優劣や安全性を表したものではないということです。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

グローバルファイナンシャルスクール(GFS) 

グローバルファイナンシャルスクール校長。CFP®。1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産運用設計業務)。日本FP協会会員。日本FP学会会員。
1969年生まれ。グロービス経営大学院修了(MBA/経営学修士)。日本のFPの先駆者として資産運用の啓蒙に従事。ソフトバンクグループが創設した私立サイバー大学で教鞭を執るほか、金融機関の職員や顧客に対する講義や講演も行う。
「日本経済新聞」「日経ヴェリタス」「朝日新聞」「東洋経済」「週刊ダイヤモンド」などへの原稿執筆・コメント提供のほか、ラジオ日経などのメディア出演も多数。

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)公式サイト:https://gfs-official.com/
体験版講座:https://toushi-up.com/

著者紹介

連載投資で利益を出している人たちが大事にしている教え

投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え

投資で利益を出している人たちが大事にしている 45の教え

市川 雄一郎(編著)
グローバルファイナンシャルスクール(編)

日本経済新聞出版

株高や「100年人生」への不安を背景に、投資や資産運用への意識が高まっている。しかし、改めて投資の勉強をしたいと思っても、何を手がかりに考えればいいのかわからず、他人の成功談やネットにあふれる自分では理解できない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧