「地域とともに、従業員とともに」大震災にこそ活きた経営理念 (※写真はイメージです/PIXTA)

東日本大震災の大混乱のなか、中小企業家同友会の東北地方の会員の間で「社員を解雇するな。われわれが応援するから」というFAXやメールが飛び交ったという。この呼びかけはどのようにして生まれたのか。同友会の「連帯意識の強さ」、危機に立ち向かう「経営者の強靭さ」を被災地同友会の当時の活動から検証していく。※本連載は、清丸惠三郎氏の著書『「小さな会社の「最強経営」』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

東日本大震災が100年企業づくりの原動力

福島同友会は震災当日(2011年3月11日)、安孫子健一理事長(現・顧問)が業界の会合で仙台に、豆腐谷栄二事務局長(現・参与)は出先の秋田で足止めされたため、増子勉専務理事(当時、福島カラー印刷会長)を含む三役が、福島県郡山市の本部に集合できたのは3月14日になってからだった。

 

3人はまず、大震災対策本部の設置と同友会行事の当面の中止を決め、可能な限り会員への告知を進めるとともに、活動の拠点となる本部、福島、会津の3事務局の復旧活動に当たることを決めた。もう一つの拠点、太平洋側浜通りにあるいわき市の事務所は一時的に閉鎖することにした。

 

この間もFAXや「e.doyu」※1を用いて会員の安否確認を続ける一方、「苦境に負けず、いまこそ中小企業家魂を発揮し、企業存続に向け全力を尽くしましょう」という理事長声明をはじめ、激励や連帯、企業復興を呼びかける声明、阪神・淡路大震災のおりに兵庫同友会がまとめた資料集を基にした緊急時の対応策などを次々と会員向けに送信した。

※1 中小企業家同友会全国協議会の運用する、同友会会員間の情報共有の場であるグループウェア

 

この兵庫同友会から送られてきた緊急時の対応策がのちのち役に立つ。しかしその間も、12日の福島第1原発が1号機を皮切りに、3つの原子炉建屋が次々と水素爆発を起こし、半径20キロ圏内の住民に避難指示、同20~30キロ圏内の住民には屋内退避指示が出た。被曝を恐れて、数日のうちに多くの県民が自主避難を含め県内外へ脱出し、その中には会員や社員も多数含まれていた。

 

「このままでは福島の同友会は崩壊する。いや福島県そのものがなくなってしまうかもしれない」。そうした悲壮な声さえ聞こえてきて、安孫子氏以下の同友会幹部は危機感を募らせた。なかでも福島原発の立地地域と重なる浜通り北部の相双地区会員には県内外に避難していて連絡がすぐには取れない人も少なくなく、避難所にいて会社の復興どころではない人もいた。増子氏が続ける。

 

「そのころ、中同協から支援のためのお金を送ると言ってきた。役員会で誰に、どういう形で、いくら配るかを論議した。そこで一番苦しい情況にある相双地区の会員たちにまず配ろう。彼らが組織から見捨てられたと思わないようにと。金額は一律10万円とし、(会員間の連帯の証しとして)役員が出向いて手渡しすることを決めたのです」

 

3月23日、安孫子氏や増子氏が混乱状態の続いている現地に入り、連絡のつく会員すべてに手渡しした。

 

南相馬市原町の本店のほか、近隣に6店舗を展開する北洋舎クリーニングの二代目経営者で、震災直後に相双地区会長を務めた高橋美加子氏は「当時、銀行のATMどころか、銀行そのものが閉まっていて、現金はとても貴重だった。だから手渡されたときは、涙が出るほど嬉しかったですね」とそのときの感激を語る。

 

「弊社は私の両親が戦後、樺太から引き揚げてきて開業したのだが、会社を継ぐ者がいないので、どこかの時点で会社を畳むしかないと私は考えていました。

 

しかし津波で母親を亡くした女性が、母親が身につけていた着物を何とか綺麗にしてほしいと頼んできたことや、近くにクリーニング店がない、何とか早く店を開けてくれと懇願されるお客様の声などが相次ぎ、地域で唯一のクリーニング店を閉じてはいけないと気付かされました。

 

同友会の会合でただ唱和していただけの『3つの目的』などの持つ意味が、震災を経験することでようやく真に理解できたのです。会社は自分だけのものではない。皆が働く場所だし、地域のものでもある。なくなると地域の人が困るものだということが」

 

緊急避難準備地域に指定された直後、南相馬市はそれまでの7万余りの人口が1万人を切り、さながらゴーストタウンと化したが、高橋氏は3月中には避難先から戻り、4月2日には一部業務を再開した。県内外に避難した社員も高橋氏の動きを知ると、次々と戻ってきてくれたという。

 

そうしたこともあり、高橋氏は仮に自分がいなくなっても北洋舎クリーニングを100年企業として続けたい、続けてほしいと、いま心底思っている。後継者づくり、働きやすい環境づくりなど、そのための体制づくりもすでに緒についたと、元気に満ちた口調で語る。

 

ジャーナリスト
出版・編集プロデューサー

1950年石川県小松市生まれ。早稲田大学第一政治経済学部卒。人間科学修士(教育学)。

日本短波放送(現・日経ラジオ社)報道部プロデューサー、記者などを経て、ダイヤモンド・タイム社(現・プレジデント社)入社。

「ビッグ・サクセス」「プレジデント」編集長、取締役出版局長などを歴任。

この間、「プレジデント」をビジネス誌NO1に。1997年歴思書院を設立、以降、出版・編集プロデューサーの傍ら、「中央公論」「週刊東洋経済」「夕刊フジ」などを舞台にジャーナリストとして活躍。

主な著書に「出版動乱」「ビア・ウォーズ」(以上東洋経済新報社)、「ブランド力」「数字で楽しむ日本史」(以上PHP研究所)、「北陸資本主義」「地方の未来が見える本」「江戸のベストセラー」(以上洋泉社)などがある。

著者紹介

連載大企業経営者をも魅了!中小企業「経営者団体」の秘密

※初出:清丸惠三郎著『小さな会社の「最強経営」』(プレジデント社、2019年10月11日刊)、肩書等は掲載時のまま。

小さな会社の「最強経営」

小さな会社の「最強経営」

清丸 惠三郎

プレジデント社

4万6千人を超える中小企業の経営者で構成される中小企業家同友会。 南は沖縄から北は北海道まで全国津々浦々に支部を持ち、未来工業、サイゼリヤ、やずや、など多くのユニークな企業を輩出し、いまなお会員数を増やし続けて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧