2020年コロナ禍の米国株…株価の上昇を牽引した主役は誰か?

NYダウは、2020年の年初は堅調に推移していたものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月に2万ドルを割り込みました。しかし、大規模な金融・財政政策の後押しもあり、12月には3万ドルまで上昇しました。コロナ禍にもかかわらず株式を積極的に買い進め、株価の上昇を牽引したのは誰なのでしょうか? データから読み解きます。※本連載は、菊地正俊氏の著書『No.1ストラテジストが教える 米国株投資の儲け方と発想法』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

2020年は「海外投資家」が米国株を大幅に買い越し

(※写真はイメージです/PIXTA)
ニューヨーク・マンハッタンの街並み(※写真はイメージです/PIXTA)

 

米国株の需給を見るには東証の週次データのような売買データがないので、FRBの“Flow of Funds”の四半期データを使わざるを得ません。これによれば、近年、急騰する米国株を買っている投資主体は外国人、企業の自社株買い、ETFでしたが、自社株買いはコロナ禍による業績悪化で急減する一方、外国人からの米国株投資が増えました。このなかには当然、日本の個人投資家による投信経由の買いも含まれます。

 

【図表1】家計、ミューチュアルファンド、ETF、海外投資家の米国株買い越し額

 

事業会社の2020年上期の米国株の純買い越し額は、前年同期比約半減の4600億ドル(約49兆円)となりました。株式運用のパッシブ化が進むなか、同期間にミューチュアルファンドが約7300億ドル(74兆円)の米国株を売却した一方、ETFは4630億ドル(46兆円)の米国株を買い越しました。

 

それ以上に買い越したのは海外投資家で、2020年上期に1.3兆ドル(約140兆円)もの買い越しになりました。

 

ETFは継続的に買い越しているものの、海外投資家は買ったり、利食ったりという動きがあります。事実、海外投資家は2019年下期に4100億ドル(43兆円)の売り越しでした。逆に、米国の個人投資家は2019年下期に6150億ドル(65兆円)の買い越しだった一方、2020年上期は5200億ドル(55兆円)の売り越しに転じました。

 

ただし、株式需給は誰かの売りが他の誰かの買いになるというプラスマイナスゼロの統計なので、参考程度に見るべきでしょう。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

みずほ証券エクイティ調査部 チーフ株式ストラテジスト

1986年東京大学農学部卒業後、大和証券入社、大和総研、2000年にメリルリンチ日本証券を経て、2012年より現職。1991年米国コーネル大学よりMBA。日本証券アナリスト協会検定会員、CFA協会認定証券アナリスト。日経ヴェリタス・ストラテジストランキング2017~2020年1位。

著者紹介

連載No.1ストラテジストが教える!「米国株投資」で稼ぐ方法

※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

No.1ストラテジストが教える米国株投資の儲け方と発想法

No.1ストラテジストが教える米国株投資の儲け方と発想法

菊地 正俊

日本実業出版社

絶好調の米国株市場には、Amazon、グーグルなど日本人もよく知るハイテク企業に加えて、ビデオ会議システムのZoomなどの急成長企業の存在があります。 そうした「日本株より面白くて儲けやすい」米国株投資に関する解説書の決…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧