ソニー、TDK…日本で「GAFA」の下請け的な企業が増えた背景

米国の大手IT企業群「GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)」の時価総額は、4社だけで日本の東証1部全体(約2,100社)の約7割を占めると言われています。また、ソニーの時価総額はかつてアップルを上回っていましたが、現在では時価総額で約20倍の差をつけられ、「アップル関連株」と下請け的な見方をされています。今回は、その背景を見ていきます。※本連載は、菊地正俊氏の著書『No.1ストラテジストが教える 米国株投資の儲け方と発想法』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

時価総額上位だったソニーは「アップル関連株」に…

2011年にコンサルタントの長谷川正人氏は『なぜアップルの時価総額はソニーの8倍になったのか?』で、「アップルの時価総額はソニーを2005年に初めて逆転し、2007年に3倍、2010年3月末に時価総額はアップルが2134億ドルとソニーの6〜7倍になった。またアップルの時価総額がIT業界で長らくナンバーワンだったマイクロソフトを抜いたことが話題になった」と書いていましたが、そのときに比べてアップルの時価総額は約9倍に増えたことになります(図表1)。

 

[図表1]ソニーとアップルの時価総額の長期推移

 

当時のソニーの業績は低迷していましたが、その後業績を回復させ、株価は19年ぶりの高値に上昇しましたが、アップルとの時価総額格差は約20倍と拡大しました。アップルが経営不振に陥っていた1990年代半ばには、ソニーがアップルの買収を検討していると噂も出ていたので、いまとは雲泥の差です。

 

ソニーのウォークマンはiPhoneに取って代わられましたが、スマホのカメラのCMOSイメージセンサーで世界シェア5割を握り、ゲームでもプレイステーションでマイクロソフトのXboxと対等に競争しているので、日本企業としては健闘しているといえます。

 

いまやソニーに加えて、村田製作所、TDK、アルプス電気など日本を代表する電子部品企業はアップル関連株と見なされています。

 

世界のITプラットフォームはGAFAが握ってしまったので、日本企業はサプライヤーとして生きる道を歩んでいます。米国のGAFAが世界的な覇権を強めるなか、日本にもGAFAの下請け的な上場企業が増えています。

 

たとえば、2020年に株価が2倍以上に上昇したテラスカイは、日本におけるセールスフォースとアマゾンのAWSのクラウドシステムの導入支援業務を行なっています。マザーズ上場のサーバーワークスも、AWSの導入支援・保守代行の専業企業です。こうした日本の中小型企業の業績を分析すれば、アマゾンの業績動向の予想に役立つでしょう。

 

菊地正俊

みずほ証券エクイティ調査部 チーフ株式ストラテジスト

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

みずほ証券エクイティ調査部 チーフ株式ストラテジスト

1986年東京大学農学部卒業後、大和証券入社、大和総研、2000年にメリルリンチ日本証券を経て、2012年より現職。1991年米国コーネル大学よりMBA。日本証券アナリスト協会検定会員、CFA協会認定証券アナリスト。日経ヴェリタス・ストラテジストランキング2017~2020年1位。

著者紹介

連載No.1ストラテジストが教える!「米国株投資」で稼ぐ方法

※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

No.1ストラテジストが教える米国株投資の儲け方と発想法

No.1ストラテジストが教える米国株投資の儲け方と発想法

菊地 正俊

日本実業出版社

絶好調の米国株市場には、Amazon、グーグルなど日本人もよく知るハイテク企業に加えて、ビデオ会議システムのZoomなどの急成長企業の存在があります。 そうした「日本株より面白くて儲けやすい」米国株投資に関する解説書の決…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!