(※写真はイメージです/PIXTA)

エンダウメント投資とは、米国の名門大学などが実践している「寄付金で財団や基金を設立し、寄付で集められた資産を元本にして運用する投資」のことで、継続して高い利回りをあげています。今回は、エンダウメント投資の手法である長期・分散投資のメリットを見ていきます。※本連載は、川原淳次氏の著書『大学・財団のための ミッション・ドリブン・インベストメント』(東洋経済新報社)より一部を抜粋・再編集したものです。

相関の小さい資産を組み合わせる分散投資の効果

ポートフォリオの分散効果とは、投資対象のリターンが同じようには動かないことによるリスク低減効果です。投資対象間の連動性を示す相関係数は+1〜−1の範囲となり、相関係数が1より小さければ小さいほど分散効果が期待できます。

 

では、基金にとっての分散効果とはどのようなものでしょうか?

 

まず、国内債券100%の運用を基本に考えます。1983年から2017年の過去平均リターンは約4%で、リスク(標準偏差)は約3%でした。一方、同期間の世界株式の平均リターンは約8%、リスクは約15%でした。2つの資産を組み合わせた、リスクとリターンの数値は、相関係数が1であれば、両者の線分上にあります。

 

しかし、相関係数が1より小さいと、直線ではなく上に凸の曲線となります。これが分散効果です。例えば、5%強の運用目標を達成しようとした場合には、直線分上のリスクは約7%ですが、凸曲線上のリスクは約5%となり、低いリスクでの運用可能性を示唆しています。この時の国内債券と世界株式の相関係数は0.08でした。

 

政策資産配分の策定においては、目標リターンをできるかぎり低いリスクで実現できるように、投資対象や投資比率を決めます。この凸曲線は、効率的フロンティアとか有効フロンティアと呼ばれ、ポートフォリオの効率性(=リターン÷リスク)を示すものとして一般的に用いられているものです(図表3)。

 

[図表3]

 

分散効果は債券と株式といった資産クラス間、さらには各資産クラス内の個別銘柄間の相関性によって生じます。大切なのは、個々の銘柄や資産のリターンの高低ではなく、ポートフォリオ全体で評価すべきであるということです。

 

そして、横軸にリスク、縦軸にリターンを取ったグラフはリスク・リターン特性を評価するためにしばしば用いられる図で、効率的であることを示すため、より左上方に位置するようなポートフォリオ(=効率的ポートフォリオ)を作成することが目標となっています。

 

川原 淳次

野村アセットマネジメント株式会社

マルチアセット&ソリューションズ担当CIO

 

\投資対象は株式、債券だけではない!/ 金融資産1億円以上の方向け
「本来あるべきオルタナティブ投資」 >>他、資産運用セミナー多数開催!

 

カメハメハ倶楽部セミナー・イベント

 

【3/7開催】次世代のオルタナティブ投資
「プライベートクレジット投資」とは

 

【3/7開催】争続を回避するための対応策とは
「不動産」で“揉める相続”“揉めない相続”

 

【3/10開催】税務調査を録音することはできるか?
相続税の「税務調査」の実態と対処方法

 

【3/12開催】物件購入から賃貸管理会社との付き合い方まで
初心者大家さんが気をつけるべき4つの注意点

 

【3/16開催】「海外法人のつくり方・つかい方」
日本に居ながら自分の「分身」を海外に作るメリットは何か?

あなたにオススメのセミナー

    大学・財団のための ミッション・ドリブン・インベストメント

    大学・財団のための ミッション・ドリブン・インベストメント

    川原 淳次

    東洋経済新報社

    大学には学生の教育や社会経済貢献のための研究、財団には慈善事業のためになどの組織によって様々なミッションがある。そのミッションは長期的、恒久的に実現するものであり、そのためには財政的に支援する資産運用の長期的視…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ