コロナ禍、全国43都市で手取り額増…第1位は「群馬県前橋市」

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあたるのは、「コロナ前とコロナ禍の世帯収入」。特別給付金によって全国的に手取り額が増加を記録しましたが、そのようななか、県庁所在地別では「群馬県前橋市」がトップとなりました。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

給与減のコロナ禍も2ヵ月連続で給与前年比増を記録

2020年、世界を襲った新型コロナウイルス。経済活動が制限されたことは、私たちの生活にも大きな影響を与え、景気は冷え込みました。そんなコロナ禍も1年を過ぎ、ワクチン接種が進むなか、徐々に明るい話題も増えてきました。

 

たとえば給与。厚生労働省『毎月勤労調査』によると、1回目の緊急事態宣言が発令された2020年4月から11ヵ月連続で現金給与総額は前年比割れが続いていましたが、今年の3月に前年比プラスを記録。4月も前年比1.4%増と、給与減は底を打った感が漂っています。

 

また一部の地域で緊急事態宣言が発令され、飲食業を中心に苦しい状況がニュースでたびたび報道されていましたが、飲食サービス業の現金給与総額は前年比3.9%増。昨年の5月は緊急事態宣言が全国で出されていましたが、今年は地域が限定されたことで給与増につながったと見られます。

 

内閣府によると、6月21日現在、新型コロナウイルスワクチンの接種回数は、一般接種(高齢者含む)で2291万1274回。1日当たり113万1482回増ということで、急激に増えています。これから職域接種も拡大していくといわれていますし、決して油断してはいけませんが、確実に前進しています。

 

明るい話題の一方で、苦しい状況から好転の兆しが見えない人たちも。東京商工リサーチによる5月の全国企業倒産件数は472件と前年同月比50%増となりました。緊急事態宣言下だった昨年5月は、裁判所でも一部業務を縮小していたため、倒産件数も減少。その反動もあり、大幅増となりました。

 

昨年は金融支援の効果もあり、倒産件数の水準は低く抑えられていましたが、支援が限定的になってきているなか、資金繰りの悪化する企業も増えていて、倒産件数は増加するという指摘も。

 

一方で巣ごもり需要から過去最高益を記録したというニュースも多く、このコロナ禍を機に格差が拡大した感があります。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧